テクニカルデスメタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テクニカルデスメタル
Technical Death Metal
様式的起源 デスメタル
プログレッシブ・メタル
文化的起源 1980年代後半、アメリカ合衆国
使用楽器 ボーカルギターベースドラム
関連項目
デスヴォイスブルータルデスメタル
テンプレートを表示

テクニカルデスメタル (Technical Death Metal)は、ヘヴィメタルの中に含まれる音楽ジャンルの一つであり、デスメタルのサブジャンルの一つ。テクデス (tech-death)と呼ばれることもある。また、プログレッシヴデスメタル (Progressive Death Metal)と同一視されることもある。デスメタルの中でも、複雑なリズムリフ、曲構成に重点が置かれた音楽性がこのジャンルの大きな特徴である。

歴史[編集]

デスメタルにおいて、テクニカルな試みは、1980年代後半から1990年代前半にかけて、デスエイシストシニックなどのアメリカ合衆国のデスメタルバンドによってはじめられた[1]1990年に、ノクターナスがリリースしたデビューアルバム『The Key』の影響で、サルコファーゴは3rdアルバム『The Laws of Scourge』で、ブラックメタルスラッシュメタルからテクニカルデスメタルへと音楽性を大きく転換させている。エイシストの3rdアルバム『Testimony of the Ancients』とデスの4thアルバム『Human』はその翌年にリリースされている。この中でも、デスの『Human』は90年代のテクニカルデスメタルバンドに強い影響を与えた[1]1991年ニューヨークでは、グラインドコアに影響を受けたサフォケイションが、デビューアルバム『Effigy of the Forgotten』をリリースしている。同アルバムは、洗練された楽曲にスピード、ブルータリティを重視したものに仕上がっており、その後、このジャンルで画期的なアルバムとなった[2]。90年代にはエッジ・オブ・サニティダン・スワノオーペスミカエル・オーカーフェルトが互いに影響を与え合い、70年代のプログレッシブ・ロックデスメタルを組み合わせたスタイルを共に提示している[3]

ヘヴィメタル雑誌「メタル・エッジ英語版」の元エディターのフィル・フリーマン (Phill Freeman)は、テクニカルデスメタルのサブジャンルについて、"the hidden side of its genre, having more in common with prog-rock and jazz fusion than with the mechanistic, Satan-obsessed grinding that's the music's dominant public image."と述べている[1]

アーティスト一覧[編集]

