ウェスティングハウス・エレクトリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェスティングハウス・エレクトリックWestinghouse ElectricWEC)は、1886年から1999年まで存在したアメリカ合衆国総合電機メーカー

正式社名は数度変更されたが、1945年から1997年まではWestinghouse Electric Corporation(ウェスティングハウス・エレクトリック社)で、略称はWEC。歴史的な経緯からGEのライバル企業として見なされていたが、1997年にCBSコーポレーションと名を変え、1999年にバイアコムによって買収され消滅した。

概略[編集]

19世紀後半、エジソンと同時代の発明家、ジョージ・ウェスティングハウスがその発明を事業化したのが始まり。創業期においてウィリアム・スタンリーニコラ・テスラら天才的な技術者を多数擁し、交流発送電による電力事業を開拓、その技術を確立した。また主要な陸上交通であった鉄道の動力装置や、自動空気ブレーキシステム等、基礎となる安全技術の発展に貢献した。放送の黎明期においても、主要都市にラジオ・テレビ局を次々と開局。CBSを買収した当時、ウェスティングハウスが保有していたテレビ局が5局あったが、CBSの加盟局でなかった3つの都市のテレビ局はネットチェンジが行われた末、CBSの直営局となっている[1]。また、自らテレビ番組の製作部門も持っていた。

以来、電気、機械関係を中心に軍事用・民生用の双方で多岐に渡る事業を展開。1950年代以降は加圧水型原子炉(PWR)の開発・製造で独占的地位を占めた。

しかし、1980年代頃からそれまでの中心事業の売却や分離が相次ぐようになる。1997年には放送以外の大半の事業を売却し、社名も伝統的なウェスティングハウスからCBSコーポレーションへ変更した。1998年には最後に残っていた製造部門である原子力部門も英国核燃料会社 (BNFL)社に売却した。

そして最終的に1999年、CBSコーポレーション本体もバイアコムによって買収され、1886年に創業したアメリカの歴史的企業はその幕を閉じた。

現存する同名企業[編集]

ウェスティングハウス・エレクトリック・コーポレーション英語版ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーの2社は旧ウェスティングハウス・エレクトリックの流れを汲み、現在も同名で商売を行っている。

ウェスティングハウス・エレクトリック・コーポレーション英語版(旧WECと同社名)はCBSコーポレーションが1998年に新設した子会社で、「ウェスティングハウス」の商標ブランドの管理をおこなっている。現在はCBSコーポレーション(旧バイアコム。旧WECの同名会社とは別会社)の傘下にあり、この会社からのライセンスにより、ウェスティングハウス・ブランドの液晶テレビなどの製品が販売されている。

ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー(現ウェスティングハウス・エレクトリック社)はCBSコーポレーションが1998年に売却した、旧WECの原子力部門で英国核燃料会社(BNFL)を経て、2006年からは東芝グループとなっている。多国籍企業として原子力関連事業を運営している。

沿革[編集]

1880年代、1890年代(創業期)[編集]

  • 1886年、発明家のジョージ・ウェスティングハウスにより、ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー(Westinghouse Electric Company )として創業する[2]。最初の特許申請は「発電のシステム」だった[3]
  • 1888年、ジョージ・ウェスティングハウスはニコラ・テスラから多相交流システムと誘導モーターの特許を取得した。
  • 1889年、社名をウェスティングハウス・エレクトリック&マニュファクチャリング・カンパニー(Westinghouse Electric & Manufacturing Company )に変更。
  • 1890年、最初の長距離送電線を導入。ウィラメット滝からオレゴン州ポートランドまでの14マイルをカバーした。
  • 1891年、世界初の商業用交流発電システム(エームズ水力発電プラント)を建設。高圧送電線で、カリフォルニアのポモナ、サンアントニオキャニオン、サンバーナーディーノを繋ぐ。
  • 1893年シカゴ万国博覧会を50万個のライトでライトアップし、二相交流発電機や配電システムを展示。送電方法に関するゼネラル・エレクトリック社との争いに勝利。
  • 1894年、実用的多相誘導モーターを初めて導入した。
  • 1895年、ニューヨーク州バッファローへの電力供給用に、ナイアガラ滝に水力交流発電機を設置。
  • 1899年、ブリティッシュ・ウェスティングハウス・エレクトリック&マニュファクチャリング・カンパニー(British Westinghouse|British Westinghouse Electric and Manufacturing Company )を設立。

1900年代〜1920年代(事業拡大・変革期)[編集]

  • 1900年、ハートフォード電灯社のために蒸気タービン発電機を製造。既に50000人近くを雇用する企業となっていた。
  • 1901年コネチカット州ブリッジポートのブライアント・エレクトリック・カンパニーを買収(ブライアント・エレクトリック・カンパニーは子会社として存続)。
  • 1904年、東ピッツバーグ研究所に6人からなる工業研究部門を設立。
  • 1906年、正式に研究部門を設立。
  • 1909年、初のタングステン・フィラメント電球を発売。
  • 1910年、ジョージ・ウェスティングハウスが会社を引退。
  • 1911年、米海軍ネプチューン英語版の電力を供給する歯車伝動蒸気タービン駆動装置を導入。
  • 1914年ミシガン州フリントのコープマン電気ストーブ株式会社をロイド・グロフ・コープマンより買収、同社をオハイオ州マンスフィールドに移転し、家庭機器市場へ参入(その後、1974年にホワイト社に売却)。
  • 1914年、ジョージ・ウェスティングハウスが死去、生涯に361の特許を取り、60の企業を設立した。
  • 1915年、ニューイングランド・ウェスティングハウス・カンパニー(New England Westinghouse Company )を設立。最初の製品としてモシン・ナガン・ライフル銃をロシア帝国軍に供給する。
  • 1915年、米国企業としてはじめて全社員対象の年金制度を確立する。
  • 1916年、英国の持ち株会社とブリティッシュ・ウェスティングハウスを共同出資。同社はメトロポリタン・ビッカーズ(Metropolitan-Vickers )となる。
  • 1919年、初のアメリカ製ディーゼルエレクトリック船舶推進装置を製造。
  • 1920年、世界初の民間ラジオ放送局「KDKA」をピッツバーグペンシルベニア州)に開局し、放送事業を開始する。
  • 1923年三菱電機と提携する。(1941年に太平洋戦争が勃発したため、解消する。)
  • 1926年、グリッドグロー管を開発。
  • 1928年、テレビジョン撮像管「アイコノスコープ」の元となったものを発売(⇒ウラジミール・ツヴォルキン)。

