金本知憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金本 知憲
HT-Tomoaki-Kanemoto.jpg
阪神時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県広島市南区
生年月日 1968年4月3日(46歳)
身長
体重
180 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 左翼手
プロ入り 1991年 ドラフト4位
初出場 1992年6月2日
最終出場 2012年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

金本 知憲(かねもと ともあき、1968年4月3日 - )は、日本の元プロ野球選手外野手)、野球解説者野球評論家広島県広島市南区青崎出身。

連続イニング・連続試合フルイニング出場数の世界記録保持者である。

経歴

プロ入り前

広島市立青崎小学校4年時にリトルリーグ「広島中央リトル」で野球を始めたが、練習についていけず、また体育の授業で手を骨折して練習が出来なくなったこともあり、それを口実に1年で退部した[1][2]。一学年下の野村弘樹が同チームのエースで四番だった[2]。その後は町内会のソフトボール広島市立大州中学校軟式野球部でプレー[1][3]広陵高校に進学し硬式野球部に入部、2年からクリーンナップに座り外野手・三塁手投手を兼任したが、当時は同校の低迷期で甲子園出場はなかった[4]。高校通算20本塁打

法政大学野球部のセレクションを受ける準備を進めていたが、当時の広陵監督が本当なら8月に行われるセレクションを12月だと金本に告げ、金本はそれを信じてしまったため受けられず、1年間の浪人生活の後、中央大学硬式野球部のセレクションを目指すが、中央大学の監督からは浪人は推薦がないと聞かされていたが、広陵の監督が推薦は大丈夫だと言い、金本はそれを信じてしまう。金本はこのことについて、監督に二度も騙されて目の前が真っ暗になったと述べている[5]。この間、ヤクルトスワローズの入団テストを受けたがこれも不合格[6]

失意の中、知人から当時は無名だった東北福祉大学を紹介され一般受験で入学[5]同野球部では、恩師として名前を挙げる監督・伊藤義博の下で1年からレギュラーとなり、仙台六大学リーグ通算52試合出場、165打数63安打、打率.382を記録。最優秀選手1回、ベストナイン2回受賞。佐々木主浩大塚孝二矢野輝弘斎藤隆浜名千広ら後にプロ入りするメンバーと共に主力として4年連続で全日本大学野球選手権大会に出場。1988年第37回大会では決勝で近畿大学に逆転負けを喫して準優勝。第38回大会では連続優勝した近畿大学に3回戦で敗れ、第39回大会では小池秀郎高津臣吾川尻哲郎らを擁する亜細亜大学に決勝で敗れて準優勝。1991年、4年時の第40回大会では3度目の決勝で関西大学と延長17回の末に勝利し初優勝を達成。左手首をはく離骨折していながら勝ち越しの2点適時打を放ち、初優勝の立役者となった[4]。同年、第20回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、チームの勝利に貢献。後にチームメイトとなる桧山進次郎と同室になり、本人曰く「人に話せないようなことを色々した」という。これが縁となって阪神入団後に雑誌で2人の対談が行われた。この部屋で洗濯係だった鳥越裕介は「金本さんにめちゃくちゃいじめられた」と後に語っている。

1991年秋のプロ野球ドラフト会議広島東洋カープが4位指名で交渉権を獲得し契約金6000万円、年俸720万円(金額は推定)で入団合意した[7]

広島時代

入団後の2年間(1992年 - 1993年)は芽が出ず、年下の前田智徳江藤智らに追い抜かれ、打撃は当時のコーチから「転がして足を活かせ」と言われるほど非力で、外野守備も送球を地面に向かって投げてしまう悪癖から「モグラ殺し」のあだ名を付けられるなど、本人曰く「クビを覚悟していた」という。それらの悔しさから筋力トレーニングを本格的に取り入れ、地道な身体作りを行う。山本一義コーチと出会ったことも転機となり、1994年後半から頭角を現し17本塁打を放つなどレギュラーに定着していった。

1995年は開幕戦から5番打者として起用される。全試合5番で出場し続けるが、8月29日に左手首骨折により戦線離脱。それでも初の規定打席に到達し、24本塁打をマークするなど主軸として活躍。初のベストナインを受賞した。

1996年も主に5番打者として活躍し、初の打率3割を記録し、出塁率も4割を超えた。77四球はリーグトップで、選球眼にも磨きがかかる。9月には自身初の月間MVPも受賞した。

1997年の開幕戦は3番での起用となるが、ほどなくして5番・6番に回る。2年連続の打率3割と出塁率4割、そして自身初の30本塁打を記録する。9月9日には100本塁打を達成。

1998年は規定打席には達したものの、成績は前年に比べて大幅に落ち込んだ。7月5日の阪神12回戦で舩木聖士から死球を受け、試合は最後まで出たものの腫れが引かず、翌日からの2試合を欠場。10日の対ヤクルト15回戦から復帰して以降は2011年途中まで連続試合出場を続けた。また、7月12日には自身初となる4番スタメンで起用された。

