ジャック・カーディフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・カーディフ
Jack Cardiff
Jack Cardiff
2004年撮影
生年月日 1914年9月18日
没年月日 2009年4月22日(満94歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドグレート・ヤーマス
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 撮影監督映画監督

ジャック・カーディフ OBE, BSCJack Cardiff OBE, B.S.C., 1914年9月18日 - 2009年4月22日)は、アカデミー賞受賞のイギリス撮影監督映画監督写真家である。

カーディフの活動は、サイレント映画の時代から、テクニカラー、成功はしなかったが匂いの出るスメロヴィジョン(Smell-O-Vision)を経て、21世紀にまで及んでいる。その映画撮影技術は、マイケル・パウエルジョン・ヒューストンアルフレッド・ヒッチコックといった映画監督の作品で知られている。

長年の映画への功績に対して、2000年大英帝国勲章を叙勲、2001年にはアカデミー名誉賞が贈られた。

経歴[編集]

カーディフはノーフォークグレート・ヤーマスで生まれた。両親はミュージックホールエンターテイナーだった。子役としてミュージックホールやサイレント映画(『My Son, My Son』1918年、『Billy's Rose』1922年、『The Loves of Mary, Queen of Scots』1923年、『Tiptoes』1927年)に出演。15歳で撮影助手、カチンコ係、制作進行として、ヒッチコックの『スキン・ゲーム(The Skin Game)』(1931年)などのBritish International Pictures(後のAssociated British Picture Corporation)作品で働いた。

1935年、カーディフは撮影技師ならびに臨時の撮影監督に昇進し、主にロンドン・フィルム(London Films)で仕事をした。『暁の翼』(1937年)ではイギリスで初めてテクニカラーで撮影した。第二次世界大戦が始まると、広報映画の撮影監督を務めた。

カーディフのターニング・ポイントとなったのは、マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガーの『老兵は死なず(The Life and Death of Colonel Blimp)』(1943年)の第2班撮影監督をやったことである。パウエルたちはカーディフに感心し、戦後のテクニカラー映画の傑作『天国への階段』(1946年)の撮影監督にカーディフを起用した。パウエルたちとの関係は『黒水仙』(1947年)、『赤い靴』(1948年)と続き、『黒水仙』でカーディフはアカデミー賞ゴールデングローブ賞を受賞した。以降は大作映画の仕事が増えた。

1950年代後期から、カーディフは映画監督の仕事も始め、『Intent to Kill』(1958年)と『Web of Evidence』(1959年)がそこそこの成功を収めた。1960年代にはD.H.ローレンスの小説をトレヴァー・ハワード、ウェンディ・ヒラー(Wendy Hiller)、ディーン・ストックウェルの出演で映画化した『息子と恋人』がヒットした。この映画はアカデミー賞7部門にノミネートされ、フレディ・フランシスが白黒撮影賞を受賞した。カーディフはゴールデングローブ賞監督賞を受賞した。しかし『息子と恋人』が監督としての絶頂で、以降は奇妙な寄せ集めの映画を作り続けた。

1970年代・1980年代には撮影監督にも復帰した。

2009年4月22日、死去した。94歳没[1]

フィルモグラフィ[編集]

撮影[編集]

監督[編集]

参考文献[編集]

[編集]

外部リンク[編集]