京阪式アクセント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

京阪式アクセント(けいはんしきアクセント)または甲種アクセント(こうしゅアクセント)、第一種アクセント(だいいっしゅアクセント)とは、京都市大阪市を中心に近畿地方四国地方などに分布する日本語アクセントである。

概要[編集]

東京式アクセントではピッチの下がり目のみが弁別されるのに対し、京阪式では語頭のピッチが高い(高起式)か低い(低起式)かも区別する。最終的に区別されるアクセントの型(種類)も、東京式よりも京阪式の方が多い。たとえば「汁」と「白」は、東京式ではともに「るが…」「ろが…」となって同じアクセントだが、京阪式ではそれぞれ「しる…(しるが…)」「しが…」となって異なる。また東京式と違って京阪式では「ちゅごく」(中国)や「こにち」のように長音や撥音にもアクセントが来る。アクセントのパターンの多さから、他のアクセント話者が京阪式を習得するのは難しいとされる。

なお、一口に京阪式といっても、個々の単語・表現によって、世代・地域・個人ごとに細かな違いがある。 例として「ちてつ」と「ちかて」(地下鉄)、「ぎょおさん」と「ぎょおん」(仰山)、「に」と「おおに」、大阪・神戸の「たべした」「とおきょお」に対して京都の「たました」「とおきょ」(食べました、東京)などがある。

日本語のアクセント分布

分布[編集]

京阪式およびその変種アクセントは、概ね北陸地方・近畿地方・四国地方を結ぶやや傾いた南北の帯状に分布し、東京式によってその東西を挟まれている。

近畿地方では、三重県伊勢志摩伊賀滋賀県湖北除く)、奈良県北部、京都府南部、大阪府全域、和歌山県のほとんど、兵庫県南部が京阪式アクセントである。近畿地方周辺では、福井県若狭地方岐阜県揖斐川町内の旧坂内村、旧藤橋村、旧久瀬村でも京阪式が用いられる。四国地方では、徳島県東部から高知県東部・中部(山間部除く)にかけてまとまって京阪式が分布するほか、愛媛県中予地方東予地方の一部でも用いられる。

京阪式使用地域のさらに周辺部には、京阪式の様々な変種アクセントが分布している。変種アクセントのうち、四国の香川県周辺で用いられるアクセントを讃岐式アクセントと言い、これは早い時期(中世以前?)に京阪式から分岐して独自に発展したものと考えられている。また、石川県能登半島三重県南部の熊野市尾鷲市などでも、京阪式に近いアクセントが用いられる。東京式分布地域との緩衝地域(滋賀県長浜市から岐阜県垂井町付近、京都府中丹、兵庫県播磨北部・西部)や四国山地、福井県の一部、富山県などのアクセントは、下がり目の位置は京阪式に近いものの、高起式と低起式と区別がなく、これを垂井式アクセントという。

アクセントの内容[編集]

先述の通り、京阪式アクセントは、語頭が高い(高起式)か低い(低起式)かを区別し、さらに何拍目で下がるかを区別するアクセントである。下がり目の直前の拍をアクセント核と言う。アクセント核をで表し、高起式をHで、低起式をLで表すと、「はな」(鼻)はH○○(下がり目なし)、「と」(音)はH○で、「あぇ」(雨)はL○である(「め」は拍内で下降する)。高起式は語頭が高く、語頭から下げ核まで平らに発音される(下げ核がなければ語末まで平ら)。低起式は語頭が低く、語頭以降は音が上昇する性質がある。上野善道はこの点を重視して、高起式を平進式、低起式を上昇式と呼んだ。下の表の「木・手」類、「何時・中」類のように、低起式での上昇の仕方には地域差がある(後述)。

京阪式アクセントの地域では一拍語は長音化する傾向がある。そのため、かあ(蚊)、あ(名)、き(木)のように、助詞を付けなくても3つのアクセントの型(パターン)を区別できる。助詞が付いた場合も長音化することが多いが、長音化しない場合はかがが、き、のようになる。また、二拍名詞でも、低起式でアクセント核のない型(Lい)と最後の拍に核のある型(Lあぇ)では、後者に拍内の下降があることで、助詞を付けずに区別することができる。

