AC/DC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AC/DC
左からブライアン・ジョンソン,マルコム・ヤング,フィル・ラッド,アンガス・ヤング,クリフ・ウィリアムズ
基本情報
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ州
シドニー
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
ブルースロック
活動期間 1973年 - 現在
レーベル アルバート・レコード
アトランティック・レコード
アトコ・レコード
エレクトラ・レコード
イースト・ウエスト・レコード
EMI
エピック・レコード
公式サイト www.acdc.com
メンバー
アンガス・ヤング (リードギター)
マルコム・ヤング (リズムギター)
ブライアン・ジョンソン (ヴォーカル)
クリフ・ウィリアムズ (ベース)
フィル・ラッド (ドラムス)
旧メンバー
コリン・バージェス (ドラムス)
ラリー・ヴァン・クリート (ベース)
デイヴ・エヴァンス (ヴォーカル)
ピーター・クラック (ドラムス)
ロブ・ベイリー (ベース)
ボン・スコット (ヴォーカル)
マーク・エヴァンス (ベース)
サイモン・ライト (ドラムス)
クリス・スレイド (ドラムス)

{{{Influences}}}

AC/DC(エーシー・ディーシー)は、オーストラリアハードロックバンドアンガス・ヤングマルコム・ヤングのヤング兄弟を中心として、1973年12月にシドニーで結成された。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第72位。

バンド名の由来は、電化製品の裏側に書かれていた「AC/DC」により、ヤング兄弟の姉が大音量で演奏していた彼らを掃除機の喧しさに例えて名付けたものといわれる。地元オーストラリアでは、AC/DCは愛着を込めて「アッカ・ダッカ Acca Dacca」と呼ばれている。

「AC/DC」とは、本来「両用」の意であるが、バイセクシャルを表す隠語(日本語の両刀使いに近いニュアンス)でもあったため、バンド初期には勘違いしたゲイバーからの出演依頼がたびたびあった。

来歴[編集]

背景[編集]

スコットランドグラスゴーで生まれた、ジョージ、マルコム、アンガスのヤング兄弟が家族と共にオーストラリアのシドニーに移住したのは1963年のことである。

最初に楽器を手にしたのはジョージであった。その後、彼は60年代にオーストラリアで有名であった、The Easybeatsのリズムギターとして活躍する(ジョージとThe Easybeatsのリードギタリスト、ハリー・ヴァンダ(Harry Vanda)はその後、初期AC/DCのアルバムプロデューサーとして活躍する事となる)。アンガスとマルコムが彼に続くのに時間はさして掛からず、兄弟が組んだ最初のバンドの名はThe Velvet Underground(ニューヨークのプロト・パンク/オルタナティヴ・ロックバンドとは、同名異バンド)。

結成[編集]

1973年11月、マルコムとアンガスはベースにラリー・ヴァン・クリート、ヴォーカルにデイヴ・エヴァンス、ドラムにコリン・バージェスを迎えAC/DCを結成、初のライヴは1973年12月31日、シドニーのChequersというクラブで行った。程なくしてバンドは、EMIがオーストラリアとニュージーランドで配給を行っていたローカルレーベル「Albert Records」と契約を結ぶ。最初期のラインナップは安定しておらず、特にドラムとベースは頻繁に入れ替わっており、コリン・バージェスにいたっては数週間しか在籍しなかった。この状態は約1年程続いたようである。またアンガス兄弟は、ゲイリー・グリッターの様なグラムロッカーからの影響が強かったデイヴ・エヴァンスはバンドに合っていないと結成直後から考えており、バンドのマネージャーだった Dennis Laughlinが彼の代わりにステージに上がるという事もあった(この事がヴォーカリスト交代劇の伏線となっており、デイヴ・エヴァンスはDennis Laughlinを酷く恨んでいたという)。

