大阪弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大阪弁(おおさかべん)とは、大阪で話される日本語の方言で、近畿方言上方言葉または上方語)の一種である。定義は以下の通り。

  1. (狭義)大阪市の方言:摂津方言の一種(船場言葉を含む)。当記事で記述する。
  2. (広義)大阪府の方言:摂津方言河内方言和泉方言に大別される[1]

大阪府下は大部分が大阪平野であり、大阪市を中心に人的交流が活発であるため、他都道府県と比べて方言差は小さい。河内弁の特異性が注目されやすいが、実際には泉南地方の泉州弁が府下で最も特異性の強い方言である[2]。伝統方言の衰退・変化が著しい現在では、地域ごとの方言差よりも世代間の方言差の方が大きくなっている[3]


大阪弁(おおさかべん)とは、大阪市を中心とする地域で話されてきた日本語の方言である。

大阪市北区天神橋筋商店街にて

概要[編集]

大阪市は近畿地方の経済・文化(特にテレビ放送)の中心地であることから、大阪弁は近畿地方一円(場合によっては四国なども)の方言に強い影響力を持ち、漫才などを通じて全国的にも知名度・認知度が高い。京都などと同様に大阪では方言への愛着や自負心が強く、地元を離れた時やテレビに出た時にも大阪弁を使い続ける人が少なくない。東京の言葉への対抗意識も大きいが、一方で語彙面を中心に共通語化が進んでおり、他府県からの人口流入もあって大阪弁は変容し続けている。

江戸時代から近代にかけて、現在の大阪市内にあたる地域には地区や階層によって様々な言葉が存在していた。船場(町人=船場言葉)、天満(役人=江戸訛り)、天王寺(農民)、島之内(芸人)、長町(スラム)、木津(または、ざこば、市場商人)など。明治後期以降、大阪市電の路線網の充実化などによって市内各所の交流が活発になるにつれて、市内の言葉は均質化・簡略化していったという[4]

音声[編集]

大阪市内の質屋の看板。

舌や唇などをあまり緊張させずに発音することが特徴である。特に高齢層では子音の発音が不明瞭になりやすく、サ行音のハ行音化(例:すみません→すんまへん、七→ひち)やザ・ダ・ラ行の混同(例:淀川の水→よろがーのみる、座敷→だしき。ただし紀州弁ほどではない)、半母音の脱落(例:泳ぐ→おーぐ、変わる→かーる)などが起こる。男性の荒い口調ではラ行音が巻き舌になりやすい。高齢層では語中のガ行鼻濁音が聞かれるが、中年層以下では衰退している。

子音と対照的に母音は明瞭に発音され、無声化が少ない。例えば「そうです」は「そーですー」のように語尾が伸び、「す」を無声化させる東京の発音に比べて、歯切れが悪い印象を与える。連母音の転訛はエイ→エーを除いて起こらないが、「見えた→めーた」「消える→けーる」のようなイエ→エーや、「蝿→はい」「迎えに行く→むかいにいく」のようなアエ→アイが起こることがある。1拍の日常語は「蚊→かー」「目→めー」のように長音化するが、「忙しいなー→いそがしなー」「関東煮→かんとだき(=おでん)」のように本来長音のものが短くなることもある。ウは円唇後舌狭母音に近く発音される。

その他、イ・ウ段にア・ヤ行音が続く際の「日曜→にっちょ」「好きやねん→すっきゃねん」のような促音+拗音化、「昨日→きんのー」「小便→しょんべん」のような語中・語尾の撥音化、「何するねん→何すんねん」「電車に乗る→電車ん乗る」のような動詞のラ行音や助詞「に」の撥音化(ダ・ナ行音が続く場合)などが特徴的である。

アクセントは京阪式アクセントであり、大阪市内だけでなく大阪府全域でも地域差がほとんどないが、世代間での違いはかなり大きい(以下例[5])。

  • 高年=アノオトレワ フネ ナカシンジテルミタイヤ(=あの男は、あれは船の中にあると信じているようだ)
  • 中年=アノオトコ アレワ フネ ナカト シンジテルタイヤ
  • 若年=アノオトコ アレワノ ナニ アト シンジテルタイヤ

表現[編集]

