マーク・トウェイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・トウェイン
MarkTwain.LOC.jpg
ペンネーム マーク・トウェイン
誕生 サミュエル・ラングホーン・クレメンズ
1835年11月30日
ミズーリ州フロリダ
死没 1910年4月21日(満74歳没)
コネチカット州レディング
職業 作家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル フィクション歴史小説児童文学ノンフィクション紀行文学風刺エッセイ文芸評論
代表作 ハックルベリー・フィンの冒険』、『トム・ソーヤーの冒険
配偶者 オリヴィア・ランドン・クレメンス
1870年 - 1904年
子供 4人
サイン Mark Twain Signatures-2.svg
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
マーク・トウェイン (1909年)

マーク・トウェインMark Twain, 1835年11月30日 - 1910年4月21日)、本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズSamuel Langhorne Clemens)は、アメリカ合衆国作家小説家ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。

ウィリアム・フォークナーは、トウェインが「最初の真のアメリカ人作家であり、我々の全ては彼の相続人である」と記した。アーネスト・ヘミングウェイは『アフリカの緑の丘』において、「あらゆる現代アメリカ文学は、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィン』と呼ばれる一冊に由来する」と述べた。

ペンネーム[編集]

印刷工時代の新聞投稿文のペンネームは「トマス・ジェファソン・スノッドグラス」。

「マーク・トウェイン」は、川を蒸気船が航行する際の測深手の水先人への合図“by the mark, twain”(2ファゾム:約3.6m。日本語では「水深二」と訳されている)から採った(これは蒸気船が座礁せず安全に通航できる限界の浅さ)。1863年2月3日ネバダ州バージニア市のTerritorial Enterprise紙から使用している。

来歴[編集]

ミズーリ州フロリダで判事の父ジョン・クレメンズ(John Marshall Clemens)と母ジェーン・クレメンズ(Jane Lampton Clemens)との間に、6人兄弟の5番目として1835年11月30日に生まれた。この年ハレー彗星が観測されたが、トウェインは後年『自分はハレー彗星とともに地球にやってきたので、ハレー彗星と共に去っていくだろう』と周囲の人間に吹聴していた。その通りにハレー彗星が現れた日に亡くなった。クレメンズ家は、17世紀半ばにアメリカ合衆国バージニア州に移民した旧家であったが、破産し経済的にめぐまれなかった。家伝によると先祖はチャールズ1世判事グラム伯爵だという。

  • 長男:オライオン(Orion Clemens, 1825年 - 1897年)
  • 次男:プリザント(Pleasant Clemens, 1828/9年 - 没年不明)
  • 長女:マーガレット(Margaret Clemens, 1830年 - 1839年)
  • 三男:ベンジャミン(Benjamin Clemens, 1832年 - 1842年)
  • 四男:サミュエル
  • 五男:ヘンリー(Henry Clemens, 1838年 - 1858年)
マーク・トウェイン 15歳

彼が4歳の時、一家は出生地から50km程離れたミシシッピ川沿いの町、ミズーリ州ハンニバルに転居した。ここは当時舟運で栄え、ニューオーリンズセントルイスからは人が日夜途絶えることがなかった。後にこの町とそこの住人が、トウェインの最も有名な作品(『トム・ソーヤーの冒険』、『ハックルベリー・フィンの冒険』など)に現れた人物と場所のモデルとなった。

クレメンズ家は、テネシー州にいた頃から奴隷を所有していたが、1820年のミズーリ妥協のために、奴隷を彼らの新居に伴うことができた。トウェインにとって女中のジェニーは第二の母親であり、奴隷の子供たちは遊び友達であった。ハックルベリー・フィンと逃亡奴隷のジムの描写は、こうした人間関係に由来している[1]

父は多くの負債を残して1847年に死去した。長男のオリオンはすぐに新聞の出版を始め、サミュエルはその手伝いに2年間にわたって従事している。オリオンの新聞で最も活発な論争の的になった記事のいくつかは、弟のサミュエルの手によるものであるが、オリオンが町を離れているときに書かれたものであった。

サミュエルは蒸気船で働いた後、17歳の時に印刷工として働くため、故郷を後にセントルイスへ移った。1857年に蒸気船の水先人見習、1858年には水先人の資格を取得した。1858年6月、セントルイスとニューオーリンズを35日で往復する蒸気船ペンシルヴァニア号が爆発事故を起こした際、この船に乗船する予定であったマーク・トゥエインは急遽他の船での仕事に就いており助かったが、この事故に事務員として乗船していた弟のヘンリーが巻き込まれ、ヘンリーは死亡した[2]