バンドのトレードマークともいえる、アンガスのスクールボーイスタイルの衣装はこの頃から既に試されており、アンガス自身の中学校の制服とシドニーにあるアッシュフィールド高校の制服を使用していた(このスタイルは彼の姉であるマーガレット・ヤングの提案によるものである)。ただ当時はこの衣装だけでなく、ゴリラ怪傑ゾロ、スーパー・アングなるスーパーマンのパロディーの様な物まで衣装にしていた。

この頃、バンドの器材車のドライバーをしていたのがボン・スコットだった。

デイヴ・エヴァンスをヴォーカルに据えたAC/DCは、シングル盤「Can I Sit Next to You Girl / Rocking In The Parlour」を出し、国内をツアーしたが、エヴァンスはツアー中の軋轢が高じてマネージャーと殴り合う事態に至り、バンドからの離脱が避けられなくなってしまった[1]

ボン・スコットの加入(1974年〜1980年)[編集]

ボン・スコット(右)とアンガス・ヤング

1974年9月、バンドはデイヴ・エヴァンスに代わり、オーストラリアでいくつかのバンドで経験のあるボン・スコットをヴォーカリストとして迎え、翌1975年1月に、たった10日間でレコーディングした1stアルバム『ハイ・ヴォルテージ (High Voltage)』をリリース(当初はオーストラリアのみのリリースだった)した。このアルバムからは「It's a Long Way to the Top (If You Wanna Rock 'n' Roll)」がシングルカットされ、B面には2ndアルバムのタイトルトラック「T.N.T.」が収録されている。このころからラインナップは安定し、アンガス兄弟、ボン、フィル・ラッド(ドラム)、マーク・エヴァンス(ベース)の編成が暫く続くこととなる。同年12月には2ndアルバム『T.N.T.』をリリース。

また1974年1977年に、オーストラリアで全国放送されていた音楽番組「Molly Meldrum's Countdown」に出演しライヴ演奏を行っており、この頃には名実共にオーストラリアで最も成功したバンドとなっている。これ以降、バンドはテレビ番組でのライヴ演奏を行っていない。

世界的な成功 (1976年〜1978年)[編集]

1976年、バンドはアトランティック・レコードと世界規模のレコード契約を結ぶ。これによりバンドはレインボーキッスエアロスミススティクスブルー・オイスター・カルトらの前座としてイギリスヨーロッパのスタジアムクラスの会場をサーキットすることとなる。1976年9月28日には「ハイ・ヴォルテージ」と「T.N.T.」の楽曲から再構成されたコンピレーション・アルバムHigh Voltage』をアトランティック・レコードから全世界でリリース、現在まで300万枚以上を売り上げている。同年には、早くも次のアルバム『悪事と地獄 (Dirty Deeds Done Dirt Cheap)』をリリース。このアルバムは現在流通している通常盤の他にオーストラリア盤が存在し、ジャケットと収録曲がそれぞれ異なっている(なお、このアルバムがアメリカでリリースされたのは1981年であり、その前年に発売され、売れに売れていた『バック・イン・ブラック(Back in Black)』の余波を受けて、この作品もロングセラーを記録している)。この様なバージョン違いの存在は、次のアルバム『ロック魂 (Let There Be Rock)』まで続いている。

『ロック魂』のレコーディング終了後、アンガス・ヤングとの不仲が原因でマーク・エヴァンスが解雇され、後任としてクリフ・ウィリアムズ加入。

アメリカでの成功 (1977年〜1978年)[編集]

AC/DCは、1977年にミシガン州のFlint's Capitol Theaterでアメリカでの初ライヴを行った (前座はMC5)。

1978年、クリフ・ウィリアムズ加入後初のアルバム『パワーエイジ (Powerage)』 をリリース。同アルバムに伴うツアー中にグラスゴーのアポロシアターでレコーディングされたライヴ盤『ギター殺人事件 (If You Want Blood)』 を同年にリリース。ファースト・アルバムから続いたHarry Vandaとジョージ・ヤングによるプロデュースは、このアルバムまでとなる。

