悪魔の掟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
悪魔の掟
ブラック・サバススタジオ・アルバム
リリース 1981年11月4日
録音 カリフォルニア州ロサンゼルス ザ・レコード・プラント
ジャンル ヘヴィメタルハードロック
時間 40分39秒
レーベル イギリスの旗ヴァーティゴ
アメリカ合衆国の旗カナダの旗ワーナー・ブラザーズ・レコード
プロデュース マーティン・バーチ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 12位(イギリス[1]
  • 29位(アメリカ[2]
  • 30位(スウェーデン[3]
  • 45位(ニュージーランド[4]
  • 47位(オランダ[5]
  • 63位(日本[6]
ブラック・サバス 年表
ライヴ・アット・ラスト!
(1980年)
悪魔の掟
(1981年)
ライヴ・イーヴル
(1982年)
テンプレートを表示

悪魔の掟』(原題:Mob Rules)は、ブラック・サバス1981年に発表した10作目のスタジオ・アルバムロニー・ジェイムス・ディオ加入後としては2作目のアルバムで、また、本作よりヴィニー・アピスが加入した。

背景[編集]

前スタジオ・アルバム『ヘヴン&ヘル』(1980年)に伴うツアーの途中でビル・ワードがバンドを脱退し、1980年8月31日の公演よりヴィニー・アピスが加入[7]。アピスはそのまま正式メンバーとなり、本作のレコーディングにも参加した。

本作に先行して公開された映画『ヘヴィ・メタル』のサウンドトラックでは「悪魔の掟」と「E5150」が使用されており[8]、「悪魔の掟」のサウンドトラック用のヴァージョンは、2010年に発売された本作のデラックス・エディション盤に収録された[9]

反響[編集]

本作は全英アルバムチャートで12位に達し[1]、本作からの第1弾シングル「悪魔の掟」は全英シングルチャートで46位、第2弾シングル「ターン・アップ・ザ・ナイト」は37位に達した[10]

アメリカでは本作がBillboard 200で29位に達し、リリースから約4年半後の1986年5月には、RIAAによってゴールドディスクに認定された[11]。また、『ビルボード』のメインストリーム・ロック・チャートでは「ターン・アップ・ザ・ナイト」が24位、「ヴードゥーの呪い」が46位に達した[2]

収録曲[編集]

全曲ともトニー・アイオミロニー・ジェイムス・ディオギーザー・バトラーの共作。4.はインストゥルメンタル

  1. ターン・アップ・ザ・ナイト "Turn Up the Night" – 3:43
  2. ヴードゥーの呪い "Voodoo" – 4:33
  3. 南十字星 "The Sign of the Southern Cross" – 7:50
  4. E5150 "E5150" – 2:50
  5. 悪魔の掟 "The Mob Rules" – 3:15
  6. カントリー・ガール "Country Girl" – 4:03
  7. スリッピン・アウェイ "Slipping Away" – 3:46
  8. 失楽園 "Falling Off the Edge of the World" – 5:04
  9. オーヴァー・アンド・オーヴァー "Over and Over" – 5:30

カヴァー[編集]

参加ミュージシャン[編集]

アディショナル・ミュージシャン

脚注[編集]