  • 丁寧体には「です」と「ます」を用いるが、年配層では「です」の代わりに「体言+だす」「体言+でおます」「形容詞連用形ウ音便+おます」を用いる(「おます」単体では「ある」の丁寧語)。丁寧体の後ろに終助詞が接続すると「す」が促音化・撥音化するのも伝統的な大阪弁の特徴である。「だす」「ます」「おます」は「す」が省略されることもある。
    • 例:ここが大阪城です、ここが大阪城だす、ここが大阪城だ、ここが大阪城でおます、ここが大阪城でおま
    • 例:行きます→行きま、行きますねん→行きまんねん、行きますがな→行きまんがな、行きますなあ→行きまんなあ、行きますえ→行きまっせ、行きますか→行きまっか、行きますやろ→行きまっしゃろ
  • 五段活用動詞に否定の助動詞「へん」を接続させる場合、主に「ア段+へん」と「エ段+へん」の2形があるが、大阪弁では「エ段+へん」が優勢である。「ア段+へん」が優勢な地域(京都や神戸など)では不可能を表すのに可能動詞の「エ段+へん」を用いるが、大阪弁では通常の「エ段+へん」との同音衝突を避けるため、可能動詞を使わずに「未然形+れへん」を用いる(近年は京都でも「未然形+れへん」が多用されるようになっている)。ただし「ん」の場合は、「エ段+ん」を通常の否定に用いることはなく、京都などと同じく不可能表現となる。
    • 例:行けへん - 大阪では「行かぬ」、京都では「行けぬ」の意。「行けん」は大阪でも京都でも「行けぬ」の意。
    • 例:行かれへん - 大阪で「行けぬ」の意。京都では「行けへん」。
    • 例:膝は笑えへんやろ - 大阪では「膝は笑わないだろう」、京都では「膝は笑えないだろう」の意。
    • 例:なんで決勝に残れへんねん - 大阪では「なぜ決勝に残らないんだ」、京都では「なぜ決勝に残れないんだ」の意。
  • 下一段活用動詞に否定の助動詞「へん」を接続させる場合は「エ段+へん」で安定しているが、上一段活用動詞に接続させる場合には個人や世代によって複数の形があり、例えば「見る」の否定形には「めーへん」「みえへん」「みーへん」があり、若年層では「みーひん」という形も多い。カ行変格活用動詞とサ行変格活用動詞の場合は「けーへん」と「せーへん」が優勢で、一部では「こえへん」や「しえへん」もあるが、若年層では「きーひん」「こーへん」や「しーひん」が広まっている。
  • もうかりまっか
    • 「儲かりますか」の転。いかにも金に細かい大阪人らしい表現として喧伝され、大阪弁の代名詞ともいうべき有名なフレーズ。しかし、実際には「もうかりまっか」を用いる大阪商人は殆どおらず、「どう(どない)でっか」「負けてはりまっか」「お忙しおまっか」などが一般的な商人の挨拶だったという。ただし「もうかりまっか」の対として知られている「ぼちぼちでんな」(「ぼちぼちですな」の転)という言葉は現在も多用されている[6]。しかしながら、「もうかりまっか」→「ぼちぼちでんな」という挨拶の組み合わせは、あくまで菊田一夫の小説内で作られたものであって、実際にそのような遣り取りは行われることはなかった。近年、大阪でこの遣り取りが模倣されるのは、あくまで関東から見た大阪弁のイメージを逆輸入した結果に過ぎない。

船場言葉[編集]

船場言葉(せんばことば)は、大阪市船場の商家で用いられた言葉。昭和中期まで、折り目正しい大阪弁の代表格として意識されていた。大阪弁研究家の前田勇は船場言葉について「大阪弁は庶民的な言語であるというのが通説であるけれども、少なくとも船場言葉にそれは当たらず、船場言葉は、いうべくば貴族的以外の何物でもない。」と評した[7]

江戸時代から近代初期にかけて、船場は天下の台所と称された大坂の中心地として繁栄し、船場言葉は商業社会の共通語として広く用いられた。豊臣秀吉が船場を開発した当初はから強制移住させられた商人が大半を占めていたが、その後は平野商人、京都の伏見商人らが台頭。江戸時代中期には近江商人が船場へ進出した。このような経緯から、船場言葉は堺の言葉を基盤に各地商人の言葉が混ざり合って成立した。

商いという職業柄、丁寧かつ上品な言葉遣いが求められたため、京言葉(とりわけ御所言葉)の表現を多く取り入れ、独自のまろやかな語感・表現が発達した。一口に船場言葉といっても、話し相手や状況、業種、役職などによって言葉が細かく分かれていた。暖簾を守る船場商人に限っては、経営者(主人、旦那)一族と従業員(奉公人)の独特の呼称を固定して用いた(後述)。

