マイク・ニコルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ニコルズ
Mike Nichols
本名 Michael Igor Peschkowsky
生年月日 1931年11月6日(82歳)
出生地 ベルリン
配偶者 Patricia Scott (1957-1960)
Margo Callas (1963-1974)
Annabel Davis-Goff (1975-1986)ダイアン・ソーヤー (1988-)

マイク・ニコルズMike Nichols1931年11月6日 - )はアメリカ合衆国で活躍する映画監督舞台演出家。本名はMichael Igor Peschkowsky。出生地はドイツベルリン。父親はユダヤロシア人、母親はドイツ人。史上9人しかいないアカデミー賞トニー賞グラミー賞エミー賞の4賞受賞者である。

略歴[編集]

ナチス・ドイツのユダヤ人迫害により、1939年に家族でアメリカに移住[1]シカゴで医者になるため勉強していたが中退、オフ・ブロードウェイの舞台に出演するようになった。その後、演出も手がけるようになり、ブロードウェイで活躍した。トニー賞を7つ受賞している。

1966年に『バージニア・ウルフなんかこわくない』で映画監督としてデビュー。この作品はアメリカ映画における検閲制度であるヘイズ・コードが撤廃されるきっかけとなった。さらに翌年の『卒業』でアカデミー監督賞を受賞し、アメリカン・ニューシネマを代表する映画監督となった。

妻は『グッド・モーニング・アメリカ』(米・ABC)でアンカーを務め、現在は『ABCワールドニュース』(米・ABC)アンカーとしてアメリカを代表するニュースキャスターであるダイアン・ソイヤー

主な作品[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • Barefoot in the Park (1963)
  • Luv (1964)
  • おかしな二人 The Odd Couple (1965)
  • The Apple Tree (1966)
  • The Little Foxes (1967)
  • Plaza Suite (1968)
  • The Prisoner of Second Avenue (1971)
  • Uncle Vanya (1973)
  • Streamers (1976)
  • Comedians (1976)
  • Fools (1981)
  • The Real Thing (1984)
  • Hurlyburly (1984)
  • Whoopi Goldberg (1984)
  • Social Security (1986)
  • Death and the Maiden (1992)
  • The Seagull (2001)
  • スパマロット Spamalot (2005)


関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Mike Nichols’ life in the trenches By Glenn Kenny, LA Times, December 16, 2007, in print edition E-31.

外部リンク[編集]