トーマス・エジソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・アルバ・エジソン
Thomas Alva Edison
トーマス・エジソン(1922年頃)
別名 発明王、メンロパークの魔術師、訴訟王、映画の父
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生誕 1847年2月11日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州ミラン
死没 1931年10月18日(満84歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ウェストオレンジ英語版
最終学歴 小学校中退
職業 発明家起業家
配偶者 メアリー・スティルウェル (1871 - 1884)
ミナ・ミラー (1886 - 1931)
両親 父:サミュエル・オグデン・エジソン・ジュニア
母:ナンシー・マシューズ・エリオット
子供 チャールズ
セオドア
業績
成果 電気器具の改良・発明、およびそれの普及に必要な電力産業の事業化
署名
テンプレートを表示

トーマス・アルバ・エジソン英語: Thomas Alva Edison, IPA: [ˈtɑməs ˈælvə ˈedəs(ə)n][注 1], 1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国発明家起業家

日本では長らく「エジソン」という表記が定着していたが、近年は "di" という綴りを意識して「エディソン」「エディスン」と表記する場合もある。

概略[編集]

傑出した発明家として知られている。生涯におよそ1,300もの発明を行った人物であり、また人々の生活を一変させるような重要な発明をいくつも行ったことで知られている。例えば蓄音器白熱電球活動写真である[1][注 2][注 3]

また、電球などの家電だけでなく、発電から送電までを含む電力(電力システム)の事業化に成功したことが最も大きな功績、ともされる。

またエジソンはEdison General Electric Company エジソン・ゼネラル・エレクトリック会社の設立者で、J・Pモルガンから巨額の出資・援助をしてもらい、その指揮下で電力システムの開発・普及に努力したわけであるが、この会社は、現ゼネラル・エレクトリック社 (GE社、世界有数の巨大企業) の前身となった会社である。

エジソンは「努力の人」「非常な努力家[1]」「不屈の人」などとして知られている。幼いころから正規の教育を受けられないという困難に見舞われたが、図書館などで独学した[1]。新聞の売り子(販売員)として働くことでわずかなお金をコツコツと貯め自分の実験室を作った逸話などでも知られている[1]。16歳ころには電信技士として働くようになり、さまざまな土地を放浪しつつも、自力で様々な科学雑誌を読破して学び続けた[1]耳が不自由になったにもかかわらず、それに負けず、努力を積み重ね成功したことでも知られている。[注 4][注 5][注 6]

エジソンは成功した人物として知られているが、その一方で、それと同じくらい、あるいはそれ以上に数々の失敗・敗北を経験したことでも知られている。大きな失敗・敗北としては、自分が選択・採用した直流送電にこだわるあまりに交流送電の優位を受け入れられず、交流を採用したニコラ・テスラおよびウェスティングハウスとの間で電流戦争に陥り、結局、敗北してしまったことが知られている。また、飛行機(厳密にはヘリコプター)を作ることを考えながらも安全面の問題から断念せざるを得ず、ライト兄弟に先を越されたという失敗もある。 ニコラ・テスラやウェスティングハウスとの戦いでは、「交流電流は危険」とのイメージを人々に持たせるために様々な汚い宣伝工作等々を行ったことなどの汚点でも知られている[注 7] 。(またジョルジュ・メリエスの傑作『月世界旅行』を公開前に無断で複製しアメリカ中の映画館に売りつけ巨額の富を得たという事実も存在する。[E 1])その後の発電所に納入する発電機をめぐる戦いでも敗北してしまったため、Edison General Electric Companyに出資し株の過半を持ち実質上のオーナーとなっていたJ・Pモルガンから見切られ、エジソンはもともとは自分が設立した同社の社長の座を失い、会社とは無関係とされ、社名から自分の名前も消されるという屈辱も味わった。

