カリフォルニア・ジャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カリフォルニア・ジャム (California Jam) は1974年4月6日アメリカ合衆国カリフォルニア州オンタリオ・モーター・スピードウェイにて開催された複数のロックバンドによるロック・フェスティバルである。主催はアメリカのABCテレビジョン。

概要[編集]

集まった聴衆の数は推定で20万人以上とされている。前売り券は10ドル、当日券は15ドルで売り出された。総演奏時間は約11時間におよびこの模様は主催者のABCテレビジョンにて全米中継された。

ヘッド・ライナーはディープ・パープルエマーソン・レイク&パーマーである。出演順については関係者間でかなりもめたそうだが、ライティングを重視したエマーソン・レイク&パーマーが後、ディープ・パープルが先となった。[1] こうして出演時間を早められ夕方に登場したディープ・パープルのギタリストリッチー・ブラックモア[2][3]はカメラマンの撮影の仕方に腹を立て、[4] ギターテレビカメラを破壊、[5]マーシャル・アンプ上に火を放った(予定よりも燃料が多すぎて危険な状況だった)[6] 演奏後は器物損壊・消防法などで拘束される恐れがあったためヘリコプターで他州へ逃亡、後にカメラの賠償として5千ドルを支払った。

1978年3月18日にはカリフォルニア・ジャム2が開催されエアロスミスジャーニーフォリナーテッド・ニュージェントルビコンなどが出演した。

主な出演者[編集]

参考文献[編集]

  • ディープ・パープル : フォト・バイオグラフィー / クリス・チャールズワース著(シンコー・ミュージック) ISBN 4-401-62069-0 C0073
  • ブラック・ナイト リッチー・ブラックモア伝 / ジェリー・ブルーム著(シンコー・ミュージック・エンタテイメント) ISBN 978-4-401-63159-9 C0073

脚注[編集]

  1. ^ グレン・ヒューズの発言「出演6か月前の時点では俺たちがヘッドライナー扱いで、2か月前になってプロモーターがEL&Pも同契約扱いして、もっと客を呼ぼうとした。フェアじゃないんで日没に出演したいと言ったら、OKだった。ところがショウが予定より早く進行して、プロモーターは早く出ろと言って来たがリッチーは断固拒否した。彼を引っ張り出すことは誰にも出来なかった、あのショウでステージ衣装を着ていないのはそのためなんだ。彼は怒り狂っていたよ。」ボブ・サイモンによると「パープルは翌日にアリゾナでショウがあるから、カリフォルニアから早く離れなければならなかった。EL&Pがトリを取ったのはそのためだよ。」とのこと。(ジェリー・ブルーム著 / ブラックナイト リッチー・ブラックモア伝・第8章ブラック・シープ・オブ・ザ・ファミリー P197〜198から引用。)
  2. ^ リッチー・ブラックモアの発言「誰かが俺の楽屋へ来て、すぐ舞台に上がれと命令した。到着したばかりだったんで、そいつを無視した。男は30数えるうちにステージに上がらないとショウには出さないと言ったが、俺はギターをチューニングしながらカウントダウンを聞いてた。そして15数える前に叩きだしてやった。」
  3. ^ ジョン・ロードが来て説得したが聞き入れず、ABCテレビの代表がやって来て礼儀正しく「ステージに出て貰えませんか?」と頼んだのでリッチーは出ることを決意した。
  4. ^ ジョン・コレッタによると「我々は、『くれぐれもカメラをリッチーとオーディエンスとの間にセットしないように。』と再三警告した。」とのこと。(クリス・チャールズワース著 / ディープ・パープル : フォト・バイオグラフィー P72から引用。)
  5. ^ カメラを破壊したのは「本当はカメラが目標じゃなく、30数えるとか言ったあの男を殺してやるつもりだった。ステージの何処かに居ると思ってたんだが、結局見つからなかったんでカメラを狙った。あの男は俺たちをゴミ扱いしたんで、俺は怒りが収まらず荒れ狂ってたよ。」
  6. ^ マーシャルアンプ爆破については、「アンプが突然火を吹いたら、テレビ的に面白いと思ったから」とリッチー・ブラックモアが後述。(ジェリーブルーム著 / ブラックナイト リッチー・ブラックモア伝・第8章ブラック・シープ・オブ・ザ・ファミリー P198〜199から引用。)