明治以後、中等・高等教育の普及による標準語化(船場言葉の使用層は裕福な家庭が多く、教育熱が高かった)、阪神間の別荘・宅地開発に伴って船場商人の職住分離が進んだこと(阪神間モダニズム)で船場言葉は変質していった。その後、大阪大空襲や戦後の混乱で旧来住人が離散したこと、高度経済成長によって商習慣が大きく変化したことなどが原因となって船場言葉は急速に衰退し、今では上方落語古典落語の一部などで耳にする他は、限られた高齢者にしか船場言葉は残っていない。船場言葉を守り伝えようとする動きもあり、例えば1983年に結成された「なにわことばのつどい」では約200人の会員が活動している[8]

表現[編集]

  • できる限り丁寧な表現を用いるように努め、一般の大阪市民が多用した「おます」や「だす」よりも、「ござります」や「ごわすごあす」を多用した。「ごわす」は「ござります」が変化したもので、船場独特のややくだけた丁寧語として知られた。否定形は「ごわへん」または「ごあへん」。
  • 尊敬語に関しても、一般市民が多用した「なはる」や「はる」よりも、その原型である「なさる」や京言葉から取り入れた「お・・・やす」を多用した。また、江戸時代に多用され、明治以降の大阪では「はる」に押されて衰退したてや敬語(例:言うてや=言っておいでだ)を船場では昭和まで用い続けた。
  • 「すもじ・おすもじ(寿司)」「おだい(大根)」「おみや(足)」といった女房言葉を日常生活で多用した。
  • 船場商人独特の呼称の例[9]
    • 主人一族への呼びかけ
      • おやだんさん(主人の父)
      • おえさん・おえはん(主人の母)
      • だんさん・だなはん(主人)
        • 隠居後は、ごいんきょはん。
      • ごりょんさん(主人の妻)
        • 隠居後は、いんきょのおえはん。さらに後家になった後は、おこひっつぁん。
      • ぼんさん・ぼんぼん(主人の息子)
        • 複数いる場合、上から順に、あにぼんさん、なかぼんさん、こぼんさん。
        • 成人後は、わかだんさん。その妻は、わかごりょんさん。
      • いとさん・いとはん・とおはん(主人の娘)
        • 複数いる場合、上から順に、あねいとさん、なかいとさん、こいとさん・こいさん、こいこいさん。
    • 奉公人の呼称
      • ばんとはん(番頭)
        • 各人を呼ぶ時は名前に「どん」を付けた。(例:五助どん)
      • おみせのおかた・おみせのん(店員)
      • でっちさん・こどもっさん・ぼんさん(丁稚)
        • 各人を呼ぶ時は名前に「どん」または「とん」を付けた。(例:定吉どん、さだきっとん)
      • おとこっさん(下男)、おなごっさん(下女)
      • おんばはん(乳母)、だきんばはん(乳を与えず、抱っこするだけの乳母)、もりさん(子守り)

しゃれ言葉[編集]

大阪では様々な駄洒落言葉が発達した。現在でも通用するものがいくつかある。

  • 白犬のおいど:面白い(尾も白い)
  • 黒犬のおいど:面白うない(尾も白うない)
  • 牛のおいど:物知り(モーの尻)
  • うどん屋の釜:言うばかり(湯ぅばかり)
  • 雪隠場の火事:やけくそ(焼け糞)
  • 五合とっくり:一生つまらん(一升詰まらぬ)
  • 蟻が十匹、猿が五匹:ありがとうござる(蟻が十、五猿)
  • 夜明けの行灯:薄ぼんやり

役割語としての大阪弁[編集]

漫画やドラマなどのフィクションの世界において、大阪弁および関西弁は一定のステレオタイプを伴う役割語として描かれることがある。「役割語」の提唱者である金水敏は、大阪弁を話す登場人物がいたらほぼ間違いなく、以下のステレオタイプを1つか2つ以上持っていると述べている[10]

  1. 冗談好き、笑わせ好き、おしゃべり好き
  2. けち、守銭奴、拝金主義者
  3. 食通、食いしん坊
  4. 派手好き
  5. 好色、下品
  6. ど根性(逆境に強く、エネルギッシュにそれを乗り越えていく)[11][12]
  7. やくざ、暴力団、恐い

2から6はいずれも、直感的・現実的な快楽や欲望をなりふり構わず肯定、追及しようとする性質と結びついている。それは周囲の常識人から顰蹙を買い、嘲笑や軽蔑の対象となるが、一方で1と結びついて愛すべき道化役となり、また偽善・権威・理想・規範といった縛りを笑い飛ばす役回りにもなる。すなわち、ステレオタイプな大阪人・関西人はトリックスターの役どころを与えられていると金水は指摘する[13]