異名

エジソンは様々な異名を持っている。しばしば「発明王」と呼ばれている。また研究所が置かれたメンロパーク英語版(メンロー・パークとも表記)にちなんで「The Wizard of Menlo Park  (メンロパークの魔術師)」 とも呼ばれた。リュミエール兄弟と並んで「映画」とも言われている。このほか、自らの発明の権利を守るため訴訟を厭わなかったことから「訴訟王」の異名も持つ[注 8]

生涯[編集]

出生[編集]

1847年2月11日オハイオ州ミランで父サミュエル・オグデンJr.(1804年8月16日 - 1896年オランダ系)と母ナンシー・エリオット(1810年1月4日 - 1871年スコットランド系)の間に生まれた[注 9]。 トーマスは彼らの7人の子供の末っ子(7番目の子供)で、トーマス・アルバが7歳の時に家族はミシガン州ポートヒューロンに移った。 幼少期の通称は「アル」であった。

少年時代[編集]

少年期のトーマス

少年時代のトーマスは、異常なほどの知りたがり屋であった。小学校に入学するも、教師と馬が合わずわずか3ヶ月で中退した。当時の逸話としては、算数の授業中には「1+1=2」と教えられても鵜呑みにすることができず、「1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なの?」と質問したり、英語の授業中にも、「A(エー)はどうしてP(ピー)と呼ばないの?」と質問するといった具合で、授業中には事あるごとに「Why? (なぜ?)」を連発して、先生を困らせていたという。

その様な好奇心は学校内に止まらず、ガチョウの卵を自分で孵化させようとして、卵を抱き抱えてガチョウ小屋の中に何時間も座り込んだり、「なぜ物は燃えるのか」を知りたいと思い立ち、を燃やしていたところ、自宅の納屋を全焼させるなどの事件を起こしたこともあった。これらが重なった挙句、最終的には担任の先生から「君の頭は腐っている」と吐き捨てられ、校長からも「他の生徒たちの迷惑になる」と言われ、前述の通り入学からわずか3ヶ月で退学することとなった(当時はまだ義務教育の制度が確立しておらず、家庭の事情などで小学校へ行かない子供もさほど珍しくなかった)。

学校教育に馴染めなかったトーマスは、自宅で独学することになった[1][注 10] [注 11]。トーマスが特に興味を示したのは、化学の実験であった。

化学実験に没頭した少年時代、人間が空を飛べるようになる薬を作ろうと試み、ヘリウムガスをヒントにして薬を自作し、友人に飲ませた。エジソンの目論見としては、その薬を飲むと体内でガスが発生し、その浮力で人間が浮き上がるはずだったが、実際には薬を飲んだ友人が腹痛を起こしてもがき苦しみ、大騒ぎになった。普段はエジソンの行為に理解を示していた母親も、この件に関しては激怒し、人体実験を行う事を厳しく戒めたという。(エジソンはその後も人間が空を飛ぶという夢を追求したが、後述の通り、またもや人命に関わる問題で挫折する事となる。) 少年時代のエジソンは持ち前の好奇心が高じて、自らの手で新聞を作り、列車の中で売って評判になった事があった。しかし、ある人物を皮肉った内容の記事を新聞に載せたところ、これを見て怒った本人から暴行を受け、これに懲りてエジソンは新聞作りをやめたという。 15歳の時に、働いていた鉄道の駅で、まだ幼い駅長の息子が汽車にひかれそうになったのを助けた事があった。エジソンはそのお礼として、駅長から電信の技術を教えてもらい、後に彼が技術者としての人生を歩み始めるきっかけを与えてもらったという。

「発明王」へ[編集]

このような少年時代を送ったが、その後母親も手伝って発明を複数行った、という。

17歳の頃のエジソンはカナダの駅で夜間電信係として働いていたが、「何事もなければ、一晩中1時間おきに勤務に就いていることを示す信号を送るだけ」という退屈な仕事に飽きてしまい、時計を使って電信機が自動で電信を送る機械を発明した。電信を機械に任せて自分は寝ていたところ、それまでと違って全く誤差なく正確に1時間おきに電信が届くようになった事を不思議に思い様子を見に来た上司に「お前が寝ていたら定時に連絡する意味がないだろう」と怒られた。これがエジソンの最初の発明だった。

