出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タケ
Bamboo maze.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : タケ亜科 Bambusoideae
: タケ連(広義) Bambuseae
学名
Bambuseae Kunth ex Dumort.
和名
 タケ
  • タケ連(狭義) Bambuseae
  • Arundinarieae

タケ(竹)とは広義には、イネ目イネ科タケ亜科のうち、木本(木)のようにが木質化する種の総称である。

しかし、通常の木本と異なり二次肥大成長はせず、これは草本(草)の特徴である。このため、タケが草本か木本かは意見が分かれる(『木#定義を巡って』も参照)。ただし、タケの近縁種は全て草本で木本は存在しないので、近縁種に限った話題では、近縁の完全な草本と対比してタケは木本とされることが多い。

分類学的には従来、タケ連 (Bambuseae) にまとめられていた。しかし、単系統ではないことが判明し、分割が提案されている。

広義のタケは、その生育型から、狭義のタケササ(笹)、バンブー (bamboo) の3つに分けられる。以下では便宜上、狭義のタケを「タケ」、広義のタケを「タケ類」と表し(ただし一般には、「タケ類」はタケ亜科、あるいは狭義のタケの意味で使われることもある)、タケ類全体について述べる。漢字の「竹」は人文・産業的な文脈に限って用いる。

概要[編集]

タケは気候が温暖で湿潤な地域に分布し、アジア温帯熱帯地域に多い。ササは寒冷地にも自生する。タケ・ササの分布は北は樺太から南はオーストラリアの北部、西はインド亜大陸からヒマラヤ地域、またはアフリカ中部にも及ぶ。北アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカの大部分には見られない。

通常、地下茎を広げることによって生息域を広げる。一部のタケ類は周期的に開花し一斉に枯れることが知られている。その周期は極めて長く、マダケの場合は120年周期であると推定されている。しかし、まだ周期が分かっていない種類も多い(日本におけるモウソウチクの例では、種をまいてから67年後に一斉に開花・枯死した例が2例(1912年→1979年・1930年→1997年)記録されている[1])。竹の種類によって開花周期に幅が見られるが、一般にはおおよそ60年から120年周期であると考えられている[2]

タケ類は成長力が強く、ピークの時は1日で1メートル以上成長する。竹林の近くにある民家の中に竹が侵入する(タケノコが生える)被害もある。地下茎が地面を広く覆うことからがけ崩れには強いが、逆に強風、地滑り、病気などには弱く、放置された竹林で地滑りの発生が多いという研究もある。事実、放置竹林による地すべりの事例がいくつも報告されており、問題が指摘されている。また放置竹林によって山地が覆われ、元々植生していた広葉樹針葉樹光合成が妨げられ、結果として森林の減少を招くという問題も起こっており、各地で対策が講じられている。

乾燥が十分なされたものは硬さと柔軟さを備えており、さまざまな素材として利用される。その繊維を利用しても作られている。竹酢液竹炭としても利用されるほか、飼料、建材、工芸材料などとしても用いられている。前述した放置竹林の問題にも、これらの素材としての活用を求め、様々な研究、試行錯誤が行われている。

また、食材としては、若いものをとして食べるほか、葉を食料として利用する動物もおり、ジャイアントパンダはこれを主食としている。

モウソウチクを除く種の多くは、その地域でしか生育しないことが多いが、その理由は不明である。

分類[編集]

タケ亜科内の位置づけ[編集]

タケ類(タケ連)はイネ科タケ亜科に属する。タケ亜科にはタケ連のほかに Olyreae 連が属するが、Olyreae 連は典型的な草本であり、タケ連のような木質の茎を作らない。

Sungkaew et al. (2009)[3]の分子系統学的解析によると、タケ連は単系統ではなく、熱帯性木本タケ類と温帯性木本タケ類の2つの系統に分かれる。熱帯性木本タケ類が Olyreae と姉妹群となり、温帯性木本タケ類はそれら全体と姉妹群である。彼らはこの結果から、温帯性木本タケ類を Arundinarieae 連に分割すべきとしている。

タケ亜科

狭義のタケ連
(熱帯性木本タケ類)

旧大陸熱帯・オーストラリアのタケ連 日本の旗



新大陸熱帯のタケ連




Olyreae(草本タケ類)




Arundinarieae(温帯性木本タケ類) 日本の旗



日本の旗 : 日本に分布

竹と笹とバンブーの違い[編集]