下の表は、各類ごとの京都市高知市のアクセント(高齢層)をまとめたものである[1][2]とは、平安時代末の京都でのアクセントの区別に従って単語を分類したもので、現在ではいくつかの類が統合している。例えば二拍名詞の二類(音・川など)は平安時代には「高低」型だったのに対し、三類(時・物など)は平安時代には「低低」型で、両者は異なるアクセントだったが、現代ではどちらも「高低」型になっている。

品詞・拍数 語例 抽象型 京都市 高知市
一拍名詞 一類 蚊・戸・子 H○ かあがかが かが
二類 名・日・葉 H あが、
三類 木・手・目 L○ 、きい、き
二拍名詞 一類 枝・鳥・鼻 H○○ えだが
二・三類 音・時・物 H とが
四類 何時・今日・中 L○○ ・いつ ・いつが
五類 雨・声・前 L○ が※
三拍名詞 一類 形・氷・魚 H○○○ かたちが
二・四類 頭・男・女 H○○たまが H○あたまが
三・五類 力・命・心 H○○ からが
六類 兎・狐・雀 L○○○ うさ・うさぎ さぎ・うさぎが
七類 苺・兜・薬 L○ ごが
二拍動詞 一類 置く・買う H○○ おく
二類 有る・取る L○○
三拍五段動詞 一類 上がる・変わる H○○○ あがる
二類 動く・思う H○○○うごく H○○ごく
三拍一段動詞 一類 上げる・燃える H○○○ あげる
二類 起きる・見える L○○○おき H○○きる
三拍形容詞 一類 赤い・重い H○○かい H○あか
二類 白い・近い H○○ ろい

※京都などでは二拍目に拍内下降がある。

京阪式アクセント内でも地域による違いがあり、高知県中・東部(山間部除く)や和歌山県中南部(田辺市付近)、徳島県東部では室町時代から江戸時代の京都アクセントに近いものが残っている。

低起式の語は、語頭から始まりアクセント核まで続く「緩やかな」音の上昇がある。京阪神など近畿大部分では、この緩やかな上昇の後、下げ核の直前に「大幅な」上昇があり、「かまり」のように、アクセント核のみが高いと言っても良いような発音である。アクセント核がない場合、「うさ・うさぎ」のように文節末の直前に大幅な上昇がある。これに対し、徳島県東南部や和歌山県旧龍神村では、「うさぎが」のように緩やかな上昇のあと三拍目の直前に大幅な上昇がある。また、高知県中・東部(山間部除く)や和歌山県田辺市付近、兵庫県播磨中部では「うさぎが」のように二拍目の前に大幅な上昇がある。このような二拍目から上がるアクセントは、室町時代の京都アクセントに一致する。ただしこのような上昇位置の違いは音韻論的なものではなく、弁別されるのはあくまで、高起式か低起式かと、アクセント核の位置である。[3][4][5]

動詞や形容詞のアクセントは、上表に示した京都と同様のものが京阪神など近畿大部分に分布している。これに対し、高知市や徳島県東南部[6][5]、和歌山県旧龍神村などでは、三拍形容詞の一類が「あかい」型、三拍動詞の二類が「ごく」「きる」型である。これは古い時代の京都アクセントが残ったものである。三拍動詞では一段活用よりも五段活用の方が古いものが広く分布しており、五段活用での「ごく」型は松山市徳島市[7]淡路島、和歌山県田辺市・串本町[8]などにも残っている。また和歌山市では「うごく」「ごく」型の両方を用いている[8]。三拍形容詞二類は、徳島市で「かい」型で[6]、和歌山市では「かい」「あかい」型の両方を用いている[9]。また、三重県伊勢・志摩では三拍一段動詞二類を「おる」型に言う[8]

名詞では、京都府南部・滋賀県大部・奈良県北部・三重県北部・福井県若狭ではH○○型がほとんどなく、三拍名詞の二・四類は「たま」型になっているが、大阪市などその他の地域では「あたま」型である。また、福井県若狭ではL○○○型がなく、三拍名詞六類は「うさぎ」型である。[4][8]

