ジェローム・ロビンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェローム・ロビンズ

ジェローム・ロビンズJerome Robbins, 本名: Jerome Wilson Rabinowitz, 1918年10月11日 - 1998年7月29日)はアメリカ合衆国のバレエ・ダンス振付家、演出家。映画監督。

1918年10月11日にニューヨークマンハッタンで生まれる。フレッド・アステアに憧れてダンサーを志し、アントニー・チューダーにダンスを、エリア・カザンに演劇を学ぶ。 1940年アメリカン・バレエ・シアターでソリストとして踊る。 1944年『ファンシー・フリー』(音楽レナード・バーンスタイン)で振付家としてデビューするや一躍脚光を浴びる。『ファンシー・フリー』は『オン・ザ・タウン』(1944年)としてミュージカル化、『踊る大紐育』(1949年)として映画化された。

1949年にニューヨーク・シティ・バレエ団(NYCB)の副バレエ・マスターに就任。『檻』(1951年)、『牧神の午後』(1953年)など多くの作品を振り付ける。同時にブロードウェイでも仕事をはじめ、『王様と私』(1951年)、『ウエスト・サイド・ストーリー』(1957年)、『屋根の上のバイオリン弾き』(1964年)など多くのヒット作品を手がけトニー賞を受賞している。1961年に『ウエスト・サイド・ストーリー』が映画化された際にはロバート・ワイズと共に監督を務め、アカデミー賞監督賞他9部門を受賞した。

ジョージ・バランシンの死後ピーター・マーティンズと共にNYCBのバレエ・マスターに就任(1983~1990年)。

1998年にニューヨークで死亡した。

代表作[編集]

(※作品はミュージカル)

  • 『ファンシー・フリー』(1944年)
  • 『檻』(1951年)
  • 王様と私』※(1951年)
  • 『牧神の午後』(1953年)
  • ピーター・パン』※(1954年)
  • 『コンサート』(1956年)
  • ウエスト・サイド・ストーリー』※(1957年)
  • 『ジプシー』※(1959年)
  • 屋根の上のバイオリン弾き』※(1964年)
  • 『ダンシズ・アット・ギャザリング』(1969年)
  • 『レクイエム・カルティクルス』(1972年)
  • 『ウォーターミル』(1972年)
  • 『アザー・ダンシズ』(1976年)
  • 『ジェローム・ロビンス・ブロードウェイ』※(1991年)