エジソンは1868年、21歳の時に初めて特許を取得した。それは電気投票記録機に関するもので、議会における賛成票と反対票の数を押しボタンで瞬時に集計し、投票にかかる時間を大幅に短縮できる画期的な発明となる筈だった。だが、実際には「少数派の議員による牛歩戦術ができなくなる」という理由で全く採用されなかった。エジソンはこの苦い経験を通して、いくら立派な発明でも人々が喜んでくれなければ何の意味もない事を痛感し、その後は周囲の人々の意見や要望をよく聞いてから発明に取り組むようになったという。

その翌年の1869年、エジソンが22歳の時に特許を取得した株式相場表示機は業界から大いに歓迎され、その特許権を譲ってもらいたいという申し出があった。最初、エジソン自身は5000ドルほどで特許権を売るつもりであったが、実際には4万ドル(現在の日本円だと約2億円相当)で買い取られ、エジソンは当初の予想より8倍も高い金額を提示されて、心臓が止まるかと思うほど驚いたという。こうしてエジソンは発明家としての人生を本格的に歩んでゆくことになった。

自身が開発した初期の蓄音機とともに。1878年、エジソン31歳
トーマス・エジソン(1878年)

1877年蓄音機の実用化(商品化)で名声を獲得。ニュージャージー州にメンロパーク研究室を設立し、集まった人材を発明集団として機能させるべく、マネジメント面で辣腕を振るった。後年の伝記ではこれを「天才の集合」 (Collective Genius) と呼んでいる。

研究所で電話蓄音器(つまり録音・再生装置)、電気鉄道、鉱石分離装置、電灯照明などを矢継ぎ早に商品化した。なかでも注力したのは白熱電球であり、数多い先行の白熱電球を実用的に改良した。彼は白熱電球の名称をゾロアスター教の光と英知の神、アフラ・マズダーから引用し、「マズダ」と名付けている[2]。この特許の有効性について訴訟が起こり、裁判特許(番号223, 898)が有効と判定されるまでに時間がかかった。一方で白熱電球の売り込みのための合弁会社を成立。直流電力を供給するシステムを確立させる。

1887年にウェストオレンジ研究室に移る。ここでは動画撮影機"キネトグラフ"を発明した、と言われている。が、実は部下のウィリアム・ディックソンの発明である。

晩年[編集]

ゴールデンロッド(goldenrod 和名:セイタカアワダチソウ)からゴムを取るのに成功したとも言われている。

鉱山経営などにも手を出すが失敗。高齢となって会社経営からは身を引くが、研究所に篭り死者との交信の実験(霊界との通信機の研究)を続ける。1914年12月に研究所が火事で全焼し約200万ドルの損害を蒙ったが、臆せずその後も死者との交信についての研究を続けた。

1931年10月18日、84歳でその生涯を終えた。[E 2]

家族と友人[編集]

生涯に2度結婚している。1871年12月25日に、自社の子会社の従業員であった16歳のメアリー・スティルウェルと最初の結婚をした[3]。メアリーとの間には1873年にマリオン・エステル・エジソン、1876年にトーマス・アルバ・エジソン・ジュニア[4]、1878年にウィリアム・レスリー・エジソンの3人の子供が生まれたが、多忙だったエジソンがあまり家に寄り付かなかったこともあってメアリーは引きこもりがちになり、次第に体調を崩していって1884年8月9日に29歳でこの世を去った[5]

妻、ミナ(1906年)