歴史[編集]

京都アクセントの変遷[10]
  語例 平安末・鎌倉時代 室町時代 江戸時代 現代
一拍名詞 一類 蚊・子 高(高)~高高(高)
二類 名・葉 降(低)~高低(低)※
三類 木・目 低(高)~低低(高)
二拍名詞 一類 枝・鼻 高高(高)
二類 音・川 高低(低)※
三類 時・物 低低(高) 高低(低)
四類 何時・中 低高(高) 低低(高)
五類 雨・前 低降(低)※ 低降(低)、
低高(低)
三拍名詞 一類 形・魚 高高高(高)
二類 小豆・女 高高低(低)※ 高低低(低)
三類 力・岬 高低低(低)※
四類 頭・男 低低低(高) 高高低(低) 高低低(低)
五類 命・心 低低高(高) 高低低(低)
六類 兎・雀 低高高(高) 低低高(高) 低低低(高)
七類 苺・薬 低高低(低)※
二拍動詞 一類 買う 高高
二類 有る 低高
三拍動詞 一類 上がる 高高高
二類 動く
起きる
低低高 高低低 五段高高高
一段低低高
三拍形容詞 一類 赤い 高高降 高高低 高低低
二類 白い 低低降 高低低
  平安末・鎌倉時代 室町時代 江戸時代 現代

京都アクセントの変遷[編集]

平安時代後期の『類聚名義抄』や、室町時代のアクセントを記した『補忘記』などによって、長く都であった京都のアクセントは平安時代からその変遷をたどることができる(右表。カッコ内は助詞。ただし、※を付けた類については、平安時代には助詞は高く発音される傾向が強かった。「降」は拍内の下降。平安末・鎌倉の動詞・形容詞は連体形のアクセント)。平安時代の京都アクセントは、今よりも型の種類の多い複雑な体系を持っていた。例えば二拍名詞は、一類が「高高」型、二類が「高低」型、三類が「低低」型、四類が「低高」型、五類が「低降」型であったほか、ごく少数の語彙が所属する型として、「昇高」型や「昇低」型などもあった(「昇」は拍内の上昇)。三拍名詞は一類が「高高高」型、二類が「高高低」型、三類が「高低低」型、四類が「低低低」型、五類が「低低高」型、六類が「低高高」型、七類が「低高低」型であったほか、ごく少数の語彙が「低低降」型や「昇低低」型だった。[11]

このようなアクセント体系は、時代を下るごとに変化し、単純化していった。まず平安時代から鎌倉時代に入る間には、拍内上昇を持つ型がなくなり、「昇高」型は「高高」型に、「昇低」型は「高低」型になった。この後、鎌倉時代から室町時代に入る間には、アクセント体系の大きな変化があった。「低低」型(二拍名詞三類)が「高低」型になり、「低低低」型(三拍名詞四類)が「高高低」型に、「低低高」型(三拍名詞五類・三拍動詞二類)が「高低低」型に、「低低降」型(三拍形容詞二類)が「高低低」型になった。この変化は、低い拍が語頭から二拍以上続くものに起こり、室町時代のアクセントでは一拍目が低ければ二拍目が必ず高くならなければならなくなった。現代でも高知市や田辺市ではこのような室町時代のアクセント体系を残している。[11]

江戸時代の京都アクセントは、室町時代とあまり変わらないが、室町時代に「低高高」型だったものが「低低高」型になり、「低高高高」型は「低低高高」型になっていた。このようなアクセント体系は、現代でも徳島県東南部や和歌山県旧龍神村に残っている。さらに、幕末から明治にかけて、京阪を中心とする近畿中央部ではアクセントが大きく変容し、三拍形容詞一類が「高高低」型から「高低低」型になり、三拍動詞二類が、五段活用のものは「高低低」型から「高高高」型に、一段活用のものは「高低低」型から「低低高」型に変化した。同じ時期に京都では三拍名詞の二・四類も「高高低」型から「高低低」型になったが、大阪などでは「高高低」型を維持した。また、近畿大部分で「低低高高」型は「低低低高」型になった。[11]

