ロニー・ジェイムス・ディオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロニー・ジェイムズ・ディオ
ロニー・ジェイムズ・ディオ}
ロニー・ジェイムズ・ディオ
基本情報
出生名 Ronald James Padavona
別名 Ronnie James Dio
出生 1942年7月10日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ポーツマス
死没 2010年5月16日(満67歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ボーカリスト 
担当楽器 ボーカル
ベース
活動期間 1957年 - 2009年
共同作業者 エルフ
レインボー
ブラック・サバス
ディオ
ヘヴン・アンド・ヘル
公式サイト ronniejamesdio.com

ロニー・ジェイムズ・ディオRonnie James Dio, 本名: Ronald James Padavona, 1942年7月10日 - 2010年5月16日[1])は、ニューハンプシャー州ポーツマス出生 ニューヨーク州コートランドCortland)出身のイタリア系アメリカ人ヘヴィメタルロックミュージシャンである。

概要[編集]

非常に張りのある中音域が特徴の伸びのある声を持ち、また時に演劇的ですらあるドラマチックな発声により、いわゆる様式美ヘヴィメタルの教祖的存在とされ、絶大な存在感を発揮した。欧米人の中では比較的小柄ではあるが声量があり、最後まで非常にパワフルな歌唱を聴かせていた。 ライヴでも「絶対音感のヴォーカリスト」と称されるほど、故意のフェイク以外では音程を外さなかった。これは、幼少期からトランペットのトレーニングを受けてきたことが素地になっているという。

60歳を超えてなお、その精力的な活動はメタル界のゴッドファーザーと評されることが多かった。

メロイックサインをヘヴィメタル界に広めた人物である。

来歴[編集]

レインボー在籍時のディオ(左)。右隣はリッチー・ブラックモア

1957年、学生の頃からすでにバンド活動を始め、ヴォーカリストベーシスト兼任していた。1962年には、「ロニー・ディオ・アンド・ザ・プロフェッツ」というバンドでプロに転身していることから、音楽歴ではザ・ビートルズと肩を並べるベテランである。ディープ・パープルの前座を務めていた頃、リッチー・ブラックモアに見出され、押しも押されもせぬロック・シンガーとなった。

エルフレインボーブラック・サバスを経て、1982年に自らのバンド、ディオを結成。2006年にはディオと並行して、ブラック・サバスから改名したヘヴン・アンド・ヘルでも精力的に活動した。

また1986年には、ディオのメンバーを中心にアフリカの飢餓救済を目的としたチャリティ・プロジェクト『ヒア・アンド・エイド』を結成し、当時活躍していたヘヴィメタルミュージシャンが多数参加したアルバム『STARS』をリリースした。

2007年、ロニーが参加したブラック・サバスのベスト・アルバムリリースに伴い、アルバム『悪魔の掟 Mob Rules』のレコーディング・メンバー(ロニー・ジェイムズ・ディオ、ヴィニー・アピスギーザー・バトラートニー・アイオミ)とヘヴン・アンド・ヘル名義でツアーを行った。

2009年、ヘヴン・アンド・ヘル初となるアルバムをリリース。ヴァッケン・オープン・エアラウドパークを含むツアーを行った。しかし11月27日、自身の公式サイトにて早期の胃癌と診断されたことを明かし、予定されていたヘヴン・アンド・ヘル及びディオのヨーロッパ・ツアーを全てキャンセル、闘病生活に入るも、翌2010年5月16日午前7時45分(米中部夏時間)、ヒューストンで死去。67歳であった。

在籍したバンド[編集]

ディスコグラフィー[編集]

ロニー・ディオ・アンド・ザ・プロフェッツ[編集]

  • Dio At The Domino's

エルフ[編集]

  • ELF (1972)
  • Carolina County Ball (1974) * U.S.Title L.A. / 59
  • Trying To Burn The Sun (1975)

レインボー[編集]

  • 銀嶺の覇者 - Ritchie Blackmore's Rainbow (1975)
  • 虹を翔る覇者 - Rainbow Rising (1976)
  • レインボー・オン・ステージ - On Stage (1977、ライブ)
  • バビロンの城門 - Long Live Rock 'n' Roll (1978)
  • ファイナル・ヴァイナル - Finyl Vinyl (1986、ライブ)
  • 虹色魔宴〜ライヴ・イン・ジャーマニー1976 - Live in Germany 1976 (1990、ライブ)
  • ライヴ・イン・ミュンヘン1977 - Live In Munich 1977 (2006、ライブ)
  • Deutschland Tournee 1976 (2006、ライブ)
  • Live In Cologne (2007、ライブ)
  • Live In Düsseldorf (2007、ライブ)
  • Live In Nurnberg (2007、ライブ)
  • ポリドール・イヤーズ - The Polydor Years: 1975-1986 (2007、コンピレーション)

ブラック・サバス[編集]

ディオ[編集]

  • 情念の炎〜ホーリィ・ダイヴァー - Holy Diver (1983)
  • ラスト・イン・ライン - The Last in Line (1984)
  • セイクレッド・ハート - Sacred Heart (1985)
  • インターミッション - Intermission (1986、ライブ)
  • ドリーム・イーヴル - Dream Evil (1987)
  • ロック・アップ・ザ・ウルブス - Lock up the Wolves (1990)
  • ダイアモンズ-ベスト・オブ・ディオ - Diamonds – The Best of Dio (1992、コンピレーション)
  • ストレンジ・ハイウェイズ - Strange Highways (1994)
  • アングリー・マシーンズ - Angry Machines (1996)
  • Inferno - Last in Live (1998、ライブ)
  • マジカ - Magica (2000)
  • The Very Beast of Dio (2000、コンピレーション)
  • キリング・ザ・ドラゴン - Killing the Dragon (2002)
  • マスター・オブ・ザ・ムーン - Master of the Moon (2004)
  • Evil or Divine - Live In New York City (2005、ライブ)
  • ホーリー・ダイヴァー・ライヴ - Holy Diver - Live (2006、ライブ)

ヘヴン・アンド・ヘル[編集]

  • ライヴ・フロム・レディオ・ミュージック・シティ・ホール - Live from Radio City Music Hall (2007、ライブ)
  • ザ・デヴィル・ユー・ノウ - The Devil You Know (2009)
  • ネオンナイツ30イヤーズ・オブ・ヘヴン・アンド・ヘル - Neon Nights: Live At Wacken 2009 (2010、ライブ)

脚注[編集]

  1. ^ Heavy metal singer Ronnie James Dio dies at 67 - BBC News

外部リンク[編集]