タケ類にはタケ(竹)とササ(笹)とバンブーがある。タケとササとバンブーの相違点を以下に挙げる。

地下茎の有無
地下茎で生育繁殖するタケ、ササとは異なり、バンブーは分蘖(株分かれ)によって立ち状になる(後述)。
竹皮の着生
タケは生育後落下するが、ササは生育後も着生している。
葉の形態
タケは格子目があるが、ササにはそれがなく縦に伸びる平行脈である。
開花
タケは約120年周期、ササは40年から60年周期でどちらも開花後には枯死する。
分布
日本ではタケは青森から九州だが、ほとんどは帰化と見られる。ササは北海道や高山地帯にも自生する。

一般的には丈の低いものが笹竹の略とされる。名前に○○ダケ・○○ザサ・○○チクとついていても実際のタケ・ササの判断とは違う場合がある。ただし、植物学的には「成長すると稈鞘(たけのこの皮)が落ちるのが竹、残って(タケ・ササにおける「茎」)を包むのが笹」とする。しかし、オカメザサのように膝丈ほどのタケやメダケのような背の高いササもあることになる。バンブーは、熱帯地方に生息し、外見がタケに似ているものの、地下茎が横に這わず、株立ちになる。

パルプ業界にはタケとバンブーの区別がある。

ちなみに、日本に見られるタケの多くは帰化植物と考えられ、一部種類には日本野生説もあるが、ほとんどは中国原産である。ササは日本産のものが多くあり、地方変異も数多い。

主な種[編集]

竹の道 (嵯峨野にて撮影)
竹林 (林昌寺にて撮影)
竹林 (瑞泉寺にて撮影)
荒廃した竹林

タケ類の種は、世界で600種とも1200種とも言われる。日本には150種、あるいは600種があるといわれる(いずれも学説によって異なる)。 以下は、日本に生育するタケ類のうち、代表的なものを挙げたものである。

利用[編集]

素材として[編集]

枝葉を切り落とした主軸は(さお。竿とも書く。)と呼ばれる。内部が空洞なので、としての性質を強く持つ。つまり、しなやかでそれなりに強い素材である。しかもそれを構成するのが細長い繊維細胞であり、これも管である。したがって、特に引っ張りには強い。しかし、横からの力には管が壊れる形での破壊が起こりやすい。また、加重を支えるのには向かない。状況に応じ、そのまま、また、割って細い板状にして使用される。横からつぶしたものはロープのようにも使用される。さらに細い棒状にしたものは竹ひごと呼ばれる。

繊維が強く丈夫であり、一般の材木と同様に建材として利用される。また、弾力性に富んでいるため、バネ様の素材として利用される場合もある。さらに、細工が容易なので、簡易的な利用にも向く。

伐採したままの青竹、火であぶったり(乾式)、苛性ソーダで煮沸したり(湿式)して油抜きをした晒し竹、ある程度炭化させた炭化竹、伐採後数か月から数年間自然に枯らしたもの、家屋屋根裏で数十年間囲炉裏で燻された煤竹と、種々の素材が得られる。これらは弾力性、硬さ、耐久性などが異なり、利用目的によって使い分けられる。 青竹は容易に入手できるが、耐久性に問題があり、晒し竹や炭化竹に加工することでその問題点は改善する。煤竹は独特の色(煤竹色)をしており、硬く、耐久性に富むが、入手は困難である。

桿はほぼ円柱状で中空であり、軽量、丈夫でよくしなる。そのため釣り竿棒高跳の竿などの特殊な使用例がある。

伐採の時期により耐久性に違いがあることが知られる。一般的に、水を上げている活動期に伐採されたものは耐久期間が短く、晩秋から冬の休眠期に伐採された物は耐久期間が長い。

材木として[編集]

  • 竹小舞:和風建築の塗り壁の素地
  • 竹筋コンクリート:鉄が不足していた時期に鉄筋の代用として竹の骨組を配したコンクリート工法
  • 床材
  • すだれ
  • 建築外部足場:日本ではあまり見ないが、香港や台湾、中国、東南アジアでは、比較的高いビルの建築現場でも足場材として使われる。
  • 冬囲いの材料
  • 竹垣
  • 竹シーツ:小さく切った竹片に隙間を設けながらつづり合わせてシート状にしたもの。暑い時期に体を冷やしてくれる冷却寝具として使用されている。

パイプ・容器として[編集]

ある程度の長さに切り、途中の仕切りを突き抜けば、パイプができる。大きいものは直径10センチメートルくらいから細いものまである。また、これを縦に半分に切り、水を流すことにも用いられる。