メアリーの死後、エジソンは同じく富裕な発明家・実業家であったルイス・ミラーの娘である20歳のミナ・ミラーと1886年2月24日にオハイオ州アクロンで結婚した。マイナとの間には、1888年にマドレーン・エジソン、1890年にはエジソン死後にエジソンの事業を引き継ぐとともに政治家となってニュージャージー州知事やアメリカ海軍長官代行を務めたチャールズ・エジソン1898年には父同様、発明家・環境活動家となったセオドア・エジソンの3人の子供をもうけている。ミナはエジソンとの死別したのち、1947年に82歳で亡くなった[6]

自動車王のヘンリー・フォードとは生涯の友人であった。この二人がはじめて会ったのは1896年のことであり、当時はフォードはエジソン電灯会社の社員であった。フォードが発明したばかりのガソリン自動車の説明をすると、エジソンはテーブルを拳で叩いて喜び、フォードを励ました[7]。その後、1912年にフォードがエジソンに業務提携を持ちかけ、提携自体は上手くいかなかったものの友情は続いた。フォードは1967年、エジソンは1969年に、それぞれ自動車殿堂入りをしている。

発明とその裏側[編集]

トーマス・エジソンと初期の蓄音器
エジソンが吹き込んだ『メリーさんのひつじ

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
1879年にメンロパークでのデモンストレーションで使われた電球
復元されたメンロパークの研究所(フォード博物館内)。ただし、本物のメンロパーク研究所は散らかっていたらしい。[E 3]

エジソンの功績はたぐいまれなものがあるが、改良発明も多く、盗作疑惑のあるものや、誹謗中傷を受けたものも多い。これは彼自身の性格に起因する面がある一方、エジソンの遺産相続の紛糾に起因する面もある。

発明の中には、エジソンがゼロから思い付いたものなのか、他人のアイデアを改良したものであるのかが、すでに分からなくなってしまっているものもある。アメリカの発明家チャールズ・ケタリングの「成功の99パーセントは、いままでの失敗の上に築かれる」という言葉から分かるように、エジソンの発明の「本当に最初の」発明者を決めるのは困難である。

電話機の発明はアメリカ大陸における電信事業を独占していたウエスタンユニオンに依頼されて着手。その結果、電話に関する特許を得たグラハム・ベルとその後援者たちと対立するに至る。送話器(マイクロフォン)において、ベルの電磁石を利用したダイナミックマイクに代わって炭素粒を用いたカーボンマイクを採用し、また誘導コイルにより送話距離を伸ばしたのはエジソンの功績である。長距離で利用するためには、リー・ド・フォレストが原型を発明した「三極真空管」製品化まで待たなければならなかったが、「エジソン効果」がなければ真空管の発明が遅れたであろうことは言うまでもない。エジソンは、ベルが電話機の発明者とされるのは最後まで納得がいかなかったとされる。

一方で無線機の発明については、あっさりとグリエルモ・マルコーニに手柄を譲っている。この点は輸出も狙っていたエジソンは上流階級出身者でイギリスヨーロッパの官庁に強いコネクションを持つマルコーニと正面からけんかをしたくなかったとも、元々アマチュアで変調などについても知識の浅いマルコーニを敵とすら見ていなかったともされている。そもそも電波については、ジェームズ・クラーク・マクスウェルが予言しハインリヒ・ヘルツが実証した時点で世界中で開発ブームとなったことから、順番争いよりも関連特許取得の競争が重要であった。この点はマルコーニもエジソンもどちらも資本家であることから認識を同じくして、どちら側も買収戦争に参加している。

一般には「白熱電球の発明者はエジソンである」という説が広まっているが、実際に白熱電球を発明したのはジョゼフ・スワンである。エジソンはフィラメント京都を使った功績だけを主張。竹は後にタングステンに取って代わられる。エジソンは「電球の発明者」ではなく、電球を改良して「電灯の事業化に成功した人」と言うべきだろう。エジソンは配電システムを構築し、トースターや電気アイロンなどの電気製品を発明した。このために広く家庭に電気が普及したのである。