1979年、6枚目のアルバム「地獄のハイウェイ (Highway To Hell)」 をリリース。プロデューサーは、ジョン・マット・ラング。このアルバムはアメリカで発売された最初のアルバム(最高位は17位)で、彼らの出世作。また、その後の音楽性の礎ともなっており、AC/DCのバンドサウンドが完成されたアルバムである。バンドが世界的な人気を得るのは、もはや時間の問題であった。

ボン・スコットの死(1980年)[編集]

1980年2月19日、ボン・スコットが友人の車中で死亡しているのが発見された。原因は睡眠中、嘔吐物を喉に詰まらせての窒息死であった。その夜、ボン・スコットはロンドン市内で友人のアリステア・キニアーと飲酒後、彼の車で帰宅。アリステアが車中で寝てしまったボンを残し、車を離れた後に起こった出来事であった。ボンは、彼が子供時代を過ごしたオーストラリアのフリーマントルに埋葬された。

彼の死にはヘロインの過剰摂取や、排気ガスを引き込んでの自殺等、様々な噂があり、中には友人のアリステア・キニアーは存在しない人物だというものまであった。しかしボン・スコットは喘息持ちで、彼が発見された朝は気温が零下を下回っていたことから、発作によって引き起こされた可能性が大きいとされている。

彼の墓は、観光地として人気であり、数多くの観光客が参拝に訪れる。

新しい声[編集]

ボン・スコットの死後、バンドは解散する事も考えたが、ボンはバンドを続けることを望んでいるだろうという結論に至り、活動継続を決定した。ボンの後任として最初にBack Street Crawlerのテリー・スレッサーにバンド加入のオファーを打診するも、既に確立されたバンドには加入しないという考えから断られた(その後ソロキャリアで成功を収めており、アイアン・メイデンカヴァーした「Rainbow's Gold」は彼の作品である)。また、元Moxyのバズ・シャーマンにも断られている。そして最後にマネージャーから推薦されたのは、「All Because Of You」のヒットで知られる、イギリスグラムロックバンド、Geordieのブライアン・ジョンソンの加入を決定する(ただしバンド側は当初、Geordie時代のイメージから彼の加入には懐疑的だったようだ)。オーディションでブライアンは「Whole Lotta Rosie」とアイク&ティナ・ターナーの「Nutbush City Limits」を歌っている。

ブライアン・ジョンソン加入後(1980年〜)[編集]

ボン・スコット存命中に既に楽曲を完成させていたバンドは、ブライアン加入後、間を置かずレコーディングに入る(ボンが死亡してから数ヶ月後のことである)。プロデュースは前作と同じくジョン・マット・ラングが担当。 アルバムは1980年7月25日に『バック・イン・ブラック (Back In Black)』のタイトルでリリースされる。売り上げはこれまでに世界で4900万枚を超え、バンドにとって最大のヒット作となっている。1位マイケルジャクソンの『スリラー』に次ぎ、全世界で歴代2番目に売れたアルバムとして知られている(イギリスでは最高1位、アメリカでは最高4位)。

翌1981年には、『悪魔の招待状 (For Those About To Rock (We Salute You))』 をリリース。ついにこのアルバムで全米アルバムチャート1位の座を射止めることになる。

フィル・ラッドの解雇(1983年)[編集]

1983年、フィル・ラッドのアルコール依存症とドラッグによるパラノイアの症状が深刻化、バンドとの間に亀裂が生じ、既に次作のレコーディングが終了していたにもかかわらず解雇となる。後任はNWOBHM時代に活躍したA II Zなどの活動で知られるサイモン・ライト。そして同年「征服者 (Flick Of The Switch)」をリリース。このアルバムはそれまでの作品ほどは成功せず、ある批評家からは「同じアルバムを9枚作った」と揶揄され、同年のケラング!読者投票でBiggest Disappointment Of The Year(最も失望した事)の8位に選ばれた。その後、バンドは暫く低迷を続ける事となる。同年E.P.「74' ジェイルブレイク (74' Jailbreak)」をリリース。

