ブラックメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックメタル
Black Metal
様式的起源 スラッシュメタル
文化的起源 1980年代から1990年代前半
北ヨーロッパ
使用楽器 ボーカルギターベースドラム
キーボード
派生ジャンル デスメタル
ヴァイキングメタル
ペイガンメタル
サブジャンル
メロディックブラックメタル
シンフォニックブラックメタル
ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル
アンブラックメタル
地域的なスタイル
ノルウェイジャン・ブラックメタル
スウェディッシュ・ブラックメタル
ローカルシーン
ノルウェースウェーデンフィンランドドイツ
イギリスフランスウクライナポーランドチェコ
アメリカ合衆国日本
関連項目
メロディックデスメタルフォークメタル
ゴシックメタルトレモロ
テンプレートを表示

ブラックメタルBlack Metal)とは、ヘヴィメタルのサブジャンルの一つ。速いテンポのドラムに、金切り声のようなボーカル、音を強めに歪ませたギターでのトレモロのピッキング、宗教的で荘厳なアレンジなどを特徴とする。歌詞の内容には、サタニズム及び黒魔術への傾倒といった、反キリストを強く打ち出したものが多く含まれており、ブラックメタルバンドの中には、ペイガニズムナチズムを掲げるものも多い。古くからのブラックメタルのバンドやファンの中には、ブラックメタルをあくまでアンダーグラウンドの音楽だと考えている人もおり(特にサウンドプロダクションに関しては、クリアでない方がいいと考える人もいる)、商業的な姿勢をとるバンドはしばしば非難が浴びせられる。

歴史[編集]

第一世代[編集]

1980年代に登場し、スラッシュメタルバンドVenomが1982年に出したアルバム『BLACK METAL』がその起源だとされている。反キリストをテーマにした歌詞やヴォーカルスタイル、ステージネームを使った演出技法は後続のバンドに影響を与えた。

デンマークマーシフル・フェイトも重要なバンドである。フロントマンであるキング・ダイアモンドのメイクはコープスペイントの素地を作ったともいわれる。

さらにその後出てきたヘルハマー(Celtic Frostの前身となるバンド)やBathoryにより、今日のブラックメタルの基本となるサウンドが作り出された。いわゆる"第一世代"と呼ばれる時期である。1980年代には、これらのサタニックなスラッシュメタルバンドが「ブラックメタル」と呼ばれることもあった。(また、現在でもオールドスクール・ブラックと呼ばれている。)第一世代と呼ばれるバンドには他にクリーターデストラクションソドムブルドーザーデス・SS英語版などがいる。

しかし、1987年になると事態は一時沈静化する。Slayerマガジンの著者Metalionは「昨今のサタニックバンドブームはどうやら終わりを迎えたようだ」と記述している。その一方で、Incubus、モービッド・エンジェルサバト(UK)、トーメンターサルコファーゴグロテスク、Treblinka(ティアマットの前身バンド)など一部のバンドがサタニックなテーマを掲げて活動を続けていた。

ノルウェーのシーンが勃興する前の年にはRootMaster's Hammer、Von、ロッティング・クライストサマエルブラスフェミーらが重要な作品をリリースしている。特にMaster's Hammerのデビュー作RitualはダークスローンのFenrizをして「このアルバムこそが最初のノルウェイジャン・ブラックメタルだ。もっとも、彼らの出身はチェコなんだけどね。」と言わしめた。ブラスフェミーのデビュー作Fallen Angel of Doomは後にウォー・ブラックメタルと呼ばれるスタイルへとつながることになる。

1990年1991年には北欧のバンドが上記のバンドに影響を受け活動を始める。スウェーデンではマーダックディセクションNifelheimアブラプタムが、フィンランドではデスメタルグラインドコアの要素を取り入れたベヘリットアーチゴートインペイルド・ナザリーンといったバンドが現れた。特にフィンランドシーンの音楽性は後のウォー・ブラックメタルに大きな影響を与えた。

デスメタル全盛のアメリカではDemoncyProfanaticaアブスーが誕生している。1990年ライプツィヒで行われたメイヘムのライブは東ドイツのシーンに絶大な影響を与えたと言われ、一部ではジャーマンブラックメタルの幕開けだとまで評されている。

第二世代[編集]

続いて1990年代には、EmperorMayhemDarkthroneBurzumといったノルウェー出身のバンドが活躍し始め、ブラックメタルという音楽をよりはっきりさせた。Mayhemのヴォーカリストであるデッドが自殺し、Darkthroneが2ndアルバム"A Blaze in the Northern Sky"をリリースした直後にユーロニモスがつくりあげたブラックメタルシーンを俗に"第二世代"と呼ぶ(サルコファーゴの1stアルバム"I.N.R.I."又はサマエルの1stアルバム"Worship Him"がリリースされた直後を第二世代とする説もある)。長らく人の知るところではなかったブラックメタルが俄に注目を浴び、その名が広まるに至ったのは、これらのバンドのメンバーを中心に起こった自殺、教会への放火、殺人、など数々の事件や犯罪行為、およびそれらをセンセーショナルに取り上げたメディアによる影響が大きい。