日本各地のアクセント[編集]

このような京都アクセントの変遷や、現代の日本各地のアクセントの比較から、古代の京都アクセントに近いアクセント体系が全ての日本語アクセントの祖であり、各地のアクセントはこれが変化して生まれたものとする説が有力である。金田一春彦は、類聚名義抄に記録されたようなアクセントが、発話時の負担の軽減と発音の明瞭化のために、日本各地で同じような変化を起こして東京式を生じたと考えた[12]。また奥村三雄は、漢語にも東京式と京阪式の間で和語と同じような対応関係があることから、両者の分岐時期を平安時代以降と推定した[13]。一方山口幸洋は、もともと無アクセントだった地方が中央の京阪式に近づこうとして、変換作用によって東京式を生じたとする説を唱えている[14]

平安時代の京都アクセントでは二拍名詞の二類と三類にアクセントの区別があったが、現代では区別を失っている。ところが、現代の東北北部や香川県、九州などではこの二類と三類の区別を保っており、例えば東北北部や大分県などの外輪東京式では二類は「おとが」型、三類は「もが」型である。このことが、古い京都アクセントのようなアクセント体系が変化して全国のアクセントができたとする根拠の一つになっている。古い京都アクセントでは二拍名詞に一類から五類までの区別があったが、各地でいくつかの類が統合してアクセントの区別がなくなった。現代の京阪式では二類と三類が統合して一類/二三類/四類/五類という区別体系になっており、外輪東京式では一二類/三類/四五類というように統合し、関東西部・名古屋市・中国大部分などの内輪・中輪東京式では一類/二三類/四五類となっている。

現在[編集]

現在ではいずれの地域でもアクセントの簡略化と共通語化が進んでいる。

特に大きな変化は、二拍名詞での四類と五類の統合である。四類・五類の区別をしない東京式の影響によるもので、使用頻度の高い「何」「いつ」や特殊拍のある「缶」などを除き、五類では二拍目の拍内下降が消滅して四類化し、四類では助詞が付く際のアクセント型が五類化しつつある[15][16]。(例)「あぇ、あが」「う、うみ」→「あ、あが」「う、うが」(雨、海)

アクセント核を東京式アクセントと合わせようとする傾向もあり、例えば「人が」「あれが」は京阪式では本来「とが」「れが」と発音するが、東京式の「ひとが」「あれが」に影響されて、「ひとが」「あれが」と発音する人が増えている[16]。「まあのふみきり」→「ふみきり」(魔の踏切)など、日常での使用頻度が低い漢語で特に顕著である[15]

簡略化では、「あした」→「した」「あた」「あした」(明日)のような高起式三拍語における二拍目でのアクセント核の消滅(京都周辺では幕末から既に頭高型に移行)、「ぎっちょぉが」→「ぎっちょ」のような低起式三拍語における三拍目でのアクセント核の消滅、「な」「かった」→「な」「なかった」(無い、無かった)のような動詞・形容詞の活用形アクセントの統一などが挙げられる[15]

京阪神のアクセントには「テビ」のように「三拍語(の省略語)は低高低に発音する」という傾向があるが、現在その傾向がますます強まっている。若年層においては、従来平板型に発音されてきた三拍および四拍(語末が撥音・長音・連母音のものに限る[17])の省略語でも二拍目にアクセント核を置く傾向があり[15]、例えば「卒論」は「そつろ」だと「オヤジ風」、「そろん」だと「若者っぽい」と認識されている[17]。「マド」(マクドナルド)や「パリ」、「チャゴ」(中国語)、「ゼコン」(ゼミコンパ)など、若年層で新しく生まれた三拍・四拍の省略語はほとんど二拍目にアクセント核が置かれる[17]

以上は京阪神を中心とする近畿中央部での変化であり、その他の地域ではまた異なる変化が見られる。例えば石川県珠洲市の若年層では、二拍名詞において、四類と五類ではなく二・三類と五類の統合が起こっている[16]