1985年、『フライ・オン・ザ・ウォール(Fly On The Wall)』をリリース。プロデュースはヤング兄弟。

1986年、スティーヴン・キング監督映画『地獄のデビルトラック』のサウンドトラック『フー・メイド・フー (Who Made Who)』をリリース。

1988年に『オーストラリアレコード産業協会(ARIA)』のARIA Hall of Fameに選ばれる。

再ブレイク(1988年〜1993年)[編集]

1988年、フランスにて新作『ブロウ・アップ・ユア・ヴィデオ (Blow Up Your Video)』のレコーディングを開始。プロデュースは初期の作品を担当していたHarry Vandaとジョージ・ヤング。このアルバムは、『バック・イン・ブラック』に次ぐヒットとなる (イギリスでは最高4位、アメリカでは最高12位)。

1988年、同アルバムに伴うツアーをオーストラリアのパースから開始。しかし4月、ヨーロッパでの公演終了後、アルコール依存症の治療に専念するためマルコム・ヤングが一時的にバンドを離れる。代替はヤング兄弟の甥、スティーヴ・ヤングが務めた。さらにサイモン・ライトがディオの新作レコーディングに参加する為に脱退。後任はベテランセッションドラマー、クリス・スレイド

ツアー終了後、次作の制作を開始。プロデューサーはエアロスミスボン・ジョヴィとの仕事で知られるブルース・フェアバーン。1990年、『レイザーズ・エッジ (The Razors Edge)』をリリース。アメリカでは売り上げ300万枚を突破し、前作以上の大ヒットとなった(イギリスでは最高4位、アメリカでは最高2位)。なお同作品は離婚協議中だったブライアンが曲作りに参加出来ず、全曲ヤング兄弟が制作した。また同年、アーノルド・シュワルツェネッガー主演映画「ラスト・アクション・ヒーロー」のサウンドトラックに「Big Gun」を提供した。

フィルの復帰から現在(1994年〜2010年)[編集]

1994年、フィル・ラッドが復帰。ヤング兄弟は彼とジャムセッションし、彼の復帰を決定した。アンガス・ヤングは「クリスはこのバンドで最も優れたミュージシャンだった。彼を失うのは辛いが、フィルを復帰させる事はそれだけ価値があることだ」とコメントを残している。

1995年、ブラック・クロウズスレイヤーとの仕事で知られるリック・ルービンをプロデューサーに迎えたアルバム『ボールブレイカー (Ballbreaker)』をリリース。このアルバムもアメリカでは最高4位を記録するヒット・アルバムとなる。

1997年、ボン・スコットへのトリビュートで制作されたCD5枚組ボックス・セット『ボン・ファイアー 〜ボン・スコットに捧ぐ〜 (Bonfire)』をリリース。

2000年、ジョージ・ヤングをプロデューサーに迎えたアルバム『スティッフ・アッパー・リップ (Stiff Upper Lip)』をリリース(こちらはアメリカで最高7位を記録している)。

2003年、過去に発売されたアルバムのデジタルリマスターバージョンがリリースされた。

2008年10月、約8年ぶりのニューアルバム『悪魔の氷 (Black Ice)』をリリースした。同時に先行シングルとして"Rock'n Roll Train"がリリースされている。アルバムは本国オーストラリアを始め米英日本(洋楽チャート)などの29ヶ国で1位を獲得。全世界での初動出荷は約500万枚を記録し[2]IFPIの全世界における2008年度年間アルバム売り上げランキングでは第2位となった[3]

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

音楽的特徴、エピソードなど[編集]