1から6のステレオタイプは、江戸時代後期には既に相当完成されていたとされる。江戸時代、上方では現実的で経済性を重んじる気風があり、また商交渉を円滑にするものとして饒舌が歓迎されていたと考えられる。これは禁欲主義・理想主義・行動主義的で寡黙な人格が好まれる江戸とは対照的であった。特に商都大坂から江戸へ金儲けにやってくる上方商人達の姿は「宵越しの銭は持たぬ」江戸っ子にとって強く印象的だったろうと考えられる。また上方の人形浄瑠璃の芸風もステレオタイプの形成に影響を与えたと考えられる[14]。江戸における上方者のイメージの例として、十返舎一九東海道中膝栗毛』に次のような台詞が出てくる。

北八「コウ、左平さん、他国ものだとおもつて、あんまり人をばかにした。夕べ喰たものが、何こんなにかゝるものか。惣体上方ものはあたじけねへ。気のしれたべらぼうどもだ。(八編下、472頁)

近代になると、大阪ではエンタツアチャコを中心に漫才が急速に発展し、ラジオを通じて日本全国で人気を博した。また戦後のテレビにおいても『番頭はんと丁稚どん』や『てなもんや三度笠』などの上方喜劇番組が盛んに放送された。こうしたマスメディアでの発信は大阪弁・関西弁の浸透を日本全国に促すとともに、「関西人=お笑い」が固定化されていったと考えられる。またこの同時期には菊田一夫の戯曲『がめつい奴』や花登筺の「根性もの」がブームとなり、「関西人=どケチ・ど根性」が固定化されていったと考えられる[15]

最後の7は比較的新しいステレオタイプである。江戸時代においては、べらんめえ口調で喧嘩っ早い江戸っ子に比べて、上方者は気が長く柔弱であるとされていた[16]。「関西人=暴力的」のイメージは、1950年代から1970年代にかけて、今東光の「河内もの」、『極道シリーズ』に代表される関西が舞台のやくざ映画、『嗚呼!!花の応援団』や『じゃりン子チエ』のようなエネルギッシュな漫画作品の流行などによって形成されたと考えられる[12]。その後、1980年代には映画さながらの抗争事件グリコ・森永事件などの凶悪犯罪が関西で多発し、新聞やワイドショーを連日賑わせるなかで「関西=恐い」のイメージがあおり立てられた[17]

これらの印象付けを木津川計は「マスコミでは、ふだん、大阪のことは全国記事になりにくいのに、暴力団の抗争や警官不祥事などというとすぐに大きい扱いとなる。これでは大阪の印象は良くならない」「イメージのひとり歩きが『文化テロル』に繋がる」と指摘する[18]。また関西大学副学長の黒田勇は、スポーツ紙から次第に一般化したと、役割語としての関西弁の広がりを指摘する[19]。大阪を取り上げる在京マスコミの姿勢がそもそも、「あくまで関東人にとってのステレオタイプの大阪」しか求めようとしないと言う指摘もある[20]

脚注[編集]

  1. ^ 楳垣編(1962)、429頁。
  2. ^ 橋爪監修(2009)、12頁。
  3. ^ 『大阪府のことば』10頁。
  4. ^ 前田(1977)、47頁。
  5. ^ 『大阪府のことば』19頁。
  6. ^ 札埜和男著『大阪弁「ほんまもん」講座』新潮社ISBN 978-4-10-610160-1
  7. ^ 前田(1977)、45頁。
  8. ^ http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gakugei/judi/forum/forum14/46.htm
  9. ^ 前田(1977)、31-32頁。
  10. ^ 金水 (2003)、82-83頁。
  11. ^ なお、大阪では本来、「ど根性」とは悪い根性を意味する語であった(牧村史陽 『大阪ことば事典』 講談社、1979年ISBN 978-4-06-158658-1)本来の大阪弁で現在の「ど根性」のニュアンスに近い語は「土性骨」である
  12. ^ a b 名物編集者の「一人語り劇場」と大阪愛関西テレビFNNスーパーニュースアンカー」2010年12月22日放送
  13. ^ 金水 (2003)、84-85頁。
  14. ^ 金水 (2003)、85-91頁
  15. ^ 金水 (2003)、92-95頁。
  16. ^ 金水 (2003)、90頁。
  17. ^ 金水 (2003)、95-98頁。
  18. ^ 日本経済新聞社「大阪の挑戦 快適ナンバー1都市をめざして」ISBN 4-532-14109-5
  19. ^ 【新聞に喝!】関西大学副学長・黒田勇 (1-2ページ)」、「【新聞に喝!】関西大学副学長・黒田勇 (2-2ページ)MSN産経ニュース2009年10月31日。リンク切れ。
  20. ^ 大阪の今を知るとっておきの3冊 現在と過去が二重写しに毎日jpブックウオッチング

参考文献[編集]

関連項目[編集]