映画の発明においてはリュミエール兄弟オーギュスタン・ルプランスに遅れをとるも、ジョージ・イーストマンの協力により、セルロイド製の長尺フィルムを手に入れることにより巻き返す。エジソンとエジソンの研究所のスタッフが規格化デファクトスタンダード)した35mmフィルムスプロケットの規格は現在でも使われている。この点はGEの資本力が映画業界にも及んでいたことの証明でもある。

オカルト研究[編集]

エジソンには超自然的、オカルト的なものに魅せられていたという一面もあった。ブラヴァツキー夫人バート・リーズ降霊術を信じていて、ブラヴァツキー夫人の開く神智学会に出席したこともある。また、来世を信じ、後半生は死者と交信する電信装置 (Spirit Phone) を研究していた。ただし、あくまでエジソンは合理主義者を自負しており、1920年代を通じて常に自由思想家協会を支持していた[注 12]

エジソンは、「人間のエネルギーである」と考え、「宇宙のエネルギーの一部である」と考えていた。「エネルギーは不変なので、魂というエネルギーは人間の死後も存在し、このエネルギーの蓄積こそが記憶なのだ」と考えていた。エジソンの言によれば、自分の頭で発明をしたのではなく、自分自身は自然界のメッセージの受信機で、「宇宙という大きな存在からメッセージを受け取ってそれを記録することで発明としていたに過ぎない」のだという。

エピソード[編集]

  • 発明の為の研究に関しては昼も夜も関係なく、時間を忘れて没頭した。普段の睡眠時間も30分ほどの仮眠を1日数回、合計3時間ほどしか取らず、ほぼ24時間体制と言ってよいスケジュールで仕事を続けていた為、「エジソンの研究所の時計には針がない」とまでうわさされた程であった。彼は後年、「私の若い頃には、1日8時間労働などというものはなかった。私が仕事を1日8時間に限っていたら、成功はおぼつかなかったはずだ」と語っている。彼は84歳で死んだが、80歳を過ぎてもなお「私にはまだやらなければならない仕事がある。少なくともあと15年は働かなければならない」と言いながら1日16時間のペースで仕事を続けていた。
  • ひとつの物事に熱中すると、他の事は完全に忘れてしまうことがたびたびあった。彼が考え事をしていた時、話しかけてきた妻に「君はだれだっけ?」と質問し、妻を怒らせたことがあったという。
  • エジソンの助手の一人が電球の容積を算出するために複雑な計算に取り組んでいた時、エジソンは「私なら電球に水を入れて容積を量るよ」と言った。エジソンが学校などで教わる常識の枠にとらわれず、物事を柔軟に思考する実践派の研究者であった事を示すエピソードである。
  • 耳が遠かったと言われている。その要因は幼少期に患った猩紅熱の後遺症で中耳炎を発症したためであると考えられている。エジソン自身はある時期まで、聴力障害の原因はミシガン州で列車の車内販売をしていたころ、有蓋車の中に設けた化学実験室での実験中に火事を起こし、乗務員に殴られたことが原因であるとみなしていた。晩年になって、販売員時代にホームから列車に乗るのが間に合わず、走る列車から乗務員が手を伸ばし、エジソンの両耳を引っ張って乗せてくれたがこの時耳の中で何かが切れたような様子があったため(エジソンが両手に荷物を持っていたため、手を引っ張れなかった)であるという話に説明を改変している。彼は耳が遠かったので、電話の発明では受話器の性能を重視していたという話もあり、受話器を現在の形に改良したのはエジソンによるものとされる。
  • 大勢の前で演説をする事が苦手で、公の場で演説を求められても極力断っていた。エジソンが晩年にどうしても公の場で演説をしなければならなくなった時、彼は「皆さん、今日はよくおいで下さいました」とだけ言ってすぐに演壇から下りてしまった。この時、エジソンに演説を依頼した関係者達は唖然としていたが、その場に集まっていた大勢の聴衆はエジソンに割れんばかりの拍手を送ったという。
  • またあまり知られていないが、後年は糖尿病を患っていたという説もあるが、発明に明け暮れ特に合併症なども起こさず生涯を全うしたとされる。
  • 電流戦争での敗北の原因(というより交流を否定した原因)は、エジソンが微分積分などの高等数学(交流の仕組みを理解するためには必須)を理解できなかったからだと言われている。これはエジソンが高等教育を受けていなかったためと思われる。同じことは投機での失敗にも現れている。
  • 英単語の "HELLO" を発明したのはエジソンだという説がエジソン信奉者によって唱えられたことがあったが、これより以前のマーク・トウェインの作品で既にこの語が用いられている。 "HELLO" は19世紀前半に使われるようになったが、電話の挨拶に頻繁に使われるようになり、1883年には辞書に載った。