1999年4月24日には史上49人目となるサイクル安打を達成。初の全試合出場を果たすなど完全復活し、本塁打と打点でキャリアハイの成績を残した。シーズン序盤は5番や6番を任されていたが、中盤以降は江藤に代わって4番に座っている。この年の7月21日の阪神18回戦より、2010年途中まで続く連続フルイニング出場が始まった。

2000年に前年まで不動の4番だった江藤が読売ジャイアンツFA移籍したことで、3番・緒方、4番・前田、5番・金本の新クリーンアップが組まれるが、シーズン中盤から怪我で戦線離脱した前田に代わり4番に抜擢される。また、シーズン最終試合で30号本塁打を放ったことで、日本プロ野球史上7人目となるトリプルスリーを達成。5年ぶりにベストナインを受賞した。なお、本塁打の可能性を高めるために少しでも多くの打席に立たせようと、監督・達川晃豊の計らいで最終残り2試合は1番打者としてスタメン出場している。

2001年は全試合4番でフル出場を果たす。39年ぶりに毒島章一の記録を大きく更新する1,002打席連続無併殺打の日本記録を樹立。7月7日には200本塁打、9月2日には1,000本安打をそれぞれ達成。また、出塁率でも128四球で.463という数値を記録し、松井秀喜と分けてロベルト・ペタジーニに次ぐ2位に入った。出塁率.450以上が2人以上出るのは日本プロ野球史上初めてのことであったが、この年は一気に3人も出すほど歴史的な出塁率争いであった。

2002年、打率や出塁率は前年から大きく落としてしまうが、前年に引き続き全試合4番でフル出場。同年オフ、FA権の行使に悩み球団幹部に「今季は成績が悪かったので年俸は1,000万円減で構わないが、FAの再契約金を100万円でいいから出してほしい」と相談した。しかし、球団は厳しい財政事情から再契約金高騰の前例が作られることを懸念してFA権を行使しての残留は認めない方針を曲げなかったため、最終的にFA権利を行使して移籍することとなった。

阪神時代

2003年、「プロ野球全体のことを考えて来い」、「俺とお前は一緒に歩むようになっている」[8]阪神タイガース監督の星野仙一からラブコールを受け、阪神へ移籍。「過去に藤田平和田豊らが付けていた背番号6を引き継げて嬉しい」と話し阪神ファンの心を掴んだ。もっとも、本当は大学時代の背番号だった5番を付けたかったと話しており、当時阪神への移籍が取り沙汰されていた中村紀洋のため6番にしたという。広島時代に付けていた背番号10は阪神では永久欠番のため、選択不可であった。かつて広島から巨人にFA移籍した川口和久江藤智広島市民球場で激しく野次られるのを見ていたため自分も野次られるのではないかと恐れていたが、移籍後初の広島市民球場での試合で逆に声援を受け安堵したと語っている。同年は開幕から3番に定着し、2番赤星憲広盗塁王獲得に協力するとともに主軸として活躍し、18年ぶりのリーグ優勝に貢献。日本シリーズでは4本塁打、3試合連続本塁打、1試合2本塁打と3つのシリーズタイ記録を達成したが、チームは日本一に届かなかった。

2004年は新監督・岡田彰布の意向で開幕から4番として起用され長打を量産。7月29日の対中日ドラゴンズ戦で左手首に死球を受け軟骨損傷と診断され、離脱の危機に直面した。翌日、自分のバットより軽い久慈照嘉のバットを借りて試合にも出場し、この時に右手だけで安打を放ったシーンが引退試合で放映されたビデオに選出された。8月1日には連続試合フルイニング出場の日本新記録を樹立。最終的に打率、本塁打(1999年と同数)、打点の3部門で自己最高記録を達成し、初タイトルとなる打点王を獲得する。左手首の故障についてシーズン後「この時だけは記録のために出続けた」と語ったが、故障後は本塁打のペースこそ落ちたが打率はむしろ上がっていた。

2005年6月10日の対北海道日本ハムファイターズ戦で入来祐作から本塁打を放ち史上4人目の全球団から本塁打を達成。過去の3人はいずれもセ・パ各4球団以上に所属して記録したが、金本は同年から導入された交流戦のおかげで2球団に所属しただけで達成できた。6月28日には米子市民球場での対広島戦で本塁打を放ち、現役選手では最多の32球場でアーチをかけた。この記録は2007年に田中幸雄が33球場で本塁打を放ち現役1位は一旦譲ったが、田中が同年限りで引退し再び現役1位となっている(日本記録は山内一弘の39球場)。8月11日の対中日戦では1,000試合連続出場、8月25日の対広島戦で1,000得点、9月9日の対広島戦で1,000打点、10月4日に阪神では1986年ランディ・バース以来、日本人選手では1985年掛布雅之以来、阪神甲子園球場ラッキーゾーン撤廃後は初となる40本塁打を達成。打率・本塁打・打点の3部門で前年の自己記録を更新し、チームも優勝してMVPに選ばれた。千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは、ヒットが1本しか打てず、チームは4連敗で敗退。