アンダーグラウンド主義の元、メジャー音楽に攻撃をしかけ、ツアー中のアーティストの家を放火・ツアーバスを転倒させる、等の行動も起こしていた彼らおよびそのファン達は、ブラックメタルマフィアとも呼ばれた。また、シーンの中核には反キリスト教集団「インナーサークル」(Black Metal Inner Circle)が存在するとされ、その集団内での格付けは行った犯罪の大きさで決まったとさえも言われた。(詳細は→インナーサークル)

しかし、1993年8月、バーズム の中心人物、「Count Grishnackh(カウント・グリシュナック)」ことヴァルグ・ヴィーケネスが、インナーサークル及びMayhemのリーダーであったユーロニモスことオイスタイン・アーセスを殺害する事件を起こす。この事件でヴァルグがついに逮捕され、懲役21年という判決を受けた事をきっかけに、バンドのメンバーらの犯罪が次々と発覚して逮捕者が続出し、初期のブラックメタルシーンは崩壊してしまう。

また、同時期に他国でも様々なシーンが誕生していた。ポーランドではグレイヴランドベヒーモスによってシーンが築かれている。アメリカではBlack FuneralGrand Belial's KeyJudas Iscariotらが活躍している。

フランスではアンダーグラウンドシーンのミュージシャンが集まり、Les Légions Noiresというグループが結成されるに至った。著名なバンドではMütiilation、Vlad Tepes、Belketre、Torgeistがいる。同時にナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル(NSBM)シーンも勃興している。AntaeusのMkMによれば、この時期のフランスのシーンは「とても簡単に整理できる。NSBMを選んで、ファンジンと聴衆からのサポートを受けるか、the Black Legions(訳注:Les Légions Noires)の一員になってあの'カルト'なアウラを身に纏うか…。Antaeusはパリ出身で、NSBMもやらないし、クリシェに満ちた'スカンジナビアン・ブラックメタル'でもないから、どこにも属さないってことになるかな。とはいえ、シーンに迎合しようって気もさらさらないけど。」Deathspell Omegaのように前衛的な手法をとっているバンドも多く存在する。不協和音を取り入れていることが特徴で、他にはAntaeusAosothなどが著名である。

ドイツのシーンではアブサードの行いが論争を呼んだ。1993年、アブサードのメンバーが同じ学校に在籍するザンドロ・ベイヤーという少年を殺害したのである。ベイヤーの墓碑の写真はリリースされたデモの一つThuringian Pagan Madnessのアートワークにナチズムを賛美する言葉とともに掲載されている。このデモは獄中で録音され、ポーランドでグレイヴランドのドラマーによってリリースされている。 Nagelfarの中心人物であるAlexander von Meilenwaldはこのドイツシーンの最重要作品としてUngodTha-NorrLunar AuroraKatharsisのデビューアルバムとDesasterのデモLost in the Agesを挙げ、「必ずしもドイツ史上最高の作品だとは言えないかもしれないが、全部すばらしい出来だ」と述べている。

それからもブラックメタルは脈々と受け継がれ、現在ではノルウェーを中心とした本場スカンディナヴィア地方以外にも、フランスドイツウクライナをはじめとするヨーロッパ南米北米東アジア東南アジアオーストラリアなど世界各地でシーンが築かれると同時に、ディム・ボガーらのようにメジャーレーベルでの商業的成功を収めるバンドも現れている。

特徴[編集]

楽曲[編集]

一口にブラックメタルと呼んでも、楽曲演出はバンドによりさまざま。

  • 例:スラッシュメタルに近い楽曲のバンド、野獣性の強いバンド、キーボードを使い荘厳な雰囲気を重視するバンド、デスメタルに近い楽曲のバンド、限りなく悪い音質とノイズ不協和音を多用するバンド、ゴシックメタルの作風を取り入れたバンド、流麗なメロディーを重視するバンド、攻撃的でハイスピードな楽曲のバンド、反復するフレーズと鬱々とした世界観を重視するバンド、悲痛な雰囲気を強調したバンド、重苦しくひきずるような遅さを持つ楽曲を重視するバンド、破滅的かつ混沌・錯乱したような演出のバンドなど。

ただし、ブラックメタルに括られる音楽にはいくつかの特徴を見出すことが出来る。もちろん、ここに挙げる全ての特徴が当てはまるバンドは少ないが、ほとんどのバンドは以下の特徴のいくつかを持っている。

