カーク・ダグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーク・ダグラス
Kirk Douglas
Kirk Douglas
1950年頃
本名 Kirk Douglas
(出生名:Izzy Demsky)
別名義 Issur Danielovitch
生年月日 1916年12月9日(98歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優 映画製作者
活動期間 1942年 -
配偶者 元妻:ダイアナ・ダグラス
著名な家族 長男:マイケル・ダグラス
次男:ジョエル・ダグラス
三男:ピーター・ダグラス
四男:エリック・ダグラス
主な作品
ファイナル・カウントダウン
スパルタカス
突撃
OK牧場の決斗

カーク・ダグラスKirk Douglas, 1916年12月9日 -)は、アメリカ合衆国俳優映画プロデューサー

来歴[編集]

生い立ち[編集]

帝政ロシア(現ベラルーシ共和国ホメリからの移民[1][2]、ダニエロヴィッチ夫妻の子としてニューヨーク州アムステルダムに生まれた。 夫妻は先に渡米していた兄が身元引受人となって移住した際にその兄に倣って”デムスキー”という苗字を名乗っており[3]、カークも”イジー・デムスキー”として育つ。貧民街に暮らし、家計を助けるために少年時代は新聞配達から露天商、庭師など多くの職を転々としつつ、学業に勤しんだ。 学費を借金で賄いセントローレンス大学へ進み、その返済のために件のアルバイト生活の他にボクシングの試合に臨み、ファイトマネーを稼いだりしたこともある。

高校の時に、自分の夢は役者になることだということを改めて認識し、その夢を叶えるべくアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツへ入学し、その才能を開花させ、特別奨学生ともなった。ローレン・バコールはこの時の同窓生。1941年に徴兵されそのまま第二次世界大戦中は海軍に従軍したが1944年に負傷のため除隊している。徴兵時に戸籍上の本名を「カーク・ダグラス」と改めた[4]

キャリア[編集]

1941年、卒業公演として行われた『春よ再び』(原題:Spring Again)で歌うメッセンジャーボーイを演じブロードウェイ・デビューを果たした。

除隊後、ニューヨークでラジオドラマを中心とする仕事に就き、舞台へも出演していたが、ローレン・バコールに薦められて1946年、映画『呪いの血(原題:en:The Strange Love of Martha Ivers)』で銀幕のデビューを果たす。このことが転機となり、1949年にブロードウェイでもチェーホフの『三人姉妹』でアンドレイ役での出演を果たしたが、ダグラスはその活躍の場をハリウッドへ移す。 後年の硬派なイメージは8本目の出演作品『チャンピオン』以降であり、当初は内向的な性格俳優というようなイメージが強い。 『チャンピオン』はアカデミー編集賞とゴールデングローブ撮影賞を受賞し、カーク本人もアカデミー主演男優賞にノミネートされた。そして、西部劇映画『死の砂塵:(原題::en:Along the Great Divide)』へ出演しスターダムへと登りつめた。
その後、1955年には母の名に因んだ独立プロダクション『ブライナカンパニー』を興し、1960年には自らが主演・製作総指揮を執って製作費1200万ドルの大作『スパルタクス』をプロデュース。
シリアスな役柄が似合うイメージの傍ら、『海底二万哩』で見せた軽妙な演技や創世記のテレビ番組『ジャック・ベニーショー』でのミュージカルパフォーマンス等、多彩なタレント性を持つ。
1973年には西部劇映画『明日なき追撃』でメガホンを執りつつ主演をこなしたが、西部劇自体の衰退期にあったこともあって大きな評価は得られなかった。また、同年にはテレビミュージカル版『ジキルとハイド』(作曲:ライオネル・バート)にも主演している。
2009年3月、カークは自伝的ワンマンショー『備忘録』(原題:Before I Forget )をカリフォルニア州、カリバーシティのセンターシアターで演じ、この映像記録は2001年1月に公開されている。
2011年1月現在、マイスペースにブログ[1]を掲載する最高齢のハリウッドスターであり、健脚で、2010年秋にも息子のマイケル・ダグラスをアン夫人と見舞う姿を、パパラッチに撮影されている。 2011年2月、第83回アカデミー賞授賞式で助演女優賞のプレゼンターとしてコダックシアターの舞台に立った。

私生活[編集]

ロナルド・レーガン元米大統領と共に
1987年

1943年11月2日、アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ時代の同級生で女優のダイアナ・ダグラス[5]と結婚し、二人の息子をもうけた。長男は俳優のマイケル、次男は映画『コカイン・ブルース』等のプロデューサー、ジョエル・ダグラス[6]。ダイアナは1951年の離婚後も女優活動を続け、ベン・ケーシーわんぱくフリッパー等のTV番組で活躍している。

