ヴィニー・アピス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィニー・アピス
Vinny Appice
}
基本情報
出生名 Vincent Appice
出生 1957年9月13日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
ニューヨーク市 ブルックリン区
ジャンル ヘヴィメタル, ハードロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラムス, パーカッション
活動期間 1977年 - 現在
共同作業者 リック・デリンジャー
Axis
ブラック・サバス
ディオ
World War III
ヘヴン・アンド・ヘル
Circle of Tyrants

{{{Influences}}}

ヴィニー・アピス(Vinny Appice 、1957年9月13日 - )は、アメリカロックドラマー作曲家ブラック・サバスディオなどでの活動で有名。ヴァニラ・ファッジベック・ボガート & アピス、キング・コブラ等で活躍したカーマイン・アピスの実弟。

キャリア[編集]

出身はニューヨークブルックリン区。イタリア系の一家に生まれる。兄カーマインの11歳下の弟。9歳の時にドラムに出会い、兄カーマインと同じドラム講師に師事した。
16歳の時、彼と彼のバンドBOMFは、レコード・プラント・スタジオジョン・レノンと出会い、レノンのレコーディングを手伝う。

その後、リック・デリンジャーと合流し、デリンジャー名義でDerringer(1976), Sweet Evil (1977), Derringer Live (1977)に参加した。
1978年、デリンジャー時代の同僚、ダニー・ジョンソン(G,Vo、後にスティーヴ・ヴァイの後任としてアルカトラスに参加)、ジェイ・デイヴィス(B,Vo)とともに、ハード・ロック・トリオAXISを結成、アンディ・ジョーンズのプロデュースでIt's a Circus Worldをリリース。

1980年、ツアー序盤でアルコール中毒のため離脱したビル・ワードの後任としてブラック・サバスHeaven and Hellツアーに合流。ここでヴィニーを気に入ったロニー・ジェイムス・ディオがグループおよび本人に正式加入を強く働きかけ、そのまま正式メンバーとなる。
ブラック・サバスでは悪魔の掟Mob Rules)』 (1981年),ライヴ・イーヴルLive Evil) (1982年)にそのプレイを残す。

1982年後半にブラック・サバスを脱退し、ロニーとともにディオの設立に参加。Holy Diver (1983), The Last in Line (1984), Sacred Heart (1985), Intermission (1986), Dream Evil (1987)に参加したが、1989年12月にグループを去る。
ディオ在籍中の1985年には、バンド・エイドに始まった数あるチャリティープロジェクトのひとつとしてロニーが音頭をとって実現した、「ヘヴィメタル版バンド・エイド」ヒア・アンド・エイドHear 'n Aid)にも参加、アルバム「スターズ(STARS)」のレコーディングでクワイエット・ライオットのフランキー・バネリとともにドラムスを担当した。

1990年にはWorld War Ⅲに参加。

1992年、ディオとともにブラック・サバスに復帰し、ディヒューマナイザーDehumanizer)』(1992)のレコーディングとツアーに参加。

1993年には再びロニーとともにディオを再興。Strange Highways (1994)とAngry Machines (1996)をレコーディング。

2005年にはCircle of Tyrantsのレコーディングに参加したほか、アレックス・スコルニックとも仕事をした。

2006年のベスト・オブ・ディオ・イヤーズBlack Sabbath: The Dio Years)』の制作を契機に再集結した元ブラック・サバスのメンバー(トニー・アイオミギーザー・バトラー、ロニー・ジェイムス・ディオ、ヴィニーの4人)でヘヴン・アンド・ヘルを結成し、2009年4月28日にアルバム『ザ・デヴィル・ユー・ノウ(The Devil You Know )』をリリース、ビルボードアルバムチャートの8位にランクされる。 2009年10月にはSin City Sinnersとともにラスヴェガスでの2回のショウでプレイした。

プレイスタイル[編集]

レスラーと見まがう堂々たる体躯から繰り出す、スピーディーかつラウドなプレイがトレードマーク。
兄のカーマインが、スネアエフェクターをかませたり、アクセントの移動でトリッキーなフレーズを編み出したり、ドラムをプレイしながらリード・ヴォーカルをとったりと、常にプレイやサウンドに革新性を吹き込むことにトライしてきたのに対し、弟ヴィニーはあくまでもオーソドックスなロック・ドラミングをその基本とした。
プレイ自体はオーソドックスではあるが、ストロークの速さ、アタックの強さは業界随一で、スネアを中心としたシャープなフィルインを隙あらばと叩き込む攻撃的なドラミングが身上。
ボトムをどっしり支えることよりも、アンサンブルの先頭に立ってバンドを引っ張って行くのが彼の持ち味でありスタイルである。

80年代までは普通のツーバスのセッティングであったが、90年代以降、ツーバスの配置のまま左足側のバスドラムを外し、ワンバスでツーバス分の大股開きの状態で身体が正面を向く(右足のバスドラムのフロントヘッドが正面ではなく斜め前方を向く)独自のセッティングを定着させた。必要に応じてツイン・ペダルを使用する。
現在使用しているセットはdw製。

ロニー・ジェイムス・ディオ[編集]

1980年の最初のブラック・サバス加入以降、ブラック・サバス脱退→ディオ結成→ブラック・サバス復帰→脱退→ディオ再結成→ヘヴン・アンド・ヘル結成と、そのキャリアのほとんどにおいてロニー・ジェイムス・ディオとともに行動し、さながらロニー専属ドラマーの様相を呈していた。
しかし、2010年にロニーが死去し、二人の共演は二度と観られなくなった。

ディスコグラフィ[編集]

デリンジャー[編集]

  • Derringer (1976)
  • Sweet Evil (1977)
  • Derringer Live (1977)

アクシス[編集]

  • It's A Circus World (1978)

ブラック・サバス[編集]

ディオ[編集]

  • Holy Diver (1983)
  • The Last in Line (1984)
  • Sacred Heart (1985)
  • Intermission (1985)
  • Dream Evil (1987)
  • Strange Highways (1994)
  • Angry Machines (1996)
  • Inferno - Last in Live (1998)

ヒア・アンド・エイド[編集]

  • Stars (1985)

ヘヴン・アンド・ヘル[編集]

  • Live from Radio City Music Hall (2007)
  • The Devil You Know (2009)

World War III[編集]

  • World War III (1990)

Mark Boals[編集]

  • Edge of The World (2002)

Power Project[編集]

  • Dinosaurs Powerzone (2006)

3 Legged Dogg[編集]

  • Frozen Summer (2006)

Raven Storm[編集]

  • The Storm Project (2009)

外部リンク[編集]