2006年3月31日にカル・リプケンの8243イニング連続出場を更新。4月9日の対横浜ベイスターズ戦でリプケンを抜く、904試合連続フルイニング出場の世界新記録を達成し、8月15日に同カード、同球場の試合で1,000試合に伸ばした。オフの契約更改では推定年俸5億5,000万円と日本人選手では球界トップとなった。仲間を信頼して献身的なチームバッティングをするプレースタイルをしつつも自分も結果を残し、「活躍できたのは裏方さんのおかげ」と試合の副賞でもらった賞金や賞品をスタッフにプレゼントし、私生活でも若手選手やチームの裏方や記者にまで食事会や送別会を開いたりする等細やかな気遣いを見せ、選手やスタッフや野球関係者だけではなく、ファンからも「アニキ」と呼ばれるようになり、他の選手とは一線を画する存在となった[9]

2007年7月8日の対中日戦で1死満塁から金本の安打で生還しなかった二塁走者の鳥谷敬に対し「あのヒットで1人しか還ってこれないなんてもったいない」「足の速い若い選手が緊張感とか集中力がないのかなと思う」と叱咤。それまで後輩に対して苦言を呈することはあまりなかったことから、翌日のスポーツ新聞各紙では大きく取り上げられた。同年はシーズン中に左膝半月板損傷の大怪我をしながら2004年同様強行出場を続け、31本塁打95打点を記録したが打率は.265と4年ぶりに3割を下回った。なお、左膝はオフの10月に人生初という手術を受けた。

2008年は左膝のリハビリテーション優先のため1月後半からアメリカに滞在し、2月後半の安芸キャンプからチームに合流。4月6日に1999本目の安打を記録してから3試合18打席無安打だったが、4月12日の対横浜戦で史上37人目の通算2,000本安打を達成、リーチをかけてから連続打席無安打の歴代最長記録だった。この試合では広島からFA移籍したばかりの新井貴浩も1,000本安打を達成した。5月13日の対広島戦では阪神所属(達成時点)及び右投げ左打ちの選手として初の通算400本塁打を達成した。交流戦では首位打者を獲得した。6月に自身3度目となる月間MVPに選出され、最終的に2年ぶりに3割、3年ぶりに100打点に到達した。オフには2年連続で左膝の手術をした。また、現役選手でありながら同年からエイベックス・エンタテインメントとマネジメント契約を結んだが、引退後のマネジメントに関しては、ハードシックスプロジェクト、ダブルカルチャーパートナーズ(DCP)が管理している。

2009年は手術の影響でオープン戦にはほとんど出場できなかったが、41歳の誕生日でもある4月3日に行われたヤクルトとの開幕戦でリーグ最年長記録となる開幕戦本塁打を放った。4月8日の対広島戦、4月10日の対巨人戦で3打席連続本塁打を記録し、史上初となる月間2度の3打席連続本塁打を達成した。得点圏で27打数13安打21打点と好調だった4月には、自己最多となる月間30打点を記録し、自身4度目となる月間MVPに選出された。しかし5月以降の月間打率は全て2割台前半で最終的には移籍後ワーストとなる打率.261で、本塁打数も21本だった。

2010年は順調なキャンプを送ったが、3月17日、ヤクルトとのオープン戦前の練習中に味方選手と激突して右肩を痛め[10]、後の診断で右肩の棘(きょく)上筋部分断裂という重傷であることが判明[11]。それでも試合出場は続けていたものの、4月14日の対巨人戦で犠牲フライ本塁に返球できなかったり[12]、17日の対横浜戦では二塁走者の生還を二度許したりするなど満足な送球ができず、打撃でも打率.167と不振であったため[13]、翌18日の試合前に真弓明信監督に「これ以上出ても迷惑をかける」と自ら申し出て[12][14]スタメンから外れ、左翼守備を葛城育郎に譲った。これにより連続試合フルイニング出場の記録は1,492試合で止まり、同年5月15日にギネス世界記録に認定された[15]。それ以降、スタメン出場しないときは、下記の2011年4月15日まで毎試合代打として出場し、連続試合出場は継続した。ただし、金本の記録のために、試合中の選手の起用方法に悪影響を与えた可能性も指摘された[16]

スタメン復帰した時期もあったが結局最後まで調子が上向くことはなく、守備面でも補殺0, 打率(規定打席数未到達)、本塁打、打点全て阪神移籍後最低の成績に終わった。この年の規定打席未到達で全試合出場はNPB史上初の珍記録となっている。また、中日戦の成績は.096 (52-5)、打点1, 16三振であった。連続試合出場と関係のないクライマックスシリーズファーストステージ第2戦では出場機会がなかった。この時期、金本の右肩は棘(きょく)上筋が完全に断裂していた状態であったとも言われている。