AC/DCは60年代末から70年代にかけて隆盛を誇ったハードロック、ことに「ブルースを基調とした骨太でソリッドなロックンロール」の部分をよりプリミティヴに抽出し徹底させた音楽を志向し、デビューから現在に至るまで硬質かつ武骨にしてシンプルなロックンロールを中心に演奏し続けてきた。いわゆるハードロックバンドには珍しく、極めてタイトなミッド~スロー・テンポの楽曲が非常に多く、なおかつそうしたリズムでありながらもその高揚感はいささかも減じられない。長きにわたって変節のない質実剛健な音楽性が特徴で、時にブルース調の曲を演奏するものの、モーターヘッドと同様に昔も今もほとんど変わっていない。ファンは減るどころかむしろ増え続けていると思われる。

70年代末、パンクロックブームに沸くイギリスでは、それ以前に活躍したハードロックバンドがオールドウェイヴと揶揄され消えていく中、AC/DCは生き残ることに成功する。それは、バンドが熱狂的なファンをイギリス全土で獲得していた為だが、ファンや音楽誌などからオリジナル・パンクと同一視されたという側面もあった。特に、ライヴでのパフォーマンスはパンク的な印象が強く、ボン・スコットのパフォーマンスはセックス・ピストルズジョニー・ロットンを強くイメージさせた。一方で、アンガス・ヤングは観客に向かってをさらすパフォーマンスで悪名高かった。また、高い演奏技術や凝った楽曲への志向をことさらに露にすることよりも、創世記のロックンロールのワイルドさに忠実であろうとするAC/DCの音楽性は、パンクロックと相性が良かった。ラモーンズジョーイ・ラモーンをはじめとして、AC/DCを敬愛するパンクロッカーも多い。

1973年にデビューして以来、楽曲やライヴでのパフォーマンスなどによって欧米にも人気を広げていったが、1980年に、ヴォーカルのボン・スコットが急死し、危機に立たされる。しかし、新ヴォーカリスト、ブライアン・ジョンソンを迎えて発表した『バック・イン・ブラック』は、世界的に空前の大ヒットを記録し(前述の通り、結果世界でのセールスは、バンド/グループのフルアルバムとしては歴代2位、全体ではマイケル・ジャクソンスリラーに次いで3位、アメリカだけでもそのセールスは2100万枚を超えて歴代第5位)、次作『悪魔の招待状』 では初のビルボード1位を獲得するといった活躍を見せる。だが、今日でも全米チャートの上位常連であるが、日本での人気は欧米ほど高くなく、また、彼らの全盛期であった1980年前後、日本ではクイーンの様な、ルックス的にも音楽的にも華やかなバンドが人気で、AC/DCの様な武骨なバンドは人気がないというバンド側の先入観もあり、2001年の来日公演は実に19年ぶりであった。マーティー・フリードマンは日本に来た際AC/DCの評価が低いことに驚いたと語っている[4]

アンガス、マルコム、ブライアン以外は幾度かメンバーチェンジが行われたが、90年代に初期メンバーに戻った。

メルボルンのACDC通り

アルバム総売上は、アメリカ合衆国だけで7100万枚に及ぶ。[5] 全世界のアルバム総売り上げは、2億枚以上である。[6]

多くの同業者から尊敬を集めるバンドであり、キース・リチャーズピート・タウンゼントスティーヴン・タイラーオジー・オズボーンニッキー・シックスリッチー・サンボラスラッシュカート・コバーン山下達郎奥田民生など、世界中のアーティストがファンを公言している。

映画『スクール・オブ・ロック』では、エンディングが「It's The Long Way To The Top」のカヴァー(演奏したのは同映画のキャスト)、劇中で「バック・イン・ブラック」が使われた他、主人公のステージ衣装やギターがアンガスを意識したものであった。「It's The Long Way To The Top」はドロップキック・マーフィーズレミー・キルミスターにもカバーされているが、ボーカルがブライアンに交代してからはライブでは演奏されていない。

