ザ・クラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・クラッシュ
1980年、オスロでのライブ}
1980年オスロでのライブ
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル パンク・ロック
ガレージロック
ニュー・ウェイヴ
活動期間 1976年 - 1986年
レーベル CBSレコード
メンバー
ジョー・ストラマーボーカルギター
ミック・ジョーンズ (ギター、ボーカル)
ポール・シムノンベース
トッパー・ヒードンドラムス
旧メンバー
テリー・チャイムズ (ドラムス)
キース・レヴィン (ギター)
ヴィンス・ホワイト (ギター)
ニック・シェパード (ギター)
ピート・ハワード (ドラムス)

ザ・クラッシュThe Clash)は、1976年 - 1986年にかけて活動した、イギリスロンドンパンク・ロックバンドである。

概要[編集]

セックス・ピストルズと並んで、最も成功したパンクバンドの一つであり、また時代を象徴するロックバンドでもある。デビュー・アルバムは典型的なパンクだったが、徐々にレゲエダブゴスペルフォークR&Bロカビリージャズスカカリプソといった様々な音楽的要素を取り入れ、ついに3作目『ロンドン・コーリング』では独自の個性を確立、シーンに大きな影響を与えた。また、ステージ上での激しいパフォーマンスも人々に記憶されている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第28位。

来歴[編集]

1975年ミック・ジョーンズは“LONDON SS”というバンドで活動し、マネージャーはのちにクラッシュのマネージャーになるバーニー・ローズであった。“LONDON SS”のボーカリストのオーディションにポール・シムノンが参加し、ジョーンズと知り合う。一方、ジョー・ストラマーはそこそこ人気のあったパブロック・バンド“101'ers”のボーカリストとして活動していた。

1976年、“LONDON SS”は解散。バーニー・ローズは引き続きジョーンズのマネージャーを務め、新たにバンドを結成すべくジョーンズと画策する。同年2月にピストルズを見て衝撃を受けたジョーンズは、ピストルズと同じ方向性を目指すことを決意。ギターを全く弾けなかったシムノンに声をかけ、ギターよりも簡単なベースの担当とし、ボーカリストを本格的に探し始める。ほどなくして“101'ers”の演奏を見てストラマーを気に入った3人は、終演後にストラマーを呼び出し、“101'ers”を辞めて自分たちのバンドに参加しないかと打診。48時間以内に返事をするよう言い残して立ち去るも、最初の24時間でストラマーが参加することを決断し、クラッシュが誕生することとなる。

同年7月4日、ピストルズと共にシェフィールドのホワイト・スワンで初ライブを行う。1977年1月25日CBSレコードと契約する。尚、契約当時には既にレヴィンは解雇、チャイムズは脱退しており、契約後に正式メンバーとしてトッパー・ヒードンが加入する。

イギリスにおいては、1stアルバム『白い暴動』から非常に高