名言[編集]

  • エジソンのGenius is one percent inspiration, 99 percent perspiration. という発言がよく知られている。
一般に日本語では「天才は1%のひらめきと99%の」 と翻訳され、努力の重要性を物語る発言として広く知られているが、エジソンの熱心なファンである浜田和幸の説によると、この表現の本当の意味は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」とした[8]。だが、エジソンは様々なインタビューにおいて努力こそがひらめきに必要なものであり、努力が最も重要であるという趣旨の発言を多くしている[9]。また当の発言はエジソンの死後1932年に発表されたものであり、全く同じ発言をしたという明確な証拠はない[10]。現代アメリカでも「天才には努力が必要」の意味で用いられている。
  • Just because something doesn't do what you planned it to do doesn't mean it's useless.
何かが君の考えたとおりに運ばなかったからといって、それが役立たずだという意味にはならない。[注 13]

後世の評価、称賛、記念 等[編集]

  • エジソンプロジェクトという、エジソンが残した500万枚以上のメモや記録を整理、分析するという計画がアメリカで進行しているが、全貌の解明には至っていない。
  • 彼の数々の発明品の中で商業的に成り立つものは大量生産され、我々を大量生産、大量消費の時代へと導いた。それらの製品は現在、栃木県壬生町にあるバンダイミュージアムに収蔵されており、往時を偲ぶことが出来る。
  • アメリカ国内の電力・配電会社の社名でエジソンの名前を冠しているところは少なくない。コンソリデイテッド・エジソン(ニューヨーク)、サザンカルフォルニア・エジソン(ロサンゼルス)、コモンウエルズ・エジソン(シカゴ)などが挙げられる。
  • エジソンはフィクションの世界でも英雄として描かれた。1886年にヴィリエ・ド・リラダンに書かれた『未来のイヴ』 (L'Ève future) においては女性型アンドロイドを制作している。1898年にギャレット・P・サービスより書かれたSF小説『エジソンの火星征服』 (Edison's Conquest of Mars) は、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』の後日談で、エジソンをはじめとした人々が協力して火星に攻め込む話であった。
  • 白熱電球の改良に使用した竹の産地である、京都男山石清水八幡宮境内に彼の記念碑がある。電気・電波・コンピュータの守護神として崇敬を集めている電電宮がある京都嵐山法輪寺にも記念碑がある。またこれが縁で石清水八幡宮がある京都府八幡市はエジソンの生誕地であるミランと友好都市の提携をしている[11]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トーマスではなくトマス・エジソンと表記することも多い。
  2. ^ ただし、厳密に言えば、白熱電球に関して言えば、エジソンは数万もの試行を計画・指揮・実行することで実用化に成功した人物なのであって、白熱電球の原理は一応エジソン以前にすでに知られておりエジソンの独創というわけではない。
  3. ^ 当時、人々は電球も電線も発電所もない状態で生活しており、たとえば米国では夜間の明りと言えば灯油ランプを用いていた。それがエジソンが実用化した白熱電球によって、人々が夜間に明りを得る方法が一変することになったのである。