2011年は連続フルイニング出場が止まった後も連続試合出場の記録は継続していたが、4月15日の対中日戦、8回表二死一塁で投手の代打に立った際、打席中に一塁走者の俊介が盗塁失敗し、打席未完了のままイニングが終了。この後真弓監督は金本に代え投手を出したので、連続出場記録が1,766試合で途絶えた(この場合のルール上、試合出場は記録されるが、連続試合出場記録には反映されないため[17])。記録終了後もシーズン通して一軍で出場は続けたものの、成績は前年より落ち込んだ。また、このシーズンで日本プロ野球史上8人目となる10,000打席に到達した。

2012年開幕戦でスタメンで6番で先発出場した。その後、一時は打率が3割に到達するなど好調だったため5番でスタメン起用され、その後、4番の新井が不振により5月4日の巨人戦(甲子園)から約2年ぶりに4番出場し交流戦が終了するまで2試合を除き4番出場した(その2試合はマートンが4番で先発出場した)。その後は打撃の調子が落ちて結果が出ず、前年と変わらず右肩痛で守備難も目立ち、8月25日の広島戦では、天谷宗一郎のレフトオーバーの打球で、ランニングホームランを許した。6月28日に日本プロ野球史上7人目、大学出身の選手では初の通算2500安打を達成。同記録達成は1991年の門田博光以来21年ぶりとなった。

9月12日に同年限りでの引退の意思を固めた事が明らかになり[18]、その日の会見で本人の口から改めて2012年シーズンでの現役引退が発表された。会見の中で金本は自らの進退について「10日くらい前に考え始め、本当の決断は2日前くらいに決断した。いろいろ理由はあるが、自分に対して『限界かな?』という思いと、時代の流れ。いつまでもいい時のパフォーマンスを出せない自分が居るのも」と語り、また家族の話になると「子供は大泣きしていたが『いつかはやめるんだよ』と言った。母親には一番最初に伝えたが、『体のケアをしてくれと…』」と言う所で涙を堪えるために言葉に詰まり、更にファンの話になると「落ちぶれてからはバッシングもあったけど、励ましてくれたファンには…」とついに涙を流す場面も見られた。また、記者からの自身にとって野球とは?という質問に対しては、「長嶋さんじゃないけど、人生そのもの。野球人生を10歳から始めて、7、8割はしんどいこと、2、3割の喜びしかなかったけど、少しの2、3割を追い続けて7、8割で苦しむ。そんな野球人生だった」と感慨深いように語った[19]。同記者会見において「記録」について聞かれた際は、「連続フルイニング出場」よりも「連続無併殺打」の方が印象深いとも語っている。

9月16日の対巨人戦で宮國椋丞から通算475本目となる本塁打を放ち、田淵幸一を抜いて通算本塁打単独10位とした[20]

阪神シーズン最終戦となった10月9日の対横浜DeNAベイスターズ戦(甲子園)を金本の引退試合[21]として6月11日以来となる4番左翼として先発フル出場。6回の第3打席でDeNA先発三浦大輔から中前安打を放ち直後にセリーグ最年長記録を更新する盗塁を決めた。現役最終打席となった7回裏2死1・3塁では、三浦の前に捕飛に終わった。現役最終試合は、4打数1安打1盗塁だった。試合は3対0で勝利し、荒波翔のフライを金本が掴んで試合終了となった[22][23][24]。打点は記録できず長嶋茂雄の通算1522打点には1打点届かなかった。試合後には引退セレモニーが行われ、かつて引退試合で金本が花束を贈った清原和博から花束を受け取っている[25]10月18日に任意引退公示された[26]

2012年の10月16日に農業法人への出資金目的で現金約1900万円を騙し取られる詐欺被害に遭っていたことが発覚し、元会社社長が逮捕されている[27]

現役引退後

ダブルカルチャーパートナーズ(DCP)内HSP林田ルームがマネジメントを担当。また、RAS(Route American Sports, Inc.)、エイベックス・マネジメント株式会社とエージェント契約を結んでいる。

2012年12月12日桑田佳祐の全国ツアーI LOVE YOU -now & forever-大阪公演にて、桑田佳祐の曲で、金本本人の名前が歌詞に登場するOSAKA LADY BLUES 〜大阪レディ・ブルース〜演奏時にゲスト出演。桑田佳祐VS金本知憲の対決が実現した。

2013年からはフリーの野球解説者[28]日本テレビ読売テレビ広島テレビ[29][30]MBSラジオゲスト解説者[31])、デイリースポーツの特別評論家[32]スポーツニッポンの野球評論家[33]として活動。このうち、ラジオでの解説については、MBSのみで年間10本程度出演する予定であることも明かされた[31]

なお、2013年1月23日には、現役時代の晩年から痛めていた肩と脂肪腫の手術を無事終えたことを公式ブログで公表。「もう手術はごめんだ、健康第一!」とコメントしている[34]

人物

両親は韓国人で、金本は在日韓国人3世にあたる。少年時代に博成(ひろなり/バクソン)から知憲に改名している。4人兄弟の末っ子である[35]

