コルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人指し指と小指を立てたコルナのジェスチャー

コルナ (corna) はジェスチャーのひとつで、人差し指小指を立てて中指薬指をたたみ、そこへ親指を添えるジェスチャーである。地中海諸国では侮辱的な意味を持つ。このジェスチャーの起源は古代ギリシアまで遡るとされている。コルナは、イタリア語(つの)を意味する。

このジェスチャーには悪運や邪視を祓う意味もあるほか、サタンやサタン崇拝とも関連性がある。

アメリカン・フットボール観戦時の "Hook 'em Horns"
ブッシュ大統領らの "Hook 'em Horns"

他にもテキサス大学ではテキサスの象徴である雄牛の角のシンボルとし、スポーツ観戦で Hook 'em Horns(角で掛けろ)といった使われ方もある。スタン・ハンセンがリングインする際に「ウィーッ!!」の声と共に見せていた「テキサス・ロングホーン」は日本でもつとに有名である。ヘヴィメタルにおいても様々な意味を持ち、現在ではRock on(めいっぱいロックしよう)程度の解釈でも使用される。この意味では devil horns、goat horns、throwing the goat、evil fingers、Pommesgabel、mano cornuto、または単に the horns の別名でも知られていて、日本ではメロイック・サイン(maloik sign。イタリア語で邪視を意味する malocchio から来ているとする説あり)、デビル・サインの名で知られている。いずれも侮辱などのネガティヴな意味はない。

コルナはしばしばアメリカ手話の“I Love You”(愛してる)と混同されるが、これは親指も立てる点で異なる。また、ハワイなどで使われている挨拶のジェスチャー“シャカ・サイン”は親指小指のみを立てるものであり、これも異なるものである。

電子メールインスタントメッセンジャーで使われるアスキーアートは以下の3つが一般的。

不貞、背信[編集]

イタリアでは、伸ばした2本の指を角に見立てて本人に見つからないように後ろ頭から出す、あるいは妻(稀に夫)に騙されていることを示唆するために相手に突きつけたりする。イタリア語 cornuto は角を持つ意であるが、暗喩としては不貞の妻を持つ夫を意味しているのである。

写真を撮る時に人の頭にコルナを乗せるのはごく一般的なジョークである。外国へ旅行に行く若いイタリア人が、グループで写真を撮る際に背中からこの指を出しているのに気付くこともあるだろう。これはフィルムカメラの時代には有効であったが、デジタルカメラの現代にはあまり驚きをもたらすものではなくなってきているようだ。このジョークは他国でもよく行われるが、人差し指と中指を立てた「ウサギの耳」(≒ピースサイン)で行われる。しかし「ウサギの耳」のジェスチャーには背信との関連は全くなく、単にユーモラスないたずらにしか過ぎない。日本においてはむしろ鬼の"角"として指一本(人差し指を立てた状態)で行われることのほうが多い。これは鬼の様に怒りっぽいなどの比喩もあるが殆どは上記と同じイタズラ・ジョークである。一時は流行ったが今ではほとんど見られない。

侮辱的なコルナは、様々な職の中でもとりわけサッカー審判員に向けられる傾向にある。というのも、イタリア人の間では、贔屓のサッカークラブの敗北を、無能、あるいは賄賂を受けている、その他不適格な審判員を責める際に使われる習慣があるためである。これは常套手段として既に固定観念になっている。これに値する最も憎まれた(最も侮辱的なコルナを甘受した審判員)は、おそらくバイロン・モレノであろう。

これらの起源はミノタウロスの伝説まで遡ることが出来る。彼はパシパエと白い牛の間に生まれ、クレタ島ミノスに背いた。角の生えたミノタウロスは、裏切りの最も顕著な証となり、シンボルとなっていったのだ。

迷信[編集]