比較的古い時代の京阪式アクセントを残していた地域でも、近年は京阪神のアクセントに近づく傾向がある。徳島市での三拍動詞二類のアクセントは、高年層では「きる」「まる」型が優勢であるが、若年層のほとんどが京阪神と同じ「おき」「あまる」型になっている[18]。高知市の若年層(1978年時点)でも、二拍名詞四類で「うみが」型だけでなく「うみ」型、三拍形容詞一類で「あかい」型だけでなく「かい」型が現れている[1]

新興住宅地や都市部などでは、高起式と低起式の区別を失って垂井式アクセントに近くなっている者や、共通語のアクセントとほとんど変わりないアクセントを用いる者も現われている[15]。また、元来東京式アクセント使用地域に隣接していた松山市では、若年層のほとんどが垂井式に移行している[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』 国書刊行会、1982年、433頁-436頁。
  2. ^ 秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』笠間書院、2009年、91頁、表3・表4。
  3. ^ 中井(2003)
  4. ^ a b 金田一『金田一春彦著作集第七巻』149-151頁。
  5. ^ a b 平山輝男ほか『日本のことばシリーズ 36 徳島県のことば』明治書院、1997年、34頁。
  6. ^ a b 森重幸「徳島県の方言」飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 8 中国・四国地方の方言』国書刊行会、1982年。
  7. ^ 金田一春彦『金田一春彦著作集第五巻』玉川大学出版部、2005年、79-80頁。
  8. ^ a b c d 金田一(1955)
  9. ^ 村内英一「和歌山県の方言」飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 7 近畿地方の方言』国書刊行会、1982年。
  10. ^ 秋永一枝『日本語音韻史・アクセント史論』笠間書院、2009年、91頁、表3・表4および亀井孝・大藤時彦・山田俊雄編『日本語の歴史 5 近代語の流れ』152-153頁、金田一春彦「国語のアクセントの時代的変遷」。
  11. ^ a b c 金田一(1960)、亀井・大藤・山田編(2007)
  12. ^ 金田一春彦「東西両アクセントの違いができるまで」『金田一春彦著作集第七巻』玉川大学出版部、2005年
  13. ^ 奥村三雄「第二章 古代の音韻」中田祝夫編『講座国語史2音韻史・文字史』大修館書店、1972年
  14. ^ 山口幸洋「日本語東京アクセントの成立」『日本語東京アクセントの成立』港の人、2003年
  15. ^ a b c d e 中井 (2002)、47-51頁。
  16. ^ a b c d NHK放送文化研究所 (1998)、149-150頁。
  17. ^ a b c 真田信治『関西・ことばの動態』大阪大学出版会、2001年、80-84頁
  18. ^ 平山輝男ほか『日本のことばシリーズ 36 徳島県のことば』明治書院、1997年、12-13頁。1993年発表のデータによる。

参考文献[編集]

  • 中井幸比古編著『京阪系アクセント辞典』勉誠出版、2002年、ISBN 4-585-08009-0
  • 金田一春彦『金田一春彦著作集第七巻』玉川大学出版部、2005年、70-81頁、148-157頁。
  • 金田一春彦「近畿中央部のアクセント覚え書き」(1955年)『金田一春彦著作集第八巻』玉川大学出版部、2005年。
  • 金田一春彦「国語のアクセントの時代的変遷」(1960年)『金田一春彦著作集第九巻』玉川大学出版部、2005年。
  • 杉藤美代子監修、佐藤亮一ほか編『日本語音声1諸方言のアクセントとイントネーション』三省堂、1997年、63頁-95頁。
  • NHK放送文化研究所『NHK 日本語発音アクセント辞典 新版』日本放送出版協会、1998年。
  • 亀井孝・大藤時彦・山田俊雄編『日本語の歴史 5 近代語の流れ』平凡社、2007年、143-163頁。
  • 北原保雄監、上野善道編『朝倉日本語講座③音声・音韻』朝倉書店、2003年。
    • 上野善道「第4章 アクセントの体系と仕組み」
    • 中井幸比古「第5章 アクセントの変遷」

関連項目[編集]