南北戦争が始まると舟運の激減のために水先人を失業し、アメリカ連合国軍に志願。少尉として従軍するも、『マーク・トウェイン自伝』(勝浦吉雄訳、筑摩書房)によれば、疲労による戦闘不能で除隊(1940年1月下院では脱走とされる)。

後に記者としていくつかの新聞社で働いている。

なお『あしながおじさん』で知られる作家ジーン・ウェブスターは、トウェインの姪の娘に当たる。

ヘンリー・H・ロジャーズとの友情[編集]

博物館[編集]

作品一覧[編集]

ジェームズ・キャロル・ベックウィズによる肖像画
1940年のアメリカの切手
  • 全作品の訳書は、『マーク・トウェイン コレクション』(全26冊、彩流社)。

小説[編集]

  • 金ぴか時代』(チャールズ・ウォーナーとの共著), 1873年
  • トム・ソーヤーの冒険"The Adventures of Tom Sawyer", 1876年
  • 王子と乞食"The Prince and the Pauper", 1881年
  • ハックルベリー・フィンの冒険"Adventures of Huckleberry Finn", 1885年
  • アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー"A Connecticut Yankee in King Arthur's Court", 1889年
  • 『ノータリン・ウィルソンの悲劇』"The tragedy of Pudd'nhead Wilson", 1894年
    • 中篇で、野崎孝訳が中央公論社「世界の文学53 イギリス名作集 アメリカ名作集」に所収。
  • 『ジャンヌ・ダルクについての個人的回想』"Personal Recollections of Joan of Arc", 1895年
    • ジャンヌ・ダルクの幼馴染にして、小姓兼秘書として仲間とともにフランス軍に従軍した男ルイス・コントが、シャルル7世によるやり直し裁判において、生き証人として彼女の思い出を語る形式で、「パラディン」と皮肉をこめて呼ばれていた臆病者が、ジャンヌに感化され勇敢に戦死するエピソードなど、ユーモアを交えながら悲劇的な結末を描く。
      1895年月刊誌≪ハーパーズ≫4月号に匿名で連載開始、翌1896年4月号まで掲載後匿名で出版された。作中のジャンヌのモデルは、1896年に24歳の若さで死去した長女であるとされる。訳書は「マーク・トウェインのジャンヌ・ダルク」(大久保博訳、角川書店)。
  • 『トム・ソーヤーの探偵』"Tom Sawyer, Detective", 1896年
  • 『ハドリバーグを堕落させた男』"The Man That Corrupted Hadleyburg", 1900年
  • 『アダムとイヴの日記』"Extracts from Adam's Diary", 1904年
  • 不思議な少年"The Mysterious Stranger", 1916年

エッセイ・旅行記[編集]

  • 『旅人トウェインのアメリカ』"The Innocents Abroad", 1869年
  • 『西部放浪記』"Roughing It", 1872年
  • 『ミシシッピの生活』"Life on the Mississippi", 1874年
  • 『ヨーロッパ放浪記』"A Tramp Abroad", 1880年
  • 『アメリカの爵位権主張者』"The American Claimant", 1892年
  • 『赤道に沿って』"Following the Equator", 1897年
  • 『人間とは何か?』"What is Man?", 1906年
  • 『シェイクスピアは死んでいるか?』, 1906年
    パイロット時代の船長がウィリアム・シェイクスピアフランシス・ベーコン説であったことに影響され、シェイクスピア反ストラトフォード説になった。
  • 『リンチ合衆国』"The United States of Lyncherdom", 1923年

マーク・トウェインが登場するフィクション作品[編集]