2001年に日本人女性と結婚するにあたり、日本に帰化した[36][37]。帰化前の本名は金知憲(キム・ジホン/김지헌)。広陵高校時代の1986年に在日韓国人学生野球団の一員として渡韓した経験を持つ[38]。自身が公私混同を嫌い、さらにはナイーブな側面もあり、2001年に結婚した際も夫人を写さないことなどを条件に取材を受けている。

広島中央リーグ時代のチームメイトに野村弘樹山本圭一がいる[2]

2013年4月30日、フジテレビすぽると!』の番組で松井秀喜と対談で金本は「バッティング練習の8割スイングをこだわりとするが、バットへのこだわりはまったくなく適当なバットを使っている」とコメントした。

詳細情報

年度別打撃成績

















































O
P
S
1992 広島 5 5 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 0 .000 .250 .000 .250
1993 42 95 89 9 17 3 0 4 32 9 0 1 0 0 5 0 1 16 4 .191 .242 .360 .602
1994 90 293 257 41 69 14 2 17 138 43 2 0 3 2 31 2 0 64 3 .268 .345 .537 .882
1995 104 438 369 72 101 15 1 24 190 67 14 10 0 3 61 2 5 78 5 .274 .381 .515 .896
1996 126 511 423 84 127 18 2 27 230 72 18 7 0 7 77 2 4 104 2 .300 .407 .544 .951
1997 133 552 465 77 140 17 2 33 260 82 13 9 0 4 80 5 3 104 8 .301 .404 .559 .963
1998 133 573 499 77 126 33 3 21 228 74 9 6 0 1 68 0 5 94 2 .253 .347 .457 .804
1999 135 576 502 84 147 21 2 34 274 94 10 3 0 1 70 1 3 92 3 .293 .382 .546 .928
2000 136 588 496 96 156 20 2 30 270 90 30 10 0 4 80 7 8 101 2 .315 .415 .544 .959
2001 140 615 472 101 148 28 1 25 253 93 19 9 0 6 128 16 9 69 1 .314 .463 .536 .999
2002 140 604 540 80 148 30 2 29 269 84 8 5 0 2 60 4 2 99 5 .274 .348 .498 .846
2003 阪神 140 632 532 94 154 24 2 19 239 77 18 4 0 2 93 5 5 89 6 .289 .399 .449 .848
2004 138 613 521 92 165 32 4 34 307 113 5 0 0 8 79 2 5 100 10 .317 .406 .589 .995
2005 146 662 559 120 183 35 3 40 344 125 3 1 0 2 98 4 3 86 6 .327 .429 .615 1.044
2006 146 634 545 85 165 24 4 26 275 98 2 2 0 5 79 18 5 98 5 .303 .393 .505 .897
2007 144 624 533 74 141 17 3 31 257 95 1 0 0 7 81 11 3 113 9 .265 .361 .482 .843
2008 144 623 535 87 164 33 2 27 282 108 2 1 0 8 77 9 3 99 8 .307 .392 .527 .919
2009 144 619 518 66 135 37 0 21 235 91 8 1 0 8 88 6 5 98 7 .261 .368 .454 .822
2010 144 396 353 39 85 12 0 16 145 45 1 1 0 1 39 0 3 90 3 .241 .321 .411 .732
2011 122 372 348 27 76 11 1 12 125 31 1 1 0 0 24 4 0 53 5 .218 .269 .359 .628
2012 126 406 356 24 92 16 1 6 128 30 3 3 0 1 49 0 0 54 2 .258 .347 .360 .707
通算:21年 2578 10431 8915 1430 2539 440 37 476 4481 1521 167 74 4 72 1368 98 72 1703 96 .285 .382 .503 .885
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績所属リーグ内順位

年度 年齢 所属リーグ 打率 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 出塁率 四球 OPS
1992 24 セ・リーグ - - - - - - - - -
1993 25 - - - - - - - - -
1994 26 - - - - - - - - -
1995 27 - - - - 5位 - 8位 8位 6位
1996 28 - - - - 6位 - 4位 1位 5位
1997 29 - - - - 3位 9位 5位 4位 5位
1998 30 - - 3位 9位 7位 - - 4位 -
1999 31 - - - - 6位 6位 9位 6位 8位
2000 32 5位 6位 - - 4位 5位 4位 3位 3位
2001 33 5位 9位 6位 - 9位 5位 2位 1位 3位
2002 34 - 10位 5位 7位 4位 5位 - 3位 9位
2003 35 - 9位 - - - 10位 2位 1位 -
2004 36 4位 8位 2位 4位 7位 1位 3位 1位 5位
2005 37 3位 4位 3位 6位 2位 2位 2位 1位 1位
2006 38 8位 9位 - 3位 7位 7位 4位 2位 6位
2007 39 - - - 9位 6位 7位 - 3位 -
2008 40 - 6位 3位 - 6位 3位 6位 2位 7位
2009 41 - - 2位 - - 5位 7位 1位 -
2010 42 - - - - - - - - -
2011 43 - - - - - - - - -
2012 44 - - - - - - - - -
  • -は10位未満(打率、出塁率、OPSは規定打席未到達の場合も-と表記)