数年前から世界的なムーヴメントとなっている、ガレージロックの音楽的なルーツの1つでもある。

ヤング兄弟が使用するギターは、アンガスはギブソンSG、マルコムはグレッチと、デビューしてから一筋である。

バンドのロゴマークなどは、Tシャツなどに多用されており、テレビ番組の衣装などでも度々見られる。

2004年10月1日には、縁の地・メルボルンにあるコーポレーション通りという名前だった通りが、彼らの功績を称え、敬意を表して、同市議会によってACDC通りと改名された。これより前の2000年3月22日にも、スペインマドリード近郊の住宅街レガネスにバンドに因んだ同名の通りが作られたため、AC/DCの名が付いた通りは、現在までに世界で2つ存在している[7]

また、荒木飛呂彦作のジョジョの奇妙な冒険第二部、戦闘潮流に同グループから名をとったエシディシというキャラクターが登場している。他にも「ハイウェイ・トゥ・ヘル」「ボール・ブレイカー」「ダーティー・ディーズ・ダン・ダート・チープ」など、AC/DCの楽曲と同名のスタンドが登場している。

ブライアン・メイは、「クィーンをやってなかったらAC/DCに入りたかったかな。でも、残念ながら、僕じゃサイズも形もあのバンドにはふさわしくないと思うよ。というのもクイーンとは全く違うからね。クイーンっていうのはものすごくいろんな影響を折衷するバンドだったからさ。僕たちはそれこそありとあらゆるジャンルの分け隔てを踏み越えていったんだからね。でも、AC/DCっていうのはそういう意味じゃ対極にあるバンドなんだよ。奴らには自分たちのスタイルのなんたるかがわかってるし、それはとてつもなく純化されたもので、僕はそれにすごい敬意を感じてるんだよ。連中の鳴らす音は一音一音が完全なAC/DCになってるんだ」と高く評価している。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • ハイ・ヴォルテージ - High Voltage (1974年, *オーストラリア盤)
  • T.N.T - T.N.T (1975年, *オーストラリア盤)
  • ハイ・ヴォルテージ - High Voltage (1976年, *メジャーデビュー盤)
146位 3Xプラチナム(US), シルバー(UK) 
3位 6Xプラチナム(US), シルバー(UK)
154位 2Xプラチナム(US), 17位 シルバー(UK)
133位 プラチナム(US), シルバー(UK)
17位 7Xプラチナム, 8位 ゴールド(UK)
4位 22Xプラチナム, 1位 ゴールド(UK)
1位 4Xプラチナム, 3位 ゴールド(UK)
  • 征服者 - Flick of the Switch (1983年)
15位 プラチナム, 27位 ゴールド(UK)
32位 プラチナム(US), 8位 シルバー(UK)
12位 2Xプラチナム(US), 2位 ゴールド(UK)
2位 5Xプラチナム(US), 4位 2Xプラチナム(UK)
4位 2Xプラチナム(US), 6位(UK)
7位 プラチナム(US), プラチナム(UK)
1位 2Xプラチナム(US), 1位 プラチナム(UK)

EP[編集]

76位 プラチナム(US), 66位(UK)

ライヴ・アルバム[編集]

113位 プラチナム(US), 13位 ゴールド(UK)
15位 3Xプラチナム(US), 5位 ゴールド(UK)

サウンドトラック[編集]

33位 5Xプラチナム(US), 24位(UK)

ボックス・セット[編集]

日本公演[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Dave Evans - The Official Site - The History
  2. ^ Echo of Eighties as AC/DC turn up the amps again Times Online
  3. ^ [1]
  4. ^ ROCK FUJIYAMA2006年9月11日放送
  5. ^ http://www.riaa.com/goldandplatinumdata.php?table=tblTopArt
  6. ^ http://www.smh.com.au/articles/2003/10/22/1066631502999.html
  7. ^ 音楽サイト BARKS - AC/DC AC/DC、豪メルボルン市のストリート名に (日本語)

外部リンク[編集]