  4. ^ エジソンは聴力に障害があったが、彼自身はこの障害を苦にしていた様子はなく、逆に「周りの雑音に悩まされず研究に集中できるから、かえって好都合だ」と語っていたという。晩年にエジソンの研究所が火事にあって全焼してしまった時、エジソンは既に67歳の高齢であったが、それでも彼は少しも落胆した様子を見せず、「これでむだな物はすっかりなくなった。これからまた新たな気持ちで新たな研究を始められる」と言ったという。
  5. ^ エジソンは(その発明の独創性については論議の分かれるところであるが)いかなる困難も苦痛だと思わない強靭な精神力と不屈の信念の持ち主であった事に関しては異論の余地がない。彼が数千種類の実験材料を使って数千回の実験を行い、その全てが失敗に終わっても、彼はこれを決して無駄とは見なさず、「実験の成果はあった。これら数千種類の材料が全て役に立たないという事が分かったのだから」と語っていたという。因みにエジソンが生涯で最も手間と費用をかけた発明は自動車用のアルカリ蓄電池で、エジソンはこれを完成させるまでに5万回を超える実験を繰り返したと語っている。
  6. ^ 「いかなる困難や障害も恐れない不屈の信念で発明に取り組んだ」と言われるようなエジソンであったが、その彼が研究をあきらめた発明の1つにヘリコプターがある。エジソンが1880年代に考案したヘリコプターは、火薬の燃焼によってエンジンを動かし、プロペラを回転させて空を飛ぶしくみであったが、実験の最中に彼が試作した火薬エンジンが爆発事故を起こしてしまった。幸い死傷者は出なかったが、さすがのエジソンも人命に関わる危険な実験をそれ以上続けるわけにはいかず、彼は不本意ながらヘリコプターの開発を断念する事となった。それはライト兄弟が史上初の動力飛行機を完成させる13年前のことであった。
  7. ^ 送電方法について、交流を推進するニコラ・テスラおよびウェスティングハウス・エレクトリック社と対立し、劣勢に立たされ追い込まれたエジソンは、相手の足をひっぱるために一種のネガティブ・キャンペーンを行うことを画策。人々に「交流は危険」との印象を持たせることで、直流になびかせようとしたのである。ニューヨーク市が絞首刑に代わる死刑執行方法を募集しているのを知ると、交流電流でそれを行うことで交流の評判を悪くすることを思いつき、交流発電機を使った感電動物実験を重ね、電気椅子を発明し市に提案、その電源に交流が採用されるように画策したのである。その結果、実際に、史上初めて電気椅子による死刑が執行され、そのニュースが新聞で広く報道された。だが、影響はエジソンの目論見どおりにはゆかず、人々の意識に残ったイメージというのは、エジソンが意図していたような「交流は怖い」というイメージではなく、もっとも強烈に残ったのは「電気での処刑という残虐行為を首謀した恐ろしい人物はエジソンだ」というイメージであった。エジソンは自分の名・評判を汚してしまい、またその背後にいる出資者のJ.P.モーガンまで評判を落としかねない事態となった。また、人々の間におきた反応は、せいぜい「電気はすべて怖い」(交流であれ直流であれ怖い。灯油の代わりに電気を使うのは止め、灯油に戻ろうか)という反応であり、電気全体に対するネガティブキャンペーンになってしまった。
  8. ^ エジソンは自分の発明の利益を守ることに非常に熱心であり、そのための訴訟をいとわなかった。そのため、彼の生涯は「1%のひらめきと99%の訴訟」と評されることがある。
  9. ^ オランダ人系とスコットランド人系の両親から生まれたエジソンは従って、オランダ人系統(Category:オランダ系アメリカ人)と考えられている。メキシコでは「エジソンはメキシコ人だ」という言い伝えがある[要出典]が、「彼のミドルネームがアルバ (Alva) という事から誤解が生じたものであり、この言い伝えは信憑性に欠ける[要出典]」という。アルバというミドルネームは彼らの家族の友人である Captain Bradley に由来する[要出典]