  • 火吹き竹: かまどの火に空気を送るために使う、風呂や焚き火にも使う。
  • 吹き矢の筒
  • : 半割にし節をそぎ落とした状態で利用する。軒に渡すことで雨どいにしたり、流しそうめんの流路、水飲み場の導水、温泉の湯冷まし路などに利用される。
  • 楽器: 日本では尺八篠笛能管龍笛篳篥などの竹製管楽器が伝統的。日本の竹は囲炉裏の上に保存し数十年にわたっていぶして炭化したものを、使用した。現在日本では囲炉裏の習慣はないので、人為的に処理を行う。外国には竹製の打楽器がある。竹製楽器のみのオーケストラ団がある。バリ島ジェゴグなどがある。かつてはヤマハ集成材をボディに使用したアコースティックギターを発売していた(現在は生産終了)他、チャップマン・スティックが竹集成材を使用した"Bamboo"シリーズを発売している。
  • キセルの羅宇(筒)
  • 水鉄砲紙玉鉄砲
  • ししおどし
  • 竹筒: 一方の節を1つ残し、他方を余裕を持って切ることで、口の大きい容器となる。水をくんだり、花を生けるのにも使える。上下に節を残して切れば、密閉された部屋が手に入る。片方に小さな穴を開ければ、口の小さな容器になる。水筒などに。また、これに米を詰め、火にかける調理法がある。

竹を切らない、あるいは一つの節をそのままにした場合、密閉された容器となり、これを火中に投入すると派手な音を立てて破裂する。これが爆竹の由来である。

ロープとして[編集]

  • のたが
  • 上総掘り:やぐらを組んで大きい車を仕掛け、これに割り竹を長くつないだものを巻いておき、その竹の先端に取り付けた掘鉄管で掘り抜く井戸の代表的な工法。人力のみで500メートル以上の掘削が可能であることから開発途上国への技術指導が行われている。

工芸品・日用品の素材[編集]

手に入りやすく、削る・曲げるなどの加工がしやすい。繊維の方向がはっきりしており、それに沿った方向には細かく割りやすい。節の部分で割れが止まるため、同質で同じ長さの棒状のものを量産しやすい。細く薄く削れば、その厚さ次第で適度な弾力の先端を得られる。さらに、無加工の状態でも比較的腐食しにくく保存が容易である。

細工工芸によく使われ、大分県別府竹細工奈良県高山茶筌など各地の伝統工芸品の材料としても多く用いられる。子供のおもちゃなどにもよく利用される。工芸品としては、表面に様々な模様のはいるものが珍重されるものがあり、菌類による侵食を利用したものもある。

  • ざる
  • 花入・花籠・花生け
  • 虫籠
  • 菜箸
  • 楊枝
  • 耳掻き
  • 焼き鳥の串などに利用されている。
  • 行李などの藍胎漆器
  • 茶筅
  • 茶杓
  • 柄杓
  • 竹ナイフ:材に珪酸を多く含むため、切り口を鋭くすることにより刃物として利用できる。
  • 熊手
  • 易の筮竹
  • 孫の手
  • 青竹踏み
  • 竹皮:竹の最外層を覆っている薄い皮で、成長とともに自然に剥がれ落ちる。竹皮には亜硫酸サリチル酸などが含まれており防腐作用や殺菌作用がある[4]。そのため、おにぎりちまき、肉、羊羹などの食品の包装材として用いられる。また、草履などの材料としても利用される。
  • 物干しざお: そのまま使用したり、ポリ塩化ビニルを巻いたものがある。最近は鉄、アルミなどを使用したものが主流となっている。
  • 自動車の内装装飾:実例を挙げると、4代目レクサス・GSの一部グレードに竹製の内装装飾パーツが使用されている。公式サイトによると、美しさと生育の早さによる環境イメージによって採用している模様。
構造
文具
玩具
  • 竹とんぼ
  • 竹馬: 古くは葉のついた竹をそのまま子供用の玩具として使用した「竹馬をつえにもけふはたのむかわらあそびをおもいでつつ」 - 新撰六帖
  • 麻雀牌: 牌の背の部分に竹を使用したものがある。最近は「ガン牌」の防止や全自動卓の普及により、竹を使用したものはほとんどない。
  • くす玉(竹かごの上に紙や造花を貼り合わせる)
漁業用具
武具・スポーツ用品
  • 竹刀剣術の訓練や、それを競技化した剣道で用いられた。
  • 和弓: どちらも竹から作られた。矢の方はヤダケから作る。現在は弓はガラス繊維強化プラスチック (GFRP) や炭素繊維強化プラスチック(CFRP) を用いた複合材料製、矢はジュラルミン製や炭素繊維強化プラスチック製が主流。
  • 棒高跳の棒: 現在はガラス繊維強化プラスチックが使用されている。
  • 竹槍: かつては百姓一揆などに際して利用された。太平洋戦争中、政府は「一億玉砕」の精神を婦人に植えつける目的で竹槍の訓練を行ったが、これに対して評論家の新名丈夫が非難した事から、後に竹槍事件と呼ばれる事件にも発展した。
  • 母衣(ほろ): 背後からの矢を防ぐために担ぐ盾の一種。竹籠に布をかぶせたもの。
  • スキースケートの材料としてかつて使われていた。スキーのストックには特に加工されていない竹竿をそのまま利用していた。
そのほか

