コスタ=ガヴラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Costa-Gavras
コスタ=ガヴラス
コスタ=ガヴラス
本名 Konstantínos Gavrás
生年月日 1933年2月13日(81歳)
出生地 ギリシャの旗 ギリシャLoutra-Iraias
国籍 ギリシャの旗 ギリシャフランスの旗 フランス
職業 映画監督脚本家
配偶者 ミッシェル・レイ=ガヴラス
家族 ジュリー・ガヴラス(娘)
ロマン・ガヴラス(息子)

コスタ=ガヴラスCosta-Gavrasギリシャ語:Κωνσταντίνος Γαβράς、本名Konstantínos Gavrás1933年2月13日 - )は、ギリシャ出身でフランスで活動する映画監督脚本家である。パルム・ドール金熊賞の2つの最高賞を受賞している。政治的な内容の映画で有名。

娘は『ぜんぶ、フィデルのせい』で長編デビューした映画監督、ジュリー・ガヴラス。息子のロマン・ガヴラスも映画監督。

来歴・人物[編集]

1933年2月13日ギリシアLoutra-Iraiasで生まれる。第二次世界大戦中はペロポネソス半島で過ごし、終戦後はアテネで暮らす。ソルボンヌ大学で学んでいたが中退し、IDHEC高等映画学院)で映画を学んだ。1958年に25歳で習作短篇を撮ったのち、1960年からアンリ・ヴェルヌイユジャック・ドゥミルネ・クレマンジャック・ベッケルらの助監督を経験した。1965年セバスチアン・ジャプリゾの小説『寝台車の殺人者』を原作にした長篇劇映画『七人目に賭ける男』で、監督としてデビューした[1]

政治的な題材をサスペンスタッチに描く作風を特色とし、1969年監督作品『Z』がアカデミー外国語映画賞カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞。1972年『戒厳令』でルイ・デリュック賞を受賞。1982年、『ミッシング』でアカデミー脚色賞第35回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞。1990年、『ミュージック・ボックス』で第40回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。1998年、永年の業績に対し第5回ルネ・クレール賞を受賞した。

中でも、『Z』、『告白』、『戒厳令』は、彼の“三部作”といわれる(3作ともイヴ・モンタン主演)。

1982年から1987年まで、また2007年以降シネマテーク・フランセーズの理事長を務めている。

2009年アテネ新アクロポリス博物館の依頼を受け、来場者のための「パルテノン神殿の破壊の歴史」を描いた1分40分程度のフィルムを制作したが、その中のギリシャ正教徒が同神殿に梯子をかけて登り、彫刻を奪う場面が、ギリシャ正教会の圧力で削除された。彼はこの措置に「容認できない」と激しい抗議をしている[2]

主な監督作品[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]