  10. ^ 「学校だけではなく、父親からも見放されたトーマスは、基本的な勉強は小学校の教師であった母親に教わった」などと、日本の子供向けの伝記には書かれているらしい。だが、「母親が元教師であった」というのは、「登校拒否児が偉人では都合が悪い」と見なす文部省の意向により日本の伝記作家創作した設定であるとも言われている。エジソンの母親は10代で結婚しており、教師になるには師範学校に通っていなければならないうえに、元教師であれば教員として職歴があるはずなので、10代で結婚していたら辻褄が合わないことになる。
  11. ^ 「母親は教育熱心だったらしく、元々好奇心が旺盛だったトーマスに対して、家の地下室に様々な化学薬品を揃え[要出典]」、トーマス自身もその地下室で科学実験に没頭していたという。
  12. ^ 「自由思想家」という概念については、kotobank 自由思想家なども参照可。
  13. ^ こうした概念や考え方は近年では「セレンディピティ」と表現されることもある。
関連エピソード
  1. ^ ハリウッドが生まれる前のアメリカ映画では、エジソンの会社がアメリカ東部においては映画業界を独占していて、他社の映画製作をマフィアを使うなどして妨害したり、電流戦争ではテスラへの妨害工作をしたりしていた。
  2. ^ エジソンの葬儀が催された1931年10月21日、全米ではエジソンの功績を讃え、彼の死を弔うため午後10時から1分間電灯が消された。しかし、その情報がしっかりと行き渡っておらず、突然の停電にパニックになった地域もあった(出典:『トリビアの泉へぇ〜の本 (12)』 2005年)
  3. ^ エジソンの晩年、自動車王のヘンリー・フォードがエジソンを驚かせようとして、エジソンのメンロパーク時代の研究所を忠実に再現した建物を造った。これを見たエジソンは、「99.5%は完璧に再現してある。しかし、私は研究所の中をこんなに綺麗にはしていなかった。それが0.5%の間違いだ」と笑いながら言ったという。
  4. ^ エジソンが蓄音機を発明して評判になっていた頃、研究所にジョン・ヴィンセント主教という牧師が現れた。彼は「機械がしゃべるわけがない。腹話術師でも隠れているのだろうから、いかさまを暴いてやる」と、聖書に登場する難しい人名を立て続けに並べた早口言葉を蓄音機に向かって喋った。しかし、少しの間違いもなく完璧に返答されたので、彼は仰天すると同時にすっかり感心し、エジソンに向かって「あなたに神からの祝福があるように」と言って帰って行ったという。[要出典]
出典
  1. ^ a b c d e f ブリタニカ百科事典【エジソン】
  2. ^ ターベル (1975)
  3. ^ Mary Stilwell Edison
  4. ^ [1]
  5. ^ p193「エジソン 20世紀を発明した男」ニール・ボールドウィン著 椿正晴訳 三田出版会 1997年4月15日第1刷
  6. ^ p555「エジソン 20世紀を発明した男」ニール・ボールドウィン著 椿正晴訳 三田出版会 1997年4月15日第1刷
  7. ^ 「人物アメリカ史(下)」ロデリック・ナッシュ、グレゴリー・グレイヴズ著 足立康訳 講談社学術文庫 2007年9月10日第1刷
  8. ^ 浜田 (2000)
  9. ^ Genius Is One Percent Inspiration, Ninety-Nine Percent Perspiration. (Quote Investigator)
  10. ^ 1932 September, Harper's Magazine, Volume 165, Edison in His Laboratory by M. A. Rosanoff, Start Page 402, Quote Page 406, Column 2, Harper & Brothers, New York.
  11. ^ 友好都市 マイラン村 ※八幡市のサイトでは「マイラン」と表記

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]