1954年5月29日、カークはアン・バイデンスと結婚、再び二人の息子をもうけた。映画『フレッチ/殺人方程式』 のプロデューサー、ピーター・ヴィンセント・ダグラス[7]とTVドラマシリーズ『たどりつけばアラスカ』等に出演していた俳優のエリック・ダグラス[8]だが、エリックは、薬物過量摂取による入院や、飛行機内での揉め事による逮捕を繰り返し、2004年に自宅のアパートで死体で発見された[9][10][11]

2011年撮影

1991年にヘリコプターでの事故に出逢ったことがきっかけで、自らの人生を振り返りながらユダヤ主義についての思索を深めるようになった。 1996年に、脳梗塞を患い言語症が残ったものの、2006年、卒寿の祝賀会には出席し元気な姿を見せている。 1993年、ユダヤ教の慣習に倣い、83歳で二度目のバル・ミツワーを斎った。

日本との関わり[編集]

1960年 (昭和35年)、ブライナカンパニーの代表として、すでにアメリカに名を轟かせていた日本の特撮監督円谷英二に長編アニメーション映画の制作を依頼すべく東宝に打診するも、東宝側の判断で成立しなかった。カークは、当時『海底二万哩』への出演を通じて良好な関係にあったウォルト・ディズニーをバックに円谷本人へも直接打診したが、人的資源の確保や財務面から条件が折り合わず頓挫している[12]

1960年代に夫人と来日し、その模様は『週刊平凡』に掲載された[13]。 1966年、FNS系列の番組『スター千一夜』に水野晴夫とのインタビューに応える形で出演し、その後1975年から1980年まで、味の素ゼネラルフーヅのコーヒー《マキシム》のCMキャラクターに起用されている。
また、1966年の大映映画『大魔神』のキャラクター《武神像》の顎に割れ目があるのはカーク・ダグラスの表情からインスパイアされたとされている[14]

日本語吹き替えは、ほとんどの作品で宮部昭夫が担当している。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1946 呪いの血
The Strange Love of Martha Ivers
ウォルター・オニール
1947 過去を逃れて
Out of the Past
ウィット
1948 暗黒街の復讐
I Walk Alone
ディンク・ターナー
1949 三人の妻への手紙
A Letter to Three Wives
ジョージ・フィップス
チャンピオン
Champion
ミッジ
情熱の狂想曲
Young Man with a Horn
リック・マーティン
1950 ガラスの動物園
The Glass Menagerie
ジム・オコナー
1951 死の砂塵
Along the Great Divide
レン・メリック
地獄の英雄
Ace in the Hole
チャック・テイタム
探偵物語
Detective Story
ジム・マクラウド刑事
1952 ザ・ビッグ・ツリー
The Big Trees
ジム・ファロン
果てしなき蒼空
The Big Sky
ジム・ディーキンス
悪人と美女
The Bad and the Beautiful
ジョナサン
1953 三つの恋の物語
The Story of Three Loves
ピエール
想い出
Un acte d'amour
ロバート・テラー
1954 ユリシーズ
Ulisse
ユリシーズ
海底二万哩
20000 Leagues Under the Sea
ネッド・ランド
スピードに命を賭ける男
The Racers
ジーノ
1955 星のない男
Man Without a Star
デンプシー・レイ
赤い砦
The Indian Fighter
ジョニー・ホークス
1956 炎の人ゴッホ
Lust for Life
ヴィンセント・ファン・ゴッホ ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞
1957 将軍ベッドに死す
Top Secret Affair
メルヴィル・A・グッドウィン
OK牧場の決斗
Gunfight at the O.K. Corral
ドク・ホリデイ
突撃
Paths of Glory
ダックス大佐 兼製作総指揮
バイキング
The Vikings
Einar
1959 ガンヒルの決斗
Last Train from Gun Hill
マット・モーガン
悪魔の弟子
The Devil's Disciple
リチャード
1960 逢う時はいつも他人
Strangers When We Meet (film)|Strangers When We Meet
ラリー・コー 兼製作
スパルタカス
Spartacus
スパルタカス 兼製作総指揮
1961 非情の町
Town Without Pity
スティーヴ・ギャレット
ガン・ファイター
The Last Sunset
ブレンダン・オマリー
1962 脱獄
Lonely Are the Brave
ジャック・バーンズ
明日になれば他人
Two Weeks in Another Town
ジャック・アンドロス
1963 零(ゼロ)下の敵
The Hook
P・J・ブリスコー
秘密殺人計画書
The List of Adrian Messenger
恋のクレジット
For Love or Money
ドナルド
五月の七日間
Seven Days in May
ジグス・ケイシー
1965 危険な道
In Harm's Way
ポール・エディトン中佐
テレマークの要塞
The Heroes of Telemark
ロルフ・ペデルセン教授
巨大なる戦場
Cast a Giant Shadow
ミッキー・マーカス
1966 パリは燃えているか
Paris brule-t-il?
ジョージ・パットン
1967 大西部への道
The Way West
ウィリアム・J・タブロック
戦う幌馬車
The War Wagon
ロマックス
1968 ボディガード
A Lovely Way to Die
ジム・スカイラー
暗殺
The Brotherhood
フランク 兼製作
1969 アレンジメント/愛の旋律
The Arrangement
エディ・アンダーソン
1970 大脱獄
There Was a Crooked Man...
パリス・ピットマン・Jr
1971 カーク・ダグラスとユル・ブリンナーの 世界の果ての大冒険
The Light at the Edge of the World
ウィル・デントン 兼製作
雨のパスポート
To Catch a Spy
アンドレイ
1972 ザ・ビッグマン
Un Uomo da rispettare
スティーブ・ウォレス
1974 悪魔の生物教師
Mousey
ジョージ・アンダーソン テレビ映画
1975 明日なき追撃
Posse
ハワード・ナイチンゲール 兼監督・製作
いくたびか美しく燃え
Once Is Not Enough
マイク・ウェイン
1976 マネー・チェンジャース/銀行王国
Arthur Hailey's the Moneychangers
アレックス テレビ・ミニシリーズ
エンテベの勝利
Victory at Entebbe
ハーシェル・ヴィルノフスキー テレビ映画
1977 悪魔が最後にやってくる
Holocaust 2000
ロバート・ケイン
1978 フューリー
The Fury
ピーター
1980 スペース・サタン
Saturn 3
アダム
悪夢のファミリー
Home Movies
マエストロ
ファイナル・カウントダウン
The Final Countdown
マシュー・イーランド艦長
1982 スノーリバー/輝く大地の果てに
The Man from Snowy River
ハリソン
1983 愛に向って走れ
Eddie Macon's Run
バスター
1984 ザ・グレート・ファイター
Draw!
ハリー・ホランド テレビ映画
1986 タフガイ
Tough Guys
アーチー
1987 クィニー
Queenie
デヴィッド・コーニング テレビ映画
1991 オスカー
Oscar
エドゥアルド
1994 遺産相続は命がけ!?
Greedy
ジョーおじさん
1996 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
声の出演
2003 グロムバーグ家の人々
It Runs in the Family
ミッチェル・グロムバーグ