1930年代、1940年代[編集]

1950年代〜1970年代[編集]

1980年代[編集]

  • 1981年、ケーブルテレビ事業者のテレプロンプターを買収(1986年に売却)。
  • 1982年、ロボットメーカーのユニメーションを買収。
  • 1982年、街灯事業をクーパーライティング社に売却。
  • 1984年、オフショア・パワー・システムズが事業を行わないまま解体。
  • 1988年、エレベーター/エスカレーター事業をシンドラーグループに売却。
  • 1988年、創業期の工場であったイーストピッツバーグプラントを閉鎖。
  • 1989年、スイスのアセア・ブラウン・ボベリ変電配電部門を買収。

1990年代(終焉期)[編集]

  • 1994年、電力事業と管理ビジネス部門をイートン・コーポレーションに10億ドルで売却。
  • 199x年 情報通信・電話サービス販売事業をウェスティングハウス・コミュニケーション(Westinghouse Communications )として分離
  • 1995年、放送会社(局)「CBS」を54億ドルで買収する。その他の事業の売却をはじめた。
  • 1996年インフィニティ・ブロードキャスティング英語版を購入、防衛エレクトロニクス事業を売却。
  • 1996年、防衛産業部門のウェスティングハウス・エレクトロニック・システムズをノースロップ・グラマンに30億ドルで売却。同部門はノースロップ・グラマン・エレクトロニック・システムとなる。
  • 1997年、原子力以外の発電部門をシーメンスに売却、2005年まではシーメンス・ウェスティングハウス発電英語版として運用された。
  • 1997年、社名をCBSコーポレーションに変更。歴史的な総合電機メーカーとしてのウェスティングハウス・エレクトリックに幕が降りる。
  • 1998年、最後まで残っていた商業用原子力部門を英国核燃料会社(BNFL)に売却[4]
  • 1998年、CBSコーポレーションは子会社としてウェスティングハウス・エレクトリック・コーポレーション英語版を設置し、ウェスティングハウス商標の管理事業を開始。現ウェスティングハウス・エレクトリック・コーポレーションは一般にはウェスティングハウス・ライセンシング・コーポレーションとして知られている。
  • 1999年バイアコムに吸収合併される。バイアコム社内で、旧ウェスティングハウスの事業は商標管理以外は全て閉鎖。
  • 2006年、バイアコムは2社に分割され、旧バイアコムがCBSコーポレーションに改称、非放送部門を新生バイアコムとし、商標会社ウェスティングハウス・エレクトリック・コーポレーションはCBSコーポレーション傘下に残る。

ウェスティングハウス・ブランドのライセンス[編集]

1886年に設立されたオリジナルの総合電機メーカーは買収により消滅しているものの、現在、ウェスティングハウスのブランド名で数多くの製品が販売されている。これらは1998年CBSコーポレーション時代にその子会社として設立された、新しいウェスティングハウス・エレクトリックが、他の製造業者に対してブランド名をライセンスしたものである。現在は現CBSコーポレーション傘下の「ウェスティングハウス・ライセンシング・コーポレーション(Westinghouse Licensing Corporation )」がブランド管理会社として運営されている。

いくつかの製品は、旧来のウェスティングハウス・エレクトリックで手がけていた分野のものある。しかし、現在は旧来のような製造業としてのウェスティングハウス・エレクトリックが存在していないため、ウェスティングハウス・エレクトリックが製造したものでないのはもちろんのこと、現在のブランド管理会社のウェスティングハウス・ライセンシング・コーポレーションで積極的に品質管理を行っているものでもない。

現在のライセンシー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時、保有していたテレビ局があった都市は、ボストン(WBZ)、フィラデルフィア(KYW)、ボルティモア(WJZ)、ピッツバーグ(KDKA)、サンフランシスコ(KPIX)の五都市。ピッツバーグとサンフランシスコはCBSの加盟局だった一方、ボストンとフィラデルフィアはNBC、ボルティモアはABCの加盟局であった。フィラデルフィアにおいては、ネットチェンジの相手のテレビ局(WCAU)がCBSの直営局であったため、互いのテレビ局の所有権もトレードされることとなった。同時にNBCからCBSへデンバー(KCNC)とソルトレイクシティ(KUTV)の2つのテレビ局が譲渡されたが、これはフィラデルフィアでのテレビ局のトレードが成立した場合、NBC自身が所有する放送局の可聴人口がFCCが定める制限に抵触するため行われたものである。
  2. ^ Steam Hammer, Westinghouse Works, 1904” (1904年5月). 2013年7月28日閲覧。
  3. ^ "Westinghouse Corporate History Timeline", 2009-2-05.
  4. ^ なお2006年にBNFLから東芝に売却され、東芝傘下のグループ会社であるウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーWestinghouse Electric Company )として存続している。