ジャン=クロード・カリエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=クロード・カリエール
Jean-Claude Carrière
ジャン=クロード・カリエールJean-Claude Carrière
生年月日 1931年9月17日(83歳)
出生地 エロー県ベジエ
国籍 フランスの旗 フランス

ジャン=クロード・カリエールJean-Claude Carrière1931年9月17日 - )は、フランス脚本家俳優

来歴・人物[編集]

フランス、エロー県ベジエ生まれ。

大学在学中に作家を志し、ジャック・タチ監督の作品、『ぼくの伯父さんの休暇』のノベライゼーション(小柳帝訳、中公文庫、2008年)を執筆。

両書のイラストを描いた、タチの助監督でもあるピエール・エテックスと意気投合し、大学を中退し、1961年、エテックスと共同で脚本を執筆し、エテックスが監督した短編映画『Rupture(破壊)』で脚本家デビュー。続いて、『女はコワイです』(1962年)そして『ヨーヨー』(1964年)と、カリエールの監督作で共同脚本を行う。

1963年には、ルイス・ブニュエル監督と出会い、没するまでの約20年間に、『小間使の日記』の脚本を始め、ブニュエルの後期傑作群『昼顔』、『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』、『欲望のあいまいな対象』などの脚本を手がける。

他に、ルイ・マルの『ビバ!マリア』、フォルカー・シュレンドルフの『ブリキの太鼓』、アンジェイ・ワイダの『ダントン』、大島渚の『マックス、モン・アムール』、フィリップ・カウフマンの『存在の耐えられない軽さ』、ジャン=ポール・ラプノーの『シラノ・ド・ベルジュラック』などの100本以上の脚本を執筆。

また、イギリスの演出家、ピーター・ブルックのために30年間にわたって、舞台台本を執筆。インドの長大な叙事詩マハーバーラタ』を脚色し、9時間上演版を作った事も著名(笈田勝弘・木下長宏共訳、白水社、1987年)。

2007年にはコペンハーゲン国際映画祭において、生涯功労賞を授与された。2014年、アカデミー名誉賞を受賞。

他の日本語訳書に近年は、イタリアの作家・哲学者のウンベルト・エーコと共著で『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』がある(工藤妙子訳、阪急コミュニケーションズ, 2010年12月)。

外部リンク[編集]