表彰[編集]

カークは過去、アカデミー主演男優賞に『チャンピオン』(1949)、『悪人と美女』(1952)、『炎の人ゴッホ』 (1956年)、3作品でノミートされたがいずれも受賞に至っていない。

また、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム、6263 Hollywood Blvdに星が埋め込まれ祀られており、2004年10月にはパームスプリングス国際映画祭がカーク・ダグラスに敬意を表して大通りに『Kirk Douglas Way』の名を冠した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Kirk Douglas returns to Judaism
  2. ^ Tugend, Tom (2006年12月12日). “Lucky number 90”. The Jerusalem Post. http://fr.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1164881875567&pagename=JPost/JPArticle/ShowFull 2006年12月12日閲覧。 
  3. ^ Douglas, Kirk. Let's Face It. John Wiley & Sons, 2007. ISBN 0-470-08469-3.
  4. ^ Douglas, Kirk (2007). Let's face it: 90 years of living, loving, and learning. John Wiley and Sons. pp. 3. ISBN 0-470-08469-3. 
  5. ^ Diana Douglas - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  6. ^ Joel Douglas - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  7. ^ Peter Douglas - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  8. ^ Eric Douglas - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  9. ^ “カーク・ダグラスの末息子、遺体で発見”. シネマトゥデイ. (2004年7月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0005054 2009年8月20日閲覧。 
  10. ^ Edemariam, Aida (2004年7月9日). “The lost son” (英語). guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/film/2004/jul/09/usa 2009年8月20日閲覧。 
  11. ^ “Kirk Douglas's youngest son dies” (英語). BBCニュース. (2004年7月7日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/3872439.stm 2009年8月20日閲覧。 
  12. ^ 鈴木和幸著『特撮の神様と呼ばれた男』アートン社刊
  13. ^ マガジンハウス刊「スタアの40年 平凡 週刊平凡 秘蔵写真集」にも写真掲載有。
  14. ^ 小野俊太郎著『大魔神の精神史』角川書店刊 角川oneテーマ21

参考文献[編集]

  • 金丸 美南子 訳 『カーク・ダグラス自伝―くず屋の息子〈上・下巻〉』 早川書房刊
  • カーク・ダグラス著『さぁ 見てくれ!(原題:Let's face it)』John Wiley & Sons社刊 邦訳版未刊行
  • スキップ・プレス著『マイケルとカーク(原題:Michael and Kirk Douglas)Silver Burdett Press刊』邦訳版未刊行

外部リンク[編集]