リチャード・リンクレイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・リンクレイター
Richard Linklater
Richard Linklater
2014年サンダンス映画祭にて
本名 Richard Stuart Linklater
生年月日 1960年7月30日(54歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ヒューストン
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー
活動期間 1985年 - 活動中
配偶者 クリスティーナ・ハリソン

リチャード・リンクレイターRichard Linklater, 1960年7月30日 - )はアメリカ合衆国映画監督脚本家

経歴[編集]

テキサス州ヒューストン出身。サム・ヒューストン州立大学で学んだ。

1990年代にインディペンデント映画界から頭角を現した。1995年の『恋人までの距離』で、ベルリン国際映画祭監督賞を受賞。

作品の多くは1日の出来事を扱っており、ヒューストンを舞台にしていることが多い。インディペンデント映画とハリウッド映画(大手プロダクションのメジャー映画)の両方で監督を務めることができる器用な映画監督である。インディペンデントから完全にハリウッドに移行する映画監督が多い中、彼は両方を行き来することができる。

テープ』ではワンロケーションの人間ドラマを撮り、『ウェイキング・ライフ』では哲学的なアニメーションを撮り上げた。また『スクール・オブ・ロック』のようなファミリー向け作品も得意としている。

2014年の『6才のボクが、大人になるまで。』では、ベルリン国際映画祭の監督賞と第80回ニューヨーク映画批評家協会賞の監督賞を受賞した[1]

俳優のイーサン・ホークと仕事を共にすることが多い。

主なフィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]