  • トレモロリフ
  • 高音域を強調したノイジーなギターサウンド
  • 三全音やフラットフィフスの多用。
  • 宗教的で荘厳な雰囲気
  • クラシック的なフレーズの多用。又はメロディやリフ、フレーズがクラシックと似ている。
  • 速くシンプルなドラムビートブラストビートが頻繁に使われる。
  • キーボードを使用することで寒々しく憂鬱な雰囲気を作りだす。
  • うなり声、金切声 (バソリーのヴォーカリストであるクォーソンの影響によるものといわれている)
  • ローファイなサウンド(近年では意図的に用いられる場合もある)

ギターリフはスラッシュメタルデスメタルのほか、ハードコアクラシックに影響を受けている場合もあるが、かなりのバンドに該当するジャンル特有の特徴としてトレモロリフの多用が挙げられる。パワーコードもしくはマイナー系のコードストロークのバッキングに、単音トレモロでリードをとるパターンが最も多い(Dark Funeralなど)。その一方で、ギターソロはあまり重要視されない。

一般的にベースギターは音圧稼ぎに使われ目立たないことが多いが、一方で強くベースの音を押し出しているバンドもいるなど、細かい分野によって用法は全く異なる。

音作りとしては、デスメタルのように過剰にダウンチューニングしないという特長がある(ただしブルータル系を除く)。例えばEmperorDissectionDarkthroneBurzumMarduk、初期Satyriconなどの大半のバンドがレギュラーチューニングを用いており、Mayhem、Satyricon、Deathspell Omegaでさえ半音下げである。それ以上に下げているバンドは、特に90年代から存在するバンドではかなり少ない。一方で、ブルータルブラックと呼ばれるBehemothなどのバンドや、従来のブラックメタルとは異なったプログレッシブやアヴァンギャルドなどの要素を強く持つバンド、また近年の音楽的流行を取り入れたバンドは1音半より下げていることも少なくない。

キーボードアレンジに関しては、シンフォニックブラックメタルにカテゴライズされるバンド群では特に、クラシック風のフレーズが使われることがある。その他のジャンルの影響としては、中期 SatyriconやMyrkskogのようにインダストリアルメタルから影響を受けたもの、後期EmperorやBorknagarのようにプログレッシブロックから影響を受けたもの、Absurdのように Oiパンクから影響を受けているものなどがある。また、メンバーがサイドプロジェクトとしてアンビエントインダストリアルノイズをやっている場合もある。

通常の曲構成をとることはあまりなく、特に明確なヴァース‐コーラス形式はないことが多い。大半の楽曲は楽器演奏部の繰り返しが多く行われる。ただ、ロッティング・クライストが確立したギリシャ風のスタイルは例外で、ノルウェーのそれよりも正統派ヘヴィメタルのスタイルに近い構成をとっている。

歌詞・思想・哲学[編集]

音楽性が多岐に及びつつもブラックメタルというジャンルが成立しているのは、思想・哲学といった側面が他ジャンルに比べて非常に強く、歌詞や世界観などによる演出にも重点が置かれているということを念頭に置かなければならない。

ブラックメタルのシーンには、音楽活動を通して思想を伝播することを重要だと考えているバンドが数多くいる。一般的なブラックメタルの思想は、サタニズム(悪魔主義)という言葉に集約されている。サタニズムには色々な面があるが、ブラックメタルのシーンではアントン・ラヴェイの影響は少ない。むしろ、ラヴェイの考えはブラックメタルのバンドから蔑まれる傾向が強い。

ブラックメタルの歌詞で歌われているテーマには、キリスト教徒の虐殺、キリスト教の滅亡などキリスト教を攻撃するもの、悪魔を称えたり、天使や神、天国を罵るなど冒涜的なもの、人間愛、平和、自由などを否定する反道徳的なもの、自殺、孤独、人間への嫌悪を歌った厭世的なものなどがある。これらのテーマは全く別のものというわけではなく、それぞれがつながっている。

ブラックメタルで言うサタニズムとは、キリスト教の倫理の逆を行く事、すなわち自分の欲望に忠実に生き、弱者を強者の糧にするのをよしとする思想を表している。そのため、キリスト教を弱者のものとして否定したフリードリヒ・ニーチェの思想(ニヒリズム)が好まれる傾向にある。また、サタニズムは弱者の排除という点でナチズムと共通するが、ヴァルグ・ヴィーケネスのようなネオナチ活動家や、ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル民族社会主義ブラックメタルの意)と呼ばれているAbsurdGravelandNokturnal Mortumのようなネオナチバンドを除いては、ブラックメタルのシーンで人種差別が肯定的に捉えられることはない。

