対馬方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

対馬方言(つしまほうげん)とは日本対馬で話される日本語の方言九州方言に属する。嘗ては地理的関係から韓国語との関係を期待されて、多くの研究が為されたが、結果的に対馬方言と韓国語との間には借用語以上の共通性は見られないことが判明した。肥筑方言に入れられるが、肥筑方言的な特徴はやや薄い。

アクセント[編集]

  • アクセントの類型は東京式アクセントの変種である。大部分の地域では、二拍名詞の大部分が頭高型(最初が高い)で「ぜが」(風が)、「とが」(音が)、「しが」(足が)、「みが」(海が)、「きが」(秋が)のようになるが、三類で二拍目が広母音を持つもののみ「やが」のように尾高型になる。

文法[編集]

  • 上二段活用下二段活用の両方を残している。
  • 九州方言でありながら形容詞のカ語尾を用いず、共通語や豊日方言と同じイ語尾である。
  • 主格の格助詞には、「の」も使うが、共通語と同じ「が」を主とする。
  • 対格も、大部分の地域で「ば」ではなく共通語と同じ「を」を使う。
  • 原因・理由を表す接続助詞は「けん」などを使う。逆接の接続助詞は、周辺部を中心に「ばってん」も使うが、対馬中心部では「けんどん・けっどん」が主流である。
  • 準体格助詞には「と」「つ」を用いる。
  • 終助詞に「ばな」「ばで」がある。

その他[編集]

地理的、歴史的経緯より朝鮮語からの借用語が存在する。

  • たとえば、対馬方言では朝鮮語の「トーマン(逃亡)カッタ」を夜逃げの意味で使用する。

出典[編集]

  • 平山輝男ほか編『日本のことばシリーズ 42 長崎県のことば』明治書院、1998年。
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 9 九州地方の方言』国書刊行会、1983年。
    • 岡野信子「壱岐・対馬の方言」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]