年度別守備成績


外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1992 1 0 0 0 0 .000
1993 26 38 0 0 0 1.000
1994 82 155 3 0 0 1.000
1995 102 178 5 1 0 .995
1996 121 227 6 3 3 .987
1997 128 225 9 4 1 .983
1998 131 209 11 5 1 .978
1999 135 197 10 6 1 .972
2000 136 226 4 6 0 .975
2001 140 200 5 3 0 .986
2002 140 205 8 2 2 .991
2003 140 222 9 6 0 .975
2004 138 186 12 10 3 .952
2005 146 197 8 2 3 .990
2006 146 204 6 3 1 .986
2007 144 186 9 1 1 .995
2008 144 193 4 2 0 .990
2009 144 184 2 7 1 .964
2010 73 90 0 4 0 .957
2011 101 81 0 2 0 .976
2012 92 100 3 1 0 .990
通算 2510 3503 114 68 17 .982

タイトル

表彰

記録

世界記録
  • 連続試合フルイニング出場:1,492試合[39](1999年7月21日 - 2010年4月17日)
  • 連続イニング出場:13,686イニング[39](1999年7月21日 - 2010年4月17日)
日本記録
  • 連続4番先発出場:880試合(2004年4月2日 - 2010年4月17日)
  • 連続打席無併殺打:1,002打席(2000年5月12日 - 2001年9月28日)
  • 40代での代打本塁打:5本※日本記録
初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1997年9月9日、対阪神タイガース23回戦(広島市民球場)、9回裏に藪恵壹から右越2ラン ※史上194人目
  • 150本塁打:1999年8月22日、対中日ドラゴンズ22回戦(ナゴヤドーム)、6回表に山本昌から右越決勝ソロ ※史上109人目
  • 200本塁打:2001年7月7日、対阪神タイガース14回戦(広島市民球場)、3回裏に谷中真二から右越2ラン ※史上73人目
  • 1000試合出場:2001年8月15日、対阪神タイガース20回戦(大阪ドーム)、4番・左翼手として先発出場 ※史上372人目
  • 1000本安打:2001年9月2日、対読売ジャイアンツ25回戦(広島市民球場)、8回裏に岡島秀樹から中前適時打 ※史上207人目
  • 250本塁打:2003年5月31日、対読売ジャイアンツ11回戦(東京ドーム)、9回表に木村龍治から右越3ラン ※史上45人目
  • 1000三振:2004年9月4日、対読売ジャイアンツ25回戦(阪神甲子園球場)、4回裏に久保裕也から ※史上37人目
  • 1500本安打:2005年4月2日、対ヤクルトスワローズ2回戦(大阪ドーム)、3回裏に坂元弥太郎から左越適時三塁打 ※史上87人目
  • 300本塁打:2005年4月9日、対横浜ベイスターズ2回戦(阪神甲子園球場)、4回裏に斎藤隆から右越逆転決勝2ラン ※史上30人目
  • 1500試合出場:2005年5月14日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦(阪神甲子園球場)、4番・左翼手として先発出場 ※史上143人目
  • 1000得点:2005年8月25日、対広島東洋カープ16回戦(広島市民球場)、6回表に今岡誠の満塁本塁打により記録 ※史上32人目
  • 1000打点:2005年9月9日、対広島東洋カープ17回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に黒田博樹から右越ソロ ※史上26人目
  • 3000塁打:2005年9月13日、対読売ジャイアンツ19回戦(長崎ビッグNスタジアム)、2回表に高橋尚成から右越満塁本塁打 ※史上39人目
  • 300二塁打:2006年7月5日、対横浜ベイスターズ11回戦(阪神甲子園球場)、3回裏に門倉健から右中間二塁打 ※史上45人目
  • 350本塁打:2006年7月12日、対広島東洋カープ9回戦(阪神甲子園球場)、8回裏に横山竜士から左越ソロ ※史上20人目
  • 1000四球:2006年8月29日、対中日ドラゴンズ14回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に久本祐一から ※史上12人目
