長岡弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長岡弁(ながおかべん)とは、新潟県中越地方で話されている日本語の方言である。下越地方南部で話される新潟弁とわずかに異なる。また、中越地方でも各市町村や集落により異なる場合もある。

アクセント[編集]

アクセント体系は外輪型東京式アクセントに分類される[1]。共通語と異なる点は、2拍名詞第2類が平板型に発音される単語が多い(石、紙、川、橋、雪など)(共通語では尾高型となる)。また、一部の単語においてアクセントが異なるため、以下にその一例を挙げる(\や/はピッチの変化を表す)。

  • タ\マゴ(卵)、ネ\ズミ(鼠)、イ\チゴ(苺)、ホ\ウチョウ(包丁)
  • フ\ク(服)、ク\ツ(靴)、ハ\タ(旗)、ク\マ(熊)
  • ダ/レ(誰)、ナ/ニ(何)

ただし地区により異なる。

文法[編集]

が [終助詞] について
文尾(おもに用言の後)に付け、語調を整える。共通語の終助詞「(のだ)よ」「の」等に当たる。
「がー」「がぁ」と長音を付けて発音する場合もある。
上げ調子に発音すると疑問形となる。また下げ調子で理解・納得を示す場合もある。
通常の終助詞と異なり、さらに後に終助詞「か」を付けて疑問形を作る場合や、「や」「て」を付ける場合もある。
助動詞「だ」「です」「ます」、形容動詞の終止形に付ける場合は、その助動詞、あるいは「だ」を省く(例:ここは長岡んが。(「ん」は「なの」に当たるが、このような場合は「な」が省略され「の」が撥音化される。))。その他の助動詞にはそのまま付ける。
て [終助詞] について
上記「が」と同様に、文尾につけて用いる。「(だ)よ」等に当たる。「が」と異なり、助動詞「だ」「です」「ます」、形容動詞の終止形の後にそのまま付けることができる(例:ここは長岡だて。)。
や[終助詞]
上記「て」とほぼ同様、文尾につけて用いる。(例:何してんだいやー。)。
こて[終助詞]
上記「て」と全く同じ。文尾に「や」を付ける場合もある。(例:そうだこってー。)(おかしいこてやー。)。
「ら」について
断定の助動詞「だ」及び形容動詞の終止形「だ」の変形(例:「便利だ」→「便利ら」「嫌だ」→「嫌ら」「そうだろう?」→「そうらろ?」)。
「ろー」について
推量の助動詞「だろう」の短縮形(例:へぇ来るろー。)。


語彙[編集]

以下の語彙は長岡弁固有のものとは限らない。他の方言(新潟弁等)と重複、あるいは共通する語彙を含む場合もある。

あがる[ラ五動詞]
(学校から)下校する、の意。
あっちゃい、あっちぇー [形容詞]
熱い、暑いの意。物理的な温度の高さを表し、性格や感情を表す場合には用いない。(対:しゃっこい)
おっかかる[ラ五動詞]
寄りかかる、の意。
おっぱなす[サ五動詞]
放っておく、放置する、の意
が [終助詞]
上記文法の項を参照。
かしがる[ラ五動詞]
傾く、の意。
きーもむ[マ五動詞]
心配する、の意。
くらっしゃい、くらっしぇ、くんなさい、くんなせ[助動詞]
下さい、の意。
けつまづく[カ五動詞]
勢いよくつまづく、の意。
こすい[形容詞]
ずるい、の意。
こて[終助詞]
上記文法の項を参照。
さーさー[間投詞]
そろそろ、の意。
しゃぐ/しゃぎつける [ガ五動詞/カ下一動詞]
なぐる、たたくの意。活用はほとんどしない。
しゃっこい、はっこい、ひゃっこい [形容詞]
冷たい、の意。物理的な温度の低さを表し、性格を表す場合には用いない。(対:あっちゃい)
すけ、すけに [接続詞]
「~から」「~だから」の意。理由を表す。
ずる[ラ五動詞]
動く、の意。
せがきれる
息が切れる、の意。
せつない
悲しい,辛い,苦しい,参った,困ったなど不愉快系感情。「おやまぁせつねー」など。
そ(ー)いが [慣用語]
上記「が」の用例で、特に使用頻度の多い語。「そうなのだ」、の意。
そろっと、よろっと [副詞]
そろそろ、の意。
静かにゆっくり、慎重にの意。「そろーっと」と長音を含む場合が多い。
だまかす[サ五動詞]
騙す、の意。
たまげる[ラ五動詞]
驚く、の意。
ちっと、ちっとばか(し)[副詞]
少し、の意。
て [終助詞]
上記文法の項を参照。
でんぐりがえる[ラ五動詞]

ひっくり返る、の意。

とぶ[バ五動詞]
走る、の意。
なじら [慣用語]
相手の調子やある物事に対する評価を求める。「~はどうですか」に当たる。語尾に「ね」を付ける場合が多い。
なんぎい[形容詞]
具合が悪い、の意。
馬鹿~[助詞]
強調表現。すごく、の意。
冷やかす[サ五動詞]
食器(ご飯茶碗など)を水に浸す、の意。
ぶちゃる [ラ五動詞]
捨てる、の意。不要なものを破棄する、放置するという意で用い、「希望を捨てる」等思いをなくすといった意では用いない。

 が、「そんげん甘い考えはぶちゃれ」(そんな甘い考えはお捨てなさい)等、物として考える場合はこの限りではない。

古しい[形容詞]
古い、の意。
へぇ[副詞]
もう、の意。(例:へぇ帰る時間だすけ。)。
(リンゴが)ぼける[ラ五動詞]
リンゴが古くなるって美味しくなくなる、の意。
まぁんで[間投詞]
ああ、本当に、の意。
もぐす[サ五動詞]
沈める、の意。
燃す[サ五動詞]
燃やす、の意
も(ん)じゃくる [ラ五動詞]
くしゃくしゃに丸める、の意。
や[終助詞]
上記文法の項を参照。
やっこい [形容詞]
柔らかい、軟らかいの意。物理的なやわらかさを表し、穏やかや融通が利くといった意味では用いない。
よむ[マ五動詞]
熟れる、の意。
あっため返し
再放送、の意。
一緒くた
混ざっている、の意。
いっぺこと
沢山、の意。
嘘んこ
真剣でない、本物でない、の意。
おめさん
貴方、の意。
おめった
お前たち、の意。
おった
落ちた、の意。
かんじん

卑しい、の意。

けむ、けぶ
煙、の意。
げっぽ
ビリ、最下位、の意。
豪儀(ごうぎ)
大変、すごい、の意。
しょーしい
恥ずかしい、の意。
しょったれ
だらしがない、の意。
せぼんこ
猫背
のめしこき
面倒くさがり、の意。
よした
子供に対して、「よくやった」と言う時に用いる。必ず「よしたよした」と2回言う。
わさ
悪さ、の意。

参考文献[編集]

  1. ^ 金田一春彦監修『新明解日本語アクセント辞典』三省堂、2001年 ISBN 4-385-13670-X

関連項目[編集]