インナーサークルがスカンディナビアからキリスト教を撤廃し、古代の宗教を復活させるという目標を掲げたことこともあり、ブラックメタルのシーンではキリスト教以外のヨーロッパの宗教(ペイガニズム)が讃えられることが多い。また、指輪物語などのファンタジーに出てくる悪の象徴、ギリシャ神話北欧神話(ゲルマン神話)の死の象徴(ハーデースなど)が、悪魔のかわりにテーマとされることがあり、ドラキュラ映画や西洋魔術もブラックメタルバンドにインスパイアを与えている。ただし、クレイドル・オブ・フィルス のように思想がともなわず、イメージだけが先行するものはブラックメタル好きからは嫌われる場合もある。)

このように、一般にブラックメタルの中でキリスト教が肯定的に扱われることはほとんどないといっていい。一方で、ブラックメタル特有のサウンドを有していながら歌詞やイメージでキリスト教を賛美する、アンブラックメタルという一見矛盾したジャンルも存在している。

ファッション[編集]

コープス・ペイントの例
(1349ギタリスト、アルカオン)

ファッション面の特徴として、顔全体を白く、目の周りを黒く塗ったコープス・ペイント(土葬文化の下で死者の姿を扮装したものとされる)をする者が多い。他には全身黒服、鋲が多く打たれたガントレット、ガンベルト、バンドTシャツ、センター・パートのロング・ヘア、革ジャケット、ロング・ブーツ、生々しい血のり等。ただし、これらのファッションはブラックメタルに限らず、一般的なメタルシーンでも見られる。また、中後期Emperorのように、コープス・ペイントやロングヘアーが見られないバンドも存在する。ブラジルのバンドサルコファーゴの1stアルバムでのファッションが計り知れぬ影響を与えたとされる。

アートワークはモノクロのものが多い。これは1990年代に入ってデスメタルバンドのアートワークがどんどん鮮やかなものになったことに対するアンチテーゼである。自然や神話の風景が題材として選ばれることが多い。

バンド一覧[編集]

ノルウェー[編集]

スウェーデン[編集]

フィンランド[編集]

デンマーク[編集]

ドイツ[編集]

オランダ[編集]

ベルギー[編集]

オーストリア[編集]

スイス[編集]

イギリス[編集]

フランス[編集]

イタリア[編集]

ギリシャ[編集]

ウクライナ[編集]

ポーランド[編集]

チェコ[編集]

台湾[編集]

日本[編集]

アメリカ[編集]

オーストラリア[編集]

シンガポール[編集]

ブラジル[編集]

カナダ[編集]

参考文献[編集]

  • マイケル・モイニハン、ディードリック・ソーデリンド 『ブラック・メタルの血塗られた歴史』 島田陽子訳、メディア総合研究所〈Garageland Jam Books〉、2009年

ブラックメタルを扱ったドキュメンタリー[編集]

  • Det svarte alvor (1994)
  • Satan Rides the Media (1998)
  • Norsk Black Metal (2003) was aired on Norwegian TV by the Norwegian Broadcasting Corporation (NRK).
  • Metal: A Headbanger's Journey (2005) touches on black metal in the early 1990s, and includes an extensive 25-minute feature on the DVD release.
  • True Norwegian Black Metal (2007) is a five-part feature from VICE. It explores some of the aspects of the lifestyle, beliefs and controversies surrounding former Gorgoroth vocalist Gaahl.[1]
  • Black Metal: A Documentary (2007), produced by Bill Zebub, explores the world of black metal from the point of view of the artists. There is no narrator and no one outside of black metal takes part in any interview or storytelling.
  • Murder Music: A History of Black Metal (2007)
  • Once Upon a Time in Norway (2008)
  • Black Metal Satanica (2008)
  • Until the Light Takes Us (2009) explores black metal's origins and subculture, featuring exclusive interviews and including rare footage from the Black Circle's early days.
  • Out of the Black – A Black Metal Documentary (2012), an examination of the musical and social origins of black metal while exploring the full spectrum of the religious ideology within the scene. Also examines black metal in America and the multiple differences between the American and the Scandinavian scene.[2]
  • One Man Metal (2012) explores the lifestyle and thoughts of the members of the three one-man bands Xasthur, Leviathan and Striborg.[3]
  • "Attention! Black Metal" (2012)

脚注[編集]

  1. ^ True Norwegian Black Metal - VICE - 1 of 5 - YouTube”. YouTube (2007年4月25日). 2012年9月4日閲覧。
  2. ^ Blabbermouth.net - Black Metal Documentary 'Out of the Black' to Be Released for Free via Web”. Blabbermouth.net (2012年2月1日). 2012年9月4日閲覧。
  3. ^ One Man Metal - Part 1 - Black Metal's Unexplored Fringes”. YouTube (2012年10月2日). 2013年1月19日閲覧。