インダストリアル・メタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インダストリアル・メタルIndustrial metal)は、1980年代後半に生まれた音楽ジャンル。

インダストリアル・ダンス・ミュージック英語版スラッシュ・メタルハードコア・パンクの音楽的側面を持ち、メタル・ギター・リフ、シンセサイザー打ち込みサンプリング、ディストーションをかけたボーカル等が使用されている。

概要[編集]

1980年代後半、インダストリアル・ミュージックとヘヴィ・メタルが接近。ゴッドフレッシュが『Godflesh(EP)』で、ミニストリーが『The Land of Rape and Honey』でそれぞれ結実させ、1988年にリリースした。

1992年、ナイン・インチ・ネイルズが『Broken』、ミニストリーが『Psalm 69』をリリースし、アメリカで100万枚以上のセールスを記録。ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーはマリリン・マンソンをプロデュースし、世界各国で好セールスを記録。インダストリアル・メタル・シーンは隆盛を極める。

1990年代後半、ビルボード200チャートでマリリン・マンソンの『Antichrist Superstar』が3位、ロブ・ゾンビの『Hellbilly Deluxe』が5位、ナイン・インチ・ネイルズの『The Fragile』が1位になった。また、ビルボードHeatseekersチャートではFilterの『Short Bus』、Stabbing Westwardの『Wither Blister Burn + Peel』、ラムシュタインの『Sehnsucht』、Orgyの『Candyass』、スタティック-Xの『Wisconsin Death Trip』が上位にランクインした。

来歴[編集]

KMFDMのサシャ・コニエツコ in concert, 2005

インダストリアル・ミュージックにエレクトリック・ギターはたびたび使用されてきたが、スロッビング・グリッスルをはじめとする多くのインダスリアル・グループは“アンチ・ロック”の姿勢を強く打ち出していた。そこにキリング・ジョークがインダストリアルとロックをクロスオーバー化し、その音楽性はミニストリーゴッドフレッシュナイン・インチ・ネイルズなど数多くのミュージシャンに影響を与えた。その一方、スティーヴ・アルビニによるビッグ・ブラックもドラム・マシーンを使用し、インパクトを与えた。

かつてナパーム・デスのギタリストでありゴッドフレッシュを結成したジャスティン・ブロードリックが影響を受けた音楽は、パワーエレクトロニクス・バンドのWhitehouse、ノイズ・ロックのSwans、ブライアン・イーノブラック・サバスザ・キュアーの「Pornography」など多岐にわたり、それらを吸収することによってインダストリアル・メタルが生み出された。また、ミニストリーのアル・ジュールゲンセンはスラッシュ・メタル好きでセパルトゥラのファンであったというところからインダストリアル・メタルに至り、KMFDMのサシャ・コニエツコはヘヴィメタルのギターリフをサンプリングすることからインダストリアル・メタルに至ったという。

代表的なバンド[編集]

関連項目[編集]

外部サイト[編集]