バンド名 出身国 結成年 脚注
Aborted (英語版) ベルギーの旗 ベルギー 1995 [4]
Aeon (英語版) スウェーデンの旗 スウェーデン 1999 [5]
Amoral フィンランドの旗 フィンランド 1997 [6]
Anata (英語版) スウェーデンの旗 スウェーデン 1993 [7]
Arsis (英語版) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2000 [1][8]
Atheist アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1984 [1]
Augury カナダの旗 カナダ 2001 [9]
Beneath the Massacre (英語版) カナダの旗 カナダ 2004 [10][11]
Born of Osiris アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2003 [12]
Brain Drill アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2005 [9][13][14][15]
Cannibal Corpse アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1988 [16][17]
Cephalic Carnage アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1992 [18]
Coprofago チリの旗 チリ 1993 [19]
Cryptopsy カナダの旗 カナダ 1992 [1][20][21][22]
Cynic アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1987 [1]
Death アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1983 [1][23]
Decapitated ポーランドの旗 ポーランド 1996 [24]
Despised Icon カナダの旗 カナダ 2002 [25][26]
Dying Fetus アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1991 [27]
Extol (英語版) ノルウェーの旗 ノルウェー 1994 [28]
The Faceless アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2004 [29]
Fleshgod Apocalypse イタリアの旗 イタリア 2007 [30]
Gojira フランスの旗 フランス 1996 [31]
Gorguts カナダの旗 カナダ 1989 [1][32]
In Battle (英語版) スウェーデンの旗 スウェーデン 1996 [33]
Into the Moat (英語版) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2001 [34]
Knights of the Abyss (英語版) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2005 [35]
Meshuggah スウェーデンの旗 スウェーデン 1987 [36]
Monstrosity アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1990 [32]
Necrophagist ドイツの旗 ドイツ 1992 [1][37]
Neuraxis カナダの旗 カナダ 1994 [1][38]
Never ポーランドの旗 ポーランド 1996 [39]
Nile アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1993 [40]
Nocturnus アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1988 [41]
Obscura ドイツの旗 ドイツ 2002 [9]
Oceano アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2006 [42]
Opeth スウェーデンの旗 スウェーデン 1990 [43]
Origin (英語版) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1997 [44]
Pestilence オランダの旗 オランダ 1986 [45]
Psycroptic (英語版) オーストラリアの旗 オーストラリア 1999 [46][47][48]
The Red Chord アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1999 [49]
Suffocation アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1989 [2]
Trigger the Bloodshed イギリスの旗 イギリス 2006 [50]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Freeman, Phil. “The Man-Machine Will Rock You: The Existential Paradox of Technical Death Metal”. The High Hat. 2009年8月15日閲覧。
  2. ^ a b Rivadavia, Eduardo. Effigy of the Forgotten. Allmusic. Retrieved 2012-08-17.
  3. ^ Dan Swano”. 2014年10月8日閲覧。
  4. ^ Chad Bowar, Aborted – Slaughtered & Apparatus: A Methodical Overture at About.com
  5. ^ Chad Bowar Aeon Rise to Dominate at About.com
  6. ^ http://www.metal-archives.com/bands/Amoral/4142 2013年8月23日閲覧。
  7. ^ Bowar, Chad. “The Conductor's Departure review”. About.com. 2010年8月14日閲覧。
  8. ^ Harris, Chris. “Arsis May Cancel Tour after Trailer Wreck”. MTV.com. 2009年8月15日閲覧。
  9. ^ a b c Marsicano, Don. “Augury – 'Fragmentary Evidence'”. About.com. 2009年11月22日閲覧。
  10. ^ Harris, Chris and Wiederhorn, Jon. “Metal File: Satyricon, Trivium, Heaven Shall Burn, Brutal Truth & More News That Rules”. MTV.com. 2009年8月15日閲覧。
  11. ^ Rivadavia, Eduardo. “Beneath the Massacre”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  12. ^ Freeman, Phil. “A Higher Place”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  13. ^ Harris, Chris and Widerhorn, Jon. “Brain Drill Raise The Death-Metal Bar; Plus Iron Maiden, Walls Of Jericho & More News That Rules, In Metal File”. MTV.com. 2009年8月15日閲覧。
  14. ^ Bowar, Chad. “February 2008 Best Heavy Metal CDs”. About.com. 2009年8月15日閲覧。
  15. ^ Jurek, Thom. “Apocalyptic Feasting review”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  16. ^ Norton, Justin M. “Best Cannibal Corpse Albums”. About.com. 2009年8月15日閲覧。
  17. ^ Lee, Cosmo. “Kill review”. Stylus Magazine. 2010年3月31日閲覧。
  18. ^ Adrien Begrand. “Cephalic Carnage Xenosapien”. PopMatters. 2009年6月17日閲覧。
  19. ^ Rivadavia, Eduardo. “Coprofago”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  20. ^ Harris, Chris. “Cryptopsy Drummer Dismisses Sell-Out Claims; Plus Sepultura & More News That Rules, In Metal File”. MTV.com. 2009年8月15日閲覧。
  21. ^ Robinson, Iann. “Metal File: Hard & Heavy News On Judas Priest, Vader, Fireball Ministry, Children of Bodom, Cryptopsy & More”. MTV.com. 2009年8月15日閲覧。
  22. ^ Harris, Chris and Wiederhorn, Jon. “36 Crazyfists Pounding Away On Next Album; Plus Anthrax, Ipsissimus & More News That Rules, In Metal File”. MTV.com. 2009年8月15日閲覧。
  23. ^ Pratt, Greg. Symbolic review. Revolver. http://books.google.com/books?id=GfoDAAAAMBAJ&pg=PT103&dq=%22arsis%22+%22technical+death+metal%22#v=onepage&q=%22arsis%22%20%22technical%20death%20metal%22&f=false 2009年8月15日閲覧。. 
  24. ^ NME. “Decapitated”. NME. 2209年8月15日閲覧。
  25. ^ Despised Icon
  26. ^ Despised Icon review
  27. ^ Dying Fetus Descend Into Depravity Review – Review of Descend Into Depravity by Dying Fetus”. Heavymetal.about.com (2010年6月14日). 2011年10月10日閲覧。
  28. ^ Born, R. “Extol”. MusicMight. 2010年12月16日閲覧。
  29. ^ Bowar, Chad. “Meshuggah Tour Dates”. About.com. 2009年9月2日閲覧。
  30. ^ 『Agony』ライナーノーツ
  31. ^ Lissa Brennan, With French death-metal pioneers Gojira, the lyrics matter as much as the blastbeats, pittsburghcitypaper.ws , October 15, 2009
  32. ^ a b Bowar, Chad. “Top 5 Most Underrated Death Metal Albums from Charles Elliott of Abysmal Dawn”. About.com. 2009年8月15日閲覧。
  33. ^ Henderson, Alex. “Kingdom of Fear review”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  34. ^ Falzon, Denise. “The Campaign review”. Exclaim!. 2009年5月4日閲覧。
  35. ^ Henderson, Alex. “The Culling of Wolves review”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  36. ^ Chad Bowar. “Top 10 Heavy Metal CDs Of 2005”. About.com. 2007年6月25日閲覧。
  37. ^ York, William. “Epitaph review”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  38. ^ Bowar, Chad. “The Thin Line Between review”. About.com. 2009年8月15日閲覧。
  39. ^ http://www.metal-archives.com/bands/Never/1505 2012年12月1日閲覧
  40. ^ Harris, Chris and Wiederhorn, Jon. “Metal File: In This Moment, Behemoth, Nile & More News That Rules”. MTV.com. 2009年8月15日閲覧。
  41. ^ Sharpe-Young, Garry. “Nocturnus”. MusicMight. 2009年8月15日閲覧。
  42. ^ Heaney, Gregory. “Oceano”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  43. ^ Sharp-Young, Gary and Yura. “Opeth”. Allmusic. 2011年1月20日閲覧。
  44. ^ Bowar, Chad. “Antithesis review”. About.com. 2009年8月15日閲覧。
  45. ^ Freeman, Phil. “Resurrection Macabre review”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  46. ^ Unknown. “PSYCROPTIC: Orangevale Footage Available – Apr. 12, 2009”. Blabbermouth.net. 2009年8月15日閲覧。
  47. ^ Rivadavia, Eduardo. “Psycroptic”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  48. ^ Henderson, Alex. “Ob(servant) review”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  49. ^ Freeman, Phil. “Fed Through the Teeth Machine – The Red Chord”. Allmusic. 2012年8月17日閲覧。
  50. ^ Dan Marsicano, "(...) technical death metal ala Suffocation and Nile", Trigger The Bloodshed – 'The Great Depression' at About.com