  • 3500塁打:2007年8月10日、対横浜ベイスターズ14回戦(横浜スタジアム)、8回表に横山道哉から右前安打 ※史上21人目
  • 2000本安打:2008年4月12日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、7回表に寺原隼人から右前安打 ※史上37人目 (大卒選手かつ入団初年度に安打0本では史上初)
  • 400本塁打:2008年5月13日、対広島東洋カープ6回戦(富山アルペンスタジアム)、9回表に横山竜士から右越2ラン ※史上15人目
  • 350二塁打:2008年7月4日、対横浜ベイスターズ9回戦(横浜スタジアム)、9回表にマットホワイトから ※史上26人目
  • 2000試合出場:2008年8月16日、対横浜ベイスターズ15回戦(京セラドーム大阪)、4番・左翼手として先発出場 ※史上39人目
  • 4000塁打:2009年8月6日、対中日ドラゴンズ14回戦(ナゴヤドーム)、1回表に川井雄太から右翼線適時二塁打 ※史上13人目
  • 1500三振:2009年9月21日、対横浜ベイスターズ22回戦(横浜スタジアム)、3回表に三浦大輔から ※史上8人目
  • 400二塁打:2009年9月29日、対東京ヤクルトスワローズ20回戦(明治神宮野球場)、3回表に由規から右中間適時二塁打 ※史上10人目
  • 450本塁打:2010年6月27日、対東京ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、8回表に松岡健一から右越2ラン ※史上13人目
  • 10,000打席到達:2011年10月7日、対横浜ベイスターズ(横浜スタジアム)、 ※史上8人目(大卒選手史上初)
  • 2500試合出場:2012年6月2日、対北海道日本ハムファイターズ3回戦(札幌ドーム)、4番・指名打者として先発出場 ※史上9人目
  • 1500打点:2012年6月3日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(札幌ドーム)、5回表に武田勝から右翼線適時2点二塁打 ※史上9人目
  • 2500本安打:2012年6月28日、対中日ドラゴンズ9回戦(ナゴヤドーム)、7回表に岩田慎司から右翼線二塁打 ※史上7人目(大卒選手史上初)
日本シリーズ・オールスターゲーム
  • 日本シリーズ4本塁打(2003年)※シリーズタイ記録
  • 日本シリーズ3試合連続本塁打(2003年)※シリーズタイ記録
  • オールスターゲーム出場:11回(1995年 - 1997年、2000年、2001年、2003年 - 2006年、2008年、2009
その他の記録
  • サイクルヒット:1999年4月24日、対中日ドラゴンズ5回戦(広島市民球場)※史上49人目
  • トリプルスリー:1回(2000年)
  • 連続試合出場:1,766試合(1998年7月10日 - 2011年4月14日)※衣笠祥雄の2,215試合に次ぐ第2位
  • 1試合5四球(2001年10月11日)
  • 1イニング5打点(2003年5月31日)
  • 月間2度の3打席連続本塁打(2009年4月8日・4月10日)※プロ野球史上初
  • 全試合出場で規定打席未到達(2010年)※プロ野球史上初
  • 本塁打した投手数 226人※歴代2位
  • 投手との年齢差本塁打:24歳0か月差(2012年9月16日、投手:宮國椋丞)※歴代2位
  • セ・リーグ最年長盗塁:44歳6か月-2012年10月9日、対横浜DeNAベイスターズ24回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に二盗(投手:三浦大輔、捕手:高城俊人
  • セ・リーグ最年長本塁打:44歳5か月-2012年9月26日、対ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、9回表に増渕竜義から右越ソロ
  • セ・リーグ最年長代打本塁打:同上
  • セ・リーグ最年長猛打賞:44歳0か月-2012年4月28日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、8回表に山口鉄也から投強襲安打で達成
  • 全球団から本塁打:2005年6月10日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(阪神甲子園球場)、1回裏に入来祐作から右中間へ逆転2ラン ※史上4人目

