NWOBHM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NWOBHM(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタル、New Wave Of British Heavy Metal)は、1970年代後半のイギリスで勃発した音楽ムーブメント。"N.W.O.B.H.M."と表記されることもある。その年代にデビューし活動したバンドに対しNWOBHMのカテゴライズをすることはあるが、メロディやサウンドを指すものでは無い。

1979年夏、イギリスでDJニール・ケイ主催のヘヴィ・メタル・ディスコ「Bandwagon」で商業的に無名なバンドによるライブイベント「Heavy Metal Nite」が開かれた。ローカル・バンドの自主製作盤の紹介も行っていた雑誌「Sounds」誌には、「Bandwagon」で紹介されたバンドのBest10を発表するコラムがあり、そこで注目されたアイアン・メイデンサムソンエンジェル・ウィッチによりツアーが行われたことが、ハード・ロックヘヴィ・メタル(以降 HR/HM と表記)バンドが次々と登場する発端だった。

由来は「Sounds」誌で、ジェフ・バートンの書いた記事による。1970年代後期のHR/HMは、パンク以降に登場したニュー・ウェイヴを支持する人間が過去のロックを「オールド・ウェイヴ」と呼ぶ事に対しあえて"New Wave"、ブリティッシュ・ロック低迷からの復権を願って"British"、ハード・ロックを継承しながらも新しい時代を切り開く意味で"Heavy Metal"を合わせて名付けられた。 パンク、ニュー・ウェイヴが過去の音楽を否定する事を始まりとするのに対し、NWOBHMは伝統を継承するとの主張が込められている。

1979年5月にEMIからデビューアルバムを発表したサクソン、同年8月にフォノグラムと契約したデフ・レパード、同年12月にEMIと契約したアイアン・メイデンが代表的なバンドとして挙げられるが、実際には1980年代前半までに乱立したインディーズ・レーベルや自費出版による流通で発表を行った多数のバンドがNWOBHMの中核であった。1980年代前半までに7インチ・レコードを発表したバンドだけがNWOBHMと呼ばれるとする見方もある。なお、レインボージューダス・プリーストUFOシン・リジィ等NWOBHMの時代も活躍したもののこのムーブメント以前にレコードデビューしたバンドや、ワイルド・ホーシズマイケル・シェンカー・グループのようにこのムーブメント以前にレコードデビューし活躍してきたメンバーを含むバンドをNWOBHMに含むかどうかは意見が分かれる。

このムーブメントの影響は、1980年8月16日にイギリス・ドニントンで第1回のモンスターズ・オブ・ロックが開催され、HR/HM系バンドのみのロック・フェスティバルとしてレインボー、ジューダス・プリースト、スコーピオンズサクソン、エイプリル・ワイン、タッチ、ライオットが出演している。伝統的なレディング・フェスティバルでは、パンク、ニューウェーブ系から、HR/HM系のバンドが主な出演となり、1980年にはバッジーホワイトスネイクなどが、1981年にはスコーピオンズ、UFOなどが出演している。また、イギリス以外の国(特にアメリカや日本における)でのヘヴィメタルの隆盛につながっていく。世界的な成功を収めたデフ・レパードは当人達が「自分たちはヘヴィメタルバンドではなく、ハードロックバンドである。」と否定しているため、NWOBHMから30年を越え実質的に精力的な活動をしているバンドはアイアン・メイデンとサクソンだけといってもいいであろう。

NWOBHMにカテゴライズされるバンドの一覧[編集]

外部リンク[編集]