ジョヴァンニ・レオーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政治家
ジョヴァンニ・レオーネ
Giovanni Leone
Giovanni Leone.jpg
生年月日 1908年11月3日
出生地 カンパニア州ナポリ県ナポリ
没年月日 2001年11月9日(満93歳没)
死没地 ラツィオ州ローマ県ローマ
所属政党 キリスト教民主主義

イタリアの旗 第6代大統領
任期 1971年12月29日 - 1978年6月15日

任期 1963年6月21日 - 1963年12月4日
元首 アントニオ・セーニ
共和国大統領

任期 1968年6月24日 - 1968年12月12日
元首 ジュゼッペ・サーラガト
共和国大統領
テンプレートを表示
フォード米大統領(右)と会談。(1974年

ジョヴァンニ・レオーネGiovanni Leone1908年11月3日 - 2001年11月9日)は、イタリア政治家

大統領(第6代)、首相(第54・56代)を歴任。

概要[編集]

ナポリ出身。弁護士・大学講師を経て、戦後キリスト教民主主義の結党に参加。1946年に制憲議会議員となって政界入りし、その後1955年から1963年まで代議院議長を務める。1963年6月に首相に就任するが12月には辞任、1968年6月に再度首相となるが、これも12月に辞職している。

1971年に大統領に選出されるが、任期中にコレラの大流行に見舞われる。このため地元ナポリへ視察に行ったが、その際患者の手を握りながら後ろ手でコルナを作っていたことが発覚。コルナは縁起の悪いものを目にした際に悪運祓いとして作るジェスチャーだったため批判が巻き起こった。更に首相任期中にロッキードから賄賂を受け取っていた疑惑(「ロッキード事件」の項目を参照)が発覚し、このため1978年に任期を半年残して辞任している。

関連項目[編集]


先代:
ジュゼッペ・サーラガト
イタリアの旗 大統領
第6代: 1971 - 1978
次代:
アレッサンドロ・ペルティーニ
先代:
アルド・モーロ
イタリアの旗 首相(閣僚評議会議長)
第56代: 1968
次代:
マリアーノ・ルモール
先代:
アミントレ・ファンファーニ
イタリアの旗 首相(閣僚評議会議長)
第54代: 1963
次代:
アルド・モーロ