背番号

  • 10 (1992年 - 2002年)
  • 6 (2003年 - 2012年)

関連情報

著書

関連書籍

映像

出演

テレビ番組

ラジオ番組

CM

広島選手時代
阪神選手時代

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 元阪神 金本知憲 独占インタビュー120分 vol.1(1ページ目) - 『エキサイトニュース』(ソース:『デジタル大衆』)2013年2月18日8時配信・同20日7時42分更新
  2. ^ a b c 阪神 金本スタメン外れる フルイニング出場止まる スポーツニッポン、2010年4月16日(リンク先は、インターネット・アーカイブ2010年4月21日付保存キャッシュ)
  3. ^ 阪神:「鉄人」ありがとう…44歳金本引退、惜しむファン - 『毎日.jp』(『毎日新聞』)2012年9月12日13時49分配信・最終更新同9月12日13時59分
  4. ^ a b Turning Point 決断のとき 金本知憲vol.15(後編)|ザバス|株式会社 明治
  5. ^ a b 元阪神 金本知憲 独占インタビュー120分 vol.1=2(デジタル大衆)
  6. ^ 広島県勢の“王者”に上り詰めた広陵高 - 『ZAKZAK』2012年3月18日付
  7. ^ 朝日新聞、1991年12月9日付朝刊 (14版、25面)
  8. ^ 『金本知憲の真実―鉄人への道―』(アスリート企画出版部 2005年9月)
  9. ^ 阪神・金本知憲が「アニキ」と呼ばれる理由 週プレNews 2012年10月1日
  10. ^ 金本、右肩激痛に耐え壮絶初タイムリー デイリースポーツ、2010年3月30日付ウェブ記事(リンク先は、インターネット・アーカイブ2010年4月1日付保存キャッシュ)。
  11. ^ 衝撃事実!金本、右肩腱板部分断裂 デイリースポーツ、2010年4月1日付ウェブ記事(リンク先は、インターネット・アーカイブ2010年4月4日付保存キャッシュ)。
  12. ^ a b 金本、自分で止めた連続フルイニング記録 デイリースポーツ、2010年4月18日付ウェブ記事(リンク先は、インターネット・アーカイブ2010年4月21日付保存キャッシュ)。
  13. ^ 阪神 金本スタメン外れる フルイニング出場止まる スポーツニッポン、2010年4月18日付ウェブ記事(リンク先は、インターネット・アーカイブ2010年4月21日付保存キャッシュ)。
  14. ^ 阪神・金本、フルイニング出場ストップ 読売新聞、2010年4月18日付ウェブ記事(リンク先は、インターネット・アーカイブ2010年4月21日付保存キャッシュ)。
  15. ^ Most consecutive matches played without missing an inning, Nippon Professional Baseball” (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧。
  16. ^ 金本の“記録”が足かせ? スポーツニッポン、2010年9月17日付ウェブ記事(リンク先は、インターネット・アーカイブ2010年9月18日付保存キャッシュ)。
  17. ^ 公認野球規則10・23(c)「プレーヤーが連続試合出場を記録するためには、少なくとも自チームのあるイニングの守備(回の初めから終わりまで)に出場するか、あるいは塁に出るかアウトになって打撃を完了しなければならない。」(以下略)
  18. ^ 金本 21年目44歳で引退決意 12日午後に会見 - スポーツニッポン 2012年9月12日
  19. ^ 金本が会見「10日前決めた限界かな」(”. デイリースポーツ online (2012年9月12日). 2012年9月13日閲覧。 ※リンク先は、インターネット・アーカイブ2012年9月13日付保存キャッシュ
  20. ^ 金本田淵氏超えた!最後の巨人戦で歴代単独10位の475本塁打 - スポーツニッポン2012年9月16日付ウェブ記事 2012年10月15日閲覧
  21. ^ ラストゲーム ベイスターズ戦 みどころ阪神球団公式サイト
  22. ^ [1]スポーツニッポン 2012年10月9日閲覧
  23. ^ 金本 ウイニングボールがっちりつかみ有終スポーツニッポン 2012年10月9日閲覧
  24. ^ [2]阪神球団公式サイト 2012年10月10日閲覧
  25. ^ “アニキのアニキ”清原氏が引退セレモニー来た!スポーツニッポン 2012年10月9日付ウェブ記事 同日閲覧
  26. ^ 2012年度 任意引退選手”. 日本プロ野球機構 (2012年10月18日). 2012年10月23日閲覧。
  27. ^ 阪神・金本選手、1900万円の詐欺被害 出資金名目、元会社社長を逮捕 埼玉県警msn産経ニュース 2012年10月16日
  28. ^ 引退の金本、「将来は広島監督をやりたい」 来年はフリーで「勉強」する - 『J-CAST』2012年12月27日
  29. ^ 『週刊ベースボール』2013年2月20日増刊号の解説者名鑑より、日本テレビ・読売テレビ・広島テレビの解説者として明記。
  30. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2013』P270に掲載の解説者名鑑より、活動先について、日本テレビ・読売テレビ・フリーと明記。
  31. ^ a b アニキ金本氏 MBSラジオ解説者に(『デイリースポーツ』2013年3月21日付記事)を参照
  32. ^ 金本が“デイリー入団”特別評論家に - デイリースポーツ2012年10月13日付ウェブ記事 同日閲覧
  33. ^ 球児 金本氏に明かした「4カ月で10キロ増えました」(『スポーツニッポン2013年3月16日付記事)中の金本の肩書などを参照。
  34. ^ 金本氏 手術終了報告も思わず本音?「もうごめんだ、健康第一!」 - スポーツニッポン2013年1月25日付ウェブ記事
  35. ^ 金本 涙の引退…阪神社長“引退勧告”に抵抗も最後は決断”. スポニチ (2012年9月13日). 2012年9月13日閲覧。
  36. ^ 「甲子園に降臨したウルトラマン金本」 『AERA』2008年10月20日号
  37. ^ 「<野球>日本野球、韓国系金本選手フルイニング出場新記録」中央日報 日本語版』2006年4月10日更新
  38. ^ [박동희의 야구탐사] ‘슬픈 전설’, 재일동포 야구단 [2]편
  39. ^ a b 金本「外れます。迷惑かけられない」連続フルイニング出場止まった…阪神」 スポーツ報知、2010年4月19日。

参考資料

  • 各種外部リンク
    • 元阪神 金本知憲 独占インタビュー120分 vol.1 - 『エキサイトニュース』(ソース:『デジタル大衆』)2013年2月18日8時配信・同20日7時42分更新(原資料:『週刊大衆』2013年2月25日号掲載記事)

関連項目

外部リンク