不幸な出来事に見舞われた時、あるいは非運を示唆された時、それら宿命を避けるためコルナで悪運を祓うことができる。これは木を叩いて不幸を避ける行為と同様の意味を持つが、より低俗な方法である。興味深いことに、イタリア人は「鉄に触れる (tocca ferro)」ことでこの代わりとするが、これは低俗なこととされない。そして睾丸を掴むのも同じ意味を持つが、これは低俗な方法となる。しかしこの行為はおそらく三者の中で最も一般的な方法であると思われる。以上に挙げた三種のジェスチャーは、行為者を護る超自然の力を、魔法のように導き出すものとされている。

これらのジェスチャーを使用するシチュエーションとして最も典型的なパターンは、黒猫が目の前を横切った時、霊柩車を目にした時(積載の有無は無関係)、を見た時、その他不運をもたらすと信じられている状況や物あるいは人物に遭遇した時である。かつては邪視による呪いの作用を阻むためと考えられていたため、歴史的にこのジェスチャーは魔女と思われる人間に対して向けられたものである。

イタリアの大統領ジョヴァンニ・レオーネは、コレラ発生中のナポリを訪れた際に患者の手を握りながら後ろ手でコルナを作ったことで国中に衝撃を与えた。この行為は後方に控えていたジャーナリストらによって写真や文書で記録が残されているが、大統領はこの瞬間だけ失念していたのだ。このジェスチャーは患者に対する大きな侮辱と認識されることになった。

悪魔(サタン)崇拝[編集]

アントン・ラヴェイは、1960年代にサタンの儀式としてコルナを流布した。彼の肖像は頻繁にマスコミに乗り、著書 The Satanic Bible とともにこのジェスチャーは広まっていった。その結果サタン崇拝者が至るところで行うようになっている。

ヘヴィメタル[編集]

起源は明らかになっていないが、このジェスチャーはヘヴィメタルにおいて一般的なものになった。その要因になったのはまずロニー・ジェイムス・ディオで、彼はイタリア人の祖母を持ち、彼女は邪視 (malocchio) を祓うためにこのジェスチャーを使っていたという。そしてジーン・シモンズはこのサインを自ら発案したとされており、キッスのアルバム『ラヴ・ガン』 (1977年) のジャケットで指を立てているのが確認できる。しかしこのジャケットはレイアウトの関係で指が不鮮明で、2本の指を立てた完全なジェスチャーにはなっているが、添えられた親指は確認できない。また、一説では、ライブの最中に観客にアピールしようとした時にピックをもったままであったので結果としてこの形になったという話もある。

ヘヴィメタルでの起源が何にせよ、メタル・ファンはこのジェスチャーを神秘主義サタン、あるいは単なる「メタルっぽさ」を包括する曖昧な象徴として受け入れており、ヘッドバンギングなどと同様に一般的なものになっている。さらに現在ではヘヴィメタルを超えてロック共通のフォームになっており、より普遍的なものになりつつある。ロック・シーンではこのジェスチャーに悪意はなく、Rock on(めいっぱいロックしよう)程度と解釈され、この意味では人差し指と小指と親指を立てる I Love You(愛してる)と混同されがちである。

なお、P-Funk とそのファンは数十年来このジェスチャーを使っており、ヘヴィメタルよりも先んじているとされる。

この指の形で三つの6 (666) を表現できる事から、悪魔崇拝を意味するとも言われる。

このサインは、ネット上では「\m/」という顔文字で用いられる場合もある。

その他の使用例[編集]

アメリカの著名なプロレスラーであったスタン・ハンセンも、リングインなどの際、同様のポーズを取り、彼の代名詞ともなっていた。テキサス・ロング・ホーンと呼ばれていたこのポーズ・サインは多分にテキサス大学の影響があると思われる。 また、カナダのプロレスラーブレット・ハート氏が現役時代、コーナーポストで似たようなポーズを取っていたが、彼がやっていたのは親指を立てた"I love You"の方であった。

コルナ以外の意味[編集]

  • イスラエルでは Shabi というジェスチャーが知られ、子供向けテレビ番組のカタツムリに似せている。
  • 野球では「ツー・アウト」を示すジェスチャー。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]