猩紅熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

猩紅熱(しょうこうねつ、: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、法定伝染病として届け出が必要な猩紅熱と診断せず、一般的な溶連菌感染症として診断・治療を行うことがほとんどである。 なお、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなっている。

概要[編集]

A群β溶血性連鎖球菌による病気。2-10歳の小児に多く発病する。主に飛沫感染。中耳炎腎炎リウマチ熱などと合併して発症する事がある。3-5日ほどで、回復に向かう。

症状[編集]

苺舌の一例

発熱、頭痛、咽頭痛、四肢痛、悪寒、紅色の小さな発疹が全身にできる。舌が腫れ、「いちご舌」となる事がある。

治療法[編集]

ペニシリンなどの化学療法。

関連項目[編集]