  • 『マーク・トゥエインの大冒険/トム・ソーヤーとハックルベリーの不思議な旅』(別名:アドベンチャー・オブ・マークトゥエイン 1985年) - ウィル・ヴィントン監督によるクレイ・アニメーション映画。トウェインが、トム・ソーヤーとハックルベリー・フィンとともに、気球に乗って天国を目指す。映画中のトウェインのセリフはすべて、生前の彼の発言もしくは作品中の言葉から取られている。
  • 新スタートレック 第125話タイム・スリップ・エイリアン』 - 米テレビドラマ。時代は24世紀。宇宙船エンタープライズ号の艦長ジャン=リュック・ピカードをはじめとした個性あふれるキャラクター達の未知の世界への冒険、探求を描いた作品。第125話「タイム・スリップ・エイリアン」では、ピカード達が19世紀のアメリカを舞台に怪現象の謎に挑む。その中で、クレメンスの名前で登場するマーク・トウェインと出会う。
  • リバーワールド』アメリカの作家フィリップ・ホセ・ファーマーのSF小説シリーズ。地球での死者が全員蘇っている謎の世界「リバーワールド」に、本名の「サミュエル・クレメンズ」名で登場。河の源にある「霧の塔」を目指して河川蒸気船「貸しません号」を率いて旅をする。
  • 愛の若草物語』TVアニメ。アニメオリジナルのエピソードとしてマーク・トウェインのデビュー作とも言える短編小説『ジム・スマイリーと彼のだいじな跳び蛙』に言及する話がある。
  • 『南軍騎兵大尉ジョン・カーター』吉岡平による小説。エドガー・ライス・バローズのSF冒険小説『火星のプリンセス』の主人公ジョン・カーターの同時代人、同じ南軍兵士としてサミュエル・クレメンズが登場する。
  • カムイの剣』矢野徹作の冒険時代劇小説、キャプテンキッドの財宝を探し、酒場サンタ・カタリナに現れた次郎に興味を持ち、示唆を与える。続編では国際的な政商となった次郎と再会する。

その他[編集]

  • 弟のヘンリーが爆発事故で死ぬ数週間前、ヘンリーの死体が柩に横たわる夢を見ていた[3]
  • 死亡から7年後の1917年、エミリー・グラント・ハッチングズという女性がマーク・トウェインの霊と交信し『ジャップ・ヘロン』という氏の新作小説を口述筆記したとして本を出版した[4]

脚注[編集]

  1. ^ ナッシュp.178-179
  2. ^ ナッシュp.181
  3. ^ 文藝春秋 リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』255ページ マーク・トウェインは兄の死体が柩に横たわる夢を見、その数週間後に兄が爆発事故で死亡した。
  4. ^ 文藝春秋 リチャード・ワイズマン『超常現象の科学』160ページ カランの親しい友人で、マーク・トウェインの霊と交信したと主張するエミリー・グラント・ハッチングズの、奇妙な事件をご紹介しよう。ハッチングズは一九一七年に、この大作家みずからが口述で彼女に書き取らせたという小説『ジャップ・ヘロン』を発表した。(中略)マーク・トウェインが現世にいたころ、その作品の出版権を取得したハーパー&ブラザーズ社は、『ジャップ・ヘロン』のお粗末な内容が、自社出版物の売上げにマイナス影響をあたえたとして、訴訟を起こした。彼らは自分たちの証拠の一部として、来世についてきわめて懐疑的であったトウェインが、霊媒を介して文章を書き取らせたりするはずがないと主張した。

参考文献[編集]

  • ロデリック・ナッシュ 『人物アメリカ史(上)』 足立康訳、新潮社〈新潮選書〉、1989年4月。ISBN 4-10-600358-9

関連文献[編集]

  • 有馬容子 『マーク・トウェインコレクション20 マーク・トウェイン新研究』 彩流社、2002年。ISBN 4882025434
  • 飯塚英一 『旅行記作家マーク・トウェイン 知られざる旅と投機の日々』 彩流社、2005年。 ISBN 4-7791-1136-6
  • 石原剛 『マーク・トウェインと日本 変貌するアメリカの象徴』 彩流社、2008年。ISBN 4779113342
  • 亀井俊介 『亀井俊介の仕事 4 マーク・トウェインの世界』 南雲堂、1995年。ISBN 4523292299
  • 辻和彦 『その後のハックルベリー・フィン―マーク・トウェインと十九世紀アメリカ社会』 渓水社、2001年。ISBN 4874406513
  • 中川慶子、宮本光子訳 『マーク・トウェインのラブレター』 彩流社、1999年。ISBN 4882025825
  • 永原誠 『マーク・トウェインを読む』 山口書店、1999年。ISBN 4841108394
  • 那須頼雅 『「大愚」の遍歴―マーク・トウェイン論究』 篠崎書林、1978年。ASIN B000J8KGE8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]