アントン・ラヴェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントン・サンダー・ラヴェイ(Anton Szandor LaVey、本名 ハワード・スタントン・リーヴィー Howard Stanton Levey、1930年4月11日 - 1997年10月29日[1]は、悪魔教会の開祖であり、アメリカ合衆国における同教会の司祭長であった。著述家、オカルティスト、ミュージシャンでもあった。 The Satanic Bible (『サタンの聖書』)を著し、人間の本性についてラヴェイ自身の理解するところと、物質主義快楽主義個人主義を主張した哲学者たちの洞察とを総合した体系である「ラヴェイ派サタニズム」(LaVeyan Satanism)を創始した。

概要[編集]

誕生から青年期まで[編集]

ラヴェイはシカゴでハワード・スタントン・リーヴィー として生まれた。 父は、シカゴ出身の Michael Joseph Lavey (1903-1992)で、アントンの母は Gertrude Augusta Coultronという1893年にオハイオ州へ移民に来た女性で、父はロシア人で、母はウクライナ人だった。 二人は1900にアメリカ市民権を獲得し、帰化した。

だが、ラヴェイの伝記には、彼はフランス人ロシア人ウクライナ人ドイツ人ルーマニア人グルジア人アルザス人の血を引いていると書いてある[2][3]

ラヴェイの家族はカリフォルニア州に引っ越し、ラヴェイは幼少期をサンフランシスコ・ベイエリアやアリゾナ州グローブで過ごした 彼の楽器への興味に両親も賛同し、その結果、多くの楽器に触れる機会を得たが、その中でも彼のお気に入りはパイプオルガンやカリオペといった鍵盤楽器だった このころ、彼はアール・ヘーゲンの『ハーレム・ノクターン英語版』といった楽曲を演奏した[4]

彼は16歳のころまでカリフォルニア州ミル・バレーにあるTamalpais High School へ通っていた[5][6]

伝記によると、彼は高校中退後、サーカスに入り、その後カーニバルへ参加した。最初彼は雑役から入り、次に大型の猫の調教師になり、それからカリオペの演奏者となり、カーニバルの読唇術も務めたこともあった。

土曜の夜に下品なショーを行った後、日曜の朝に同じテントで同じメンバーが伝道集会を行うのを見て、宗教に疑問を持つようになったと、ラヴェイは回想している。後にラヴェイはオルガン奏者としてバーやラウンジ、ナイトクラブで働いた。 ドイツ語版 The Satanic Bibleにおいて、ラヴェイはこの経験が宗教への否定を強めたことを語っており、熱心な礼拝出席者が二重の道徳基準を用いていることを非難した[7]。 ロサンゼルスでオルガン奏者として活動していたところ、当時マヤ・シアター英語版で活動していた無名のダンサーだったマリリン・モンローと関係があったことを記している このことについては、当時のモンローを知る者たちから正確性が疑われており、マヤ・シアターの支配人である、ポール・ヴァレンティンも、「モンローがラヴェイのバックダンサーだったと言う事実はないし、Mayan Theaterがバーレスクの会場として利用されていたという事実はない。」と話している[8]

サンフランシスコに戻った後、ラヴェイはサンフランシスコ市警察で3年間カメラマンとして働く傍ら超常現象の調査も行い、在職中のラヴェイの元には800件の依頼があった。 後に彼の伝記の著者がサンフランシスコ市警にラヴェイが在籍していたかどうか問い合わせたが、彼の在籍が事実であることを実証する結果は得られなかった[1][9]。 サンフランシスコ市警在籍時、ラヴェイはジョージ・ハース、ロバート・バーバー・ジョンソン英語版(ジョンソンはサーカスで調教師兼カーニバルの背景描きを務めていたころにラヴェイと出会っていた)、クラーク・アシュトン・スミス(後にブランシュ・バートンのThe Secret Life of a Satanistに登場)といった「ウィアード・テールズ」の参加者たちと知り合った。

1950年、ラヴェイは Carole Lansing と知り合い、翌年結婚。さらにその1年後である1952年にカーラ・ラヴェイをもうけた。 ラヴェイが Diane Hegartyに夢中になったため1960年Carole Lansingと離婚した。ラヴェイとHegartyは結婚することはなかったもののパートナー同士であり続け、1963年2番目の娘であるZeena Galatea LaVeyが誕生した[10]

関係が破たんした際、ハガトリーは慰謝料を請求した[11][12]

サタニズムへの傾倒[編集]

ロスト・ウィークエンド・カクテル・ラウンジでのウーリッツァー・オルガン英語版の演奏オルガン奏者としてだけでなく、の超常現象に関する研究もあって地元の名士に仲間入りしたラヴェイは多くの名士を呼んでパーティーをよく開き、 Carin de Plessin,マイケル・ハーナー英語版, Chester A. Arthur III, フォレスト・J・アッカーマン, フリッツ・ライバー, Dr. Cecil E. Nixon 、ケネス・アンガーといった人物もパーティーに来場した。

