マック・セネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mack Sennett
マック・セネット
マック・セネット
1916年(明治43年)、30歳。
本名 Michael Sinnott
生年月日 1880年1月17日
没年月日 1960年11月5日(満80歳没)
出生地 カナダの旗 カナダ ケベック州リッチモンド
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルスウッドランドヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画プロデューサー映画監督脚本家俳優
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1908年 - 1949年
活動内容 1908年 俳優として映画デビュー
1910年 監督デビュー
1911年 映画をプロデュースする
1912年 キーストン・ピクチャーズ・スタジオ設立
1917年 マック・セネット・コメディーズ設立

マック・セネットMack Sennett, 1880年1月17日 - 1960年11月5日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサー映画監督脚本家俳優である。生涯に700本以上をプロデュースし、350本以上に出演し、300本以上を監督し、100本近い脚本を書いた。チャールズ・チャップリンを初めて映画に出したプロデューサーであり、「喜劇王」として知られる。

人物・来歴[編集]

1880年(明治13年)1月17日、カナダのケベック州リッチモンドにアイルランド移民の子として生まれる。

家族とともにアメリカに移住した17歳のころから、コネチカット州の製鉄所に勤めていたが、1902年(明治35年)、ニューヨークに出て、舞台に職を求めた。1908年(明治41年)にはアメリカン・ミュートスコープ・アンド・バイオグラフサイレントの短篇映画に初めて出演する。デビュー作では、当時俳優でのちの映画監督のD・W・グリフィスと共演している。グリフィスはやがて監督になり、セネットはメーベル・ノーマンドメアリー・ピックフォードと共演することになる。同社は翌1909年(明治42年)からバイオグラフ・カンパニーと改称し、1910年(明治43年)には、セネットは監督としてデビューした。

1912年(大正元年)、映画会社キーストン・ピクチャーズ・スタジオを設立する。所属する俳優のハンク・マンが考案した警察ギャグ集団「キーストン・コップス」が人気を博す。翌年、チャップリンとロスコー・アーバックルが同社に入社する。

1915年(大正4年)、グリフィス、トーマス・インスとともに、映画会社トライアングル・フィルム・コーポレーションを設立した。1917年(大正6年)、キーストンを去り、映画会社マック・セネット・コメディーズを設立する。「海水着美人」を売り出し、名を馳せる。そのころセネットはパラマウント映画にいたが、キーストンは1935年(昭和10年)に倒産した。

1960年(昭和35年)11月5日、カリフォルニア州ロサンゼルスのウッドランドヒルズで死去した。満80歳没。映画における功績により、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム(6712 Hollywood Blvd.)に名を残す。

エピソード[編集]

フランスの喜劇映画俳優・監督ジャック・タチが1958年、『ぼくの伯父さん』でアカデミー賞(外国語映画賞)を受賞して訪米する時、映画会社の人間が「ジェリー・ルイス(当時人気絶頂) とお会いになるおつもりがあるならば、セットしますよ。」と言った。彼は答えて、「ジェリー・ルイスと会う必要は感じません。もし会えるなら私はむしろ、マック・セネットと会いたいです。」 と答えた。当時、養老院で最晩年を送っていたセネットはこれを聞いて大いに喜び、ジャックが深く愛したサイレント喜劇映画時代の仲間を呼び集め、ジャックを迎えて親しく歓談したという。 そのメンバーとは、無声喜劇映画の巨星たち、すなわちバスター・キートンハロルド・ロイド、そしてスタン・ローレルオリヴァー・ハーディは前年に死去。)であった。

おもなフィルモグラフィ[編集]

「海水着美人」たち。
「海水着美人」たち。

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]