食材[編集]

  • (たけのこ)
  • メンマ(麺麻)。シナチク(支那竹)とも。
  • 実の栄養価は小麦に匹敵するともいわれ、救荒食物として飢饉を救った逸話もあるが、むしろ野ネズミの大発生による飢饉を招いた例が多い(開花を凶事とする根拠)。
  • 主にクマザサ茶竹茶して、ミヤコザサの新芽が利用される。

生薬[編集]

  • ハチクまたはマダケの葉は、竹葉(ちくよう)という生薬で解熱、利尿作用がある。
  • 葉をに漬けて香りを付けた竹葉青というリキュール中国にある。
  • ハチクまたはマダケの茎の外層を削り取った内層は、竹茹(ちくじょ)という生薬で解熱、鎮吐などの作用がある。
  • タンチク、 ハチクの茎を火で炙って流れた液汁は、竹癧(ちくれき)という生薬である。

繊維原料[編集]

バイオ燃料・エタノールとして[編集]

静岡大学では、超微粉末にする技術と、強力に糖化する微生物を探すなどで、糖化効率を従来の2%程度から75%に高めた。3年間でさらに効率を80%まで高め、1リットル当たり100円程度の生産コストを目指している。

研究チームの試算では、国内には約9300万トンの竹があり、年間330万トンまでなら採り続けても生態系への影響はない。これで燃料を作れば目標消費量の約10%を賄えるという。

文学作品[編集]

習俗・慣習[編集]

  • 青々としてまっすぐ伸びる様子から、(さかき)とともに清浄な植物のひとつとされている。
  • 地鎮祭などで、四隅に立てられる青竹のことを忌竹(いみだけ)という。あるいは「斎竹」とも書く。
  • 3本の竹を松で囲み、荒縄で結んだものを門松という。
  • 竹は種類によるが、前述のように67年から120年に1度花を咲かせ、結実し枯れる。花が咲くと竹が枯れ、根で繋がった1個体の竹は枯れる。
  • 竹の花がつける実は野鼠の餌となり、野鼠の大量発生を引き起こすことが知られている。この現象はインドでmautamと呼ばれ、壊滅的な農業被害が発生している。このことから「竹の花は不吉の前兆」とする民間伝承が生まれた。
  • 七夕
  • 、竹、3つをあわせて松竹梅(しょうちくばい)と呼び、縁起のよいものとされる、もとは歳寒三友と呼ばれ中国画での画題が日本に伝わったもの、符牒としても使われる。他にも竹・をあわせた四君子などもある。
  • 竹の都 - 伊勢斎宮の古称、別称 - 「おもへただ竹の都はかすみつつしめの外なる御代のけしきを」

ことわざ、慣用句など[編集]

  • 竹を割ったよう
  • 破竹の勢い - 杜預による言葉
  • 竹馬(ちくば)の友
  • 竹箆返し(しっぺがえし)
  • 木に竹を接ぐ
  • 松竹梅

家紋[編集]

竹紋(たけもん)は、竹を図案化した家紋である。笹紋も含む。

『大要抄』に記された車文の「篠の丸(ささのまる)」が所見とされる。勧修寺家とその一門、関係する武家を通じて分布した。

図案は、竹の幹、葉を描いたもの、それに笠や雀、雪を添えることがある。雀を添えたものは多数図案があるがまとめて「竹に雀」と呼ばれる。ほかにを図案化したものもある。

脚注[編集]

  1. ^ 農林水産省 森林総合研究所 1997年
  2. ^ 大分県農林水産研究センタ−林業試験場
  3. ^ Sungkaew, Sarawood; et al. (2009), “Non-monophyly of the woody bamboos (Bambuseae; Poaceae): a multi-gene region phylogenetic analysis of Bambusoideae s.s.”, Journal of Plant Research 122 (1), doi:10.1007/s10265-008-0192-6, http://www.springerlink.com/content/l66176827751xx86/ 
  4. ^ 落合敏監修 『食べ物と健康おもしろ雑学』 p.142 梧桐書院 1991年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]