悪魔教会[編集]

ラヴェイは、毎週金曜日の夜にオカルトと宗教的な儀式についての講義を始めるようになった このサークルの参加者たちは、彼に新しい宗教の基礎を作らないかと持ちかけた。 1966年4月30日のヴァルプルギスの夜、彼は古代の処刑人の習わしとして、頭をそる儀式を行い、悪魔教会の設立を宣言し、1966年を"Anno Satanas (サタン元年)とした。 1967年2月1日、急進的ジャーナリストジョン・レイモンドと、ニューヨーク市在住のソーシャライトであるジュディス・ケースとの、サタニズム式結婚式が悪魔教会主催で開か、その際、ロサンゼルスタイムズサンフランシスコ・クロニクルといった新聞紙は、ラヴェイを暗黒教皇として報道した。 その後、ラヴェイはサタニズムの洗礼を行った(ラヴェイの実の娘であるジーナにとっては初めてのサタニズムの洗礼であり、この洗礼により悪魔教会の存在は世界中に知られるようになった。なお、洗礼の様子はThe Satanic Mass LPに記録された)[13][14][15][16] 。また、Edward Olsenという海軍の軍人の葬儀も執り行い、その様子はThe Satanic Massに収録されている。

1960年代末から70年代初頭、ラヴェイはフリードリヒ・ニーチェアイン・ランド>[17]H・L・メンケンジャック・ロンドンといった人物のイデオロギーから影響を受け、それを悪魔教会のイデオロギーや儀式に取り入れた。

また、 Ragnar Redbeardの Might is Right を引用して解釈したり、ジョン・ディーエノク語の悪魔語版を題材とした小論を発表し、のちにこれらの論文は The Complete Witch (1989年にThe Satanic Witchとして再発行)やThe Satanic Rituals'といった書物にまとめれた。 The Satanic Ritualsには、H・P・ラブクラフトの文学に影響を受けた宗教的な絵も収録されていた。(なお、この絵を描いたのはのちにセトの寺院英語版を設立するマイケル・A・アキノである。)

著書を通じて知名度が上がったラヴェイは世界中のマスコミの注目の的となり、 Look, McCall's, Newsweek,タイムや男性誌からのインタビューを受け、Joe Pyne, Phil Donahue, ジョニー・カーソンといったトーク番組に出演し、1970年には長編ドキュメンタリー映画 Satanis: The Devil's Mass に出演した。1960年代末において、ラヴェイはサタニズムおよび黒魔術の世界において主流とされる人物として見なされていた。

ラヴェイは3人目にして最後の伴侶である、ブランシュ・バートンと出会い、1993年11月1日には、実子Satan Xerxes Carnacki LaVeyをもうけた。


[編集]

1997年10月29日、アントン・ラヴェイはカリフォルニア州サンフランシスコにあるセントメアリー医療センターで肺水腫のため亡くなった[18]。 彼が悪魔教会の代表者であるにもかかわらず、カトリック系であるセントメアリー医療センターに搬送されたのは、たまたまそこが便利だっただけである。憶測もあったせいで、彼の死亡証明書の日付は実際よりも2日遅い10月31日(ハロウィン)の朝ということになっていた。 招待された人だけが参列できる、悪魔教会の密葬により火葬され、カリフォルニア州コルマ英語版に埋葬された[5]。 ラヴェイ没後、バートンが協会の代表を務めたが、後にピーター・H・ギルモアに代表の座を譲った。

ラヴェイの関わった映画[編集]

  • Invocation of my Demon Brother (1969年、短編映画。サタン役として出演したが、クレジットなし。)
  • Satanis: The Devil's Mass (長編映画として 1970年に公開され、2003年に Something Weird VideoからDVDが発売された)
  • 魔鬼雨 The Devil's Rain (1975年。テクニカルアドバイザーとして参加したほか、High Priest役として出演。)
  • ザ・カー The Car ( 1977年、テクニカルアドバイザーとして参加。)
  • Doctor Dracula, aka Svengali (1981年、テクニカルアドバイザーとして参加。)
  • Charles Manson Superstar (1989年、リサーチ・コンサルタントとして参加。)
  • スーパージャンク4 死んだらこうなる Death Scenes (1989年、ナレーター)
  • Speak of the Devil ( 1995年)

脚注[編集]

