タンク (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タンクTank)は、イギリスヘヴィメタルバンドダムドの大ヒット作『マシンガン・エチケット』でベースを弾いたアルジー・ワード(ヴォーカルベース)を中心に結成され、1980年代に活動。1998年に再結成された。ソドムアウトレイジなど、後のバンドにも影響を与えた。

来歴[編集]

1980年にアルジー・ワード、ピート・ブラブス(ベースギター)、マーク・ブラブス(ドラムス)により結成される。モーターヘッドのエディ・"ファスト"・クラークがプロデュースしたシングル「Don't Walk Away」でデビュー。モーターヘッドの弟分バンドとして人気を博した。

サード・アルバム『This Means War』(1983年)からは4人編成となり、より分厚いサウンドを披露。その後ブラブス兄弟が脱退するが、新メンバーを補充して『Honour And Blood』(1984年)、『Tank』(1987年)を発表。しかし、ここでタンクは一旦解散に追い込まれる。

アルジーは1998年にタンクを再結成させ、1999年8月に初来日。2002年には15年ぶりのオリジナル・アルバム『Still At War』を発表した。

2008年12月22日、公式マイスペースにてアルジーの離脱と、元レインボーイングヴェイ・マルムスティーンズ・ライジング・フォースドゥギー・ホワイト(ヴォーカル)、元ブルース・ディッキンソンバンドのクリス・ダール(ベース)が加わり5人編成となることが発表された。

ディスコグラフィー[編集]

  • Filth Hounds Of Hades(1982年)
  • Power Of The Hunter(1982年)
  • This Means War(1983年)
  • Honour And Blood(1984年)
  • Tank(1987年)
  • The Return Of The Filth Hounds Live(1998年)
  • Still At War(2002年)
  • Breath of the Pit (2013)

外部リンク[編集]