スクール・オブ・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スクール・オブ・ロック
School of Rock
監督 リチャード・リンクレイター
脚本 マイク・ホワイト
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 スコット・アヴァーサノ
スティーヴ・ニコライデス
出演者 ジャック・ブラック
ジョーン・キューザック
音楽 クレイグ・ウェドレン
撮影 ロジェ・ストファーズ
編集 サンドラ・アデーア
配給 パラマウント・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年10月3日
日本の旗 2004年4月29日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $81,261,177[1]
世界の旗 $131,282,949[1]
テンプレートを表示

スクール・オブ・ロック』(School of Rock)は、2003年アメリカ映画リチャード・リンクレイター監督のコメディ

ネッド役のマイク・ホワイトジャック・ブラックの友人であり、彼のためにこの脚本を書いた。バンドメンバーの子供たちは本当のミュージシャンなので実際に演奏している。

あらすじ[編集]

ギタリストのデューイはロックを全身全霊で愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。家に戻れば、同居している友人ネッドとそのガールフレンドから家賃を払うように言われ、進退窮まってしまう。そんな時、ネッドあてに私立学校の臨時教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。

もともと仕事などする気のない彼だったが、厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、さらに担任したクラスの子供たちに音楽の才能があることも見つけ、子供たちとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。

そして、授業と称して子供たちにロックのあらゆることを教え始める。最初は困惑していた子供たちだったが、やがてデューイの陽気な人柄やロックの開放感、ありのままの自分を認めてくれるデューイに魅力を感じはじめ、一緒にバンドバトルを目指して猛練習を始める。

ロック[編集]

ジム・オルーク[編集]

ガスター・デル・ソルソニック・ユース、ソロ活動等で知られるミュージシャン、ジム・オルークが子役達の音楽コンサルタントを務めた。ジムの指導で、子役バンドは目覚ましく腕を上げ、主演のジャック・ブラックは「子役達はあっという間に上達して、僕よりうまくなってしまった」と語っている。

劇中バンドの演奏[編集]

デューイと生徒達のバンドSCHOOL OF ROCKは、劇中で映画用のオリジナル曲「School Of Rock」と、AC/DCのカヴァーを演奏。「School Of Rock」も、AC/DCからの影響を伺わせる。他にも、子役達がブラック・サバスディープ・パープルドアーズのフレーズをコピーしたり、アレサ・フランクリンを歌う場面もある。また、デューイをクビにしたバンドNO VACANCYも、劇中オリジナル曲を演奏した。こちらはLAメタル色が濃い音楽性。

教材[編集]

デューイは、生徒達の「宿題」と称し、様々なCDを聴かせる。ジミ・ヘンドリックスラッシュイエスピンク・フロイドブロンディ等。また、 アンガス・ヤングピート・タウンゼントの演奏シーンもビデオで登場する。

その他[編集]

劇中で流れる曲は、ザ・クラッシュクリームザ・フー、AC/DC、ラモーンズザ・ダークネスレッド・ツェッペリンスティーヴィー・ニックス等多数。また、キャストのやり取りの中に、モーターヘッドシーラ・E等の名前も登場。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
売れないロックンローラー
デューイ・フィン
ジャック・ブラック 江原正士
ホレス・グリーン学院の校長
ロザリー・マリンズ
ジョーン・キューザック 勝生真沙子
デューイの親友
ネッド・シュニーブリー
マイク・ホワイト 村治学
ネッドの恋人
パティ・ディ・マルコ
サラ・シルバーマン 高森奈緒
ベース
ケイティ
レベッカ・ブラウン
マネージャー
サマー・ハサウェイ
ミランダ・コスグローヴ 三浦智子
ギター
ザック・ムーニーハム
ジョーイ・ゲイドス・Jr 瀧本富士子
ドラム
フレディ・ジョーンズ
ケヴィン・クラーク 浅野まゆみ
キーボード
ローレンス
ロバート・ツァイ 宮島依里
バックコーラス
トミカ
マリアム・ハッサン
No Vacancyのボーカル
テオ
アダム・パスカル 高木渉
バックコーラス
アリシア
アリーシャ・アレン 永澤菜教

脚注[編集]

  1. ^ a b c School of Rock (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]