  1. ^ a b Wright, Lawrence - "It’s Not Easy Being Evil in a World That’s Gone to Hell", Rolling Stone, September 5, 1991: 63-68, 105-16.
  2. ^ Encountering New Religious Movements: a Holistic Evangelical Approach, by Irving Hexham, Stephen Rost, John W. Morehead, John W. Morehead II, p. 250, 2004
  3. ^ Barton, Blanche The Secret Life of a Satanist, p. 15. ISBN 0922915121
  4. ^ YouTube
  5. ^ a b Hatfield, Larry D. (1997年11月7日). “Anton LaVey, Church of Satan founder”. The San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/news/article/Anton-LaVey-Church-of-Satan-founder-3309154.php 2013年1月3日閲覧。 
  6. ^ Stafford, Matthew (Tam 1978) (2008年8月22日). “Cool for school: For 100 years, it's been one Tam thing after another...”. Pacific Sun. http://web.archive.org/web/20120314024245/http://www.pacificsun.com/story.php?story_id=2313 2012年3月14日閲覧。 
  7. ^ LaVey, Anton Szandor (1999). Die Satanische Bible (Satanic Bible). Berlin: Second Sight Books. 
  8. ^ The Church of Satan by Michael Aquino p. 17-19, detailing information from Harry Lipton, Monroe's agent, Paul Valentine and Edward Webber"
  9. ^ Lewis, James R. (2003). Legitimating New Religions. Rutgers University Press. p. 109. ISBN 0813533244. http://books.google.com/books?id=hdYSdts1udcC&pg=PA109. 
  10. ^ Lattin, Don (1999年1月25日). “Satan's Den in Great Disrepair”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?file=%2Fchronicle%2Farchive%2F1999%2F01%2F25%2FMN77329.DTL 2009年9月16日閲覧. "Both Karla LaVey 〔ママ〕 and Schreck were the product of LaVey's common-law marriage to Diane Hegarty from 1962 to 1986. One of the highlights of that unholy union was Schreck's 1967 satanic baptism at the Black House, when she was three years old." 
  11. ^ “Palimony Suit Rests on Bed of Nails”. en:St. Louis Post-Dispatch. (1988年9月11日). http://nl.newsbank.com/nl-search/we/Archives?p_product=SL&p_theme=sl&p_action=search&p_maxdocs=200&p_topdoc=1&p_text_direct-0=0EB328CE29A0D936&p_field_direct-0=document_id&p_perpage=10&p_sort=YMD_date:D&s_trackval=GooglePM 2009年9月16日閲覧. "On paper, the agreement seemed friendly enough: She got the 1967 Jaguar. He got the 1936 Cord, the 1972 Datsun 280 and the 1976 Cadillac limousine. Still to be decided were the medieval torture implements, the crystal ball, the devil bust, the bed of nails and the classic wooden coffin. But now, the whole thing has become a devil of an issue in San Francisco Superior Court, as the nation's first prince and princess of darkness square off in legal proceedings." 
  12. ^ Phillips, Richard (1988年9月13日). “The End is Near”. Chicago Tribune. http://pqasb.pqarchiver.com/chicagotribune/access/24828128.html?dids=24828128:24828128&FMT=ABS&FMTS=ABS:FT&type=current&date=Sep+13%2C+1988&author=Richard+Phillips&pub=Chicago+Tribune+%28pre-1997+Fulltext%29&desc=THE+END+IS+NEAR-AGAIN&pqatl=google 2009年9月16日閲覧. "Anton Szandor LaVey, high priest of San Francisco's Church of Satan, lived with Diane Hegarty for 22 years. Now they are squaring off in a palimony suit over household property." 
  13. ^ The Satanic Mass/Zeena's Baptism Track A9 go to 3:42”. 2013年1月3日閲覧。
  14. ^ The Satanic Mass, Track A9 (Zeena's Baptism)”. Murgenstrumm, 1968 Vinly LP. 2013年1月3日閲覧。
  15. ^ Satanist Anton LaVey Baptising Daughter”. San Francisco, California, USA: Bettmann/CORBIS (1967年5月23日). 2013年1月3日閲覧。 “LaVey [...] said the mystic ceremony was the first such baptism in history.”
  16. ^ clippings of Zeena's baptism world wide”. 2013年1月3日閲覧。
  17. ^ Lewis, James R. "Who Serves Satan? A Demographic and Ideological Profile". Marburg Journal of Religion. June 2001.
  18. ^ “Anton LaVey; Founded the Church of Satan”. Los Angeles Times. (1997年11月8日). "Anton LaVey, who founded the Church of Satan in 1966 and wrote the "Satanic Bible" as a guide for international followers, has died at the age of 67. LaVey was cremated Tuesday after a satanic funeral at Woodlawn Memorial Chapel in Colma. Security concerns led his daughter, Church of Satan High Priestess Karla LaVey, to demand "absolute secrecy from all who knew of LaVey's death and satanic funeral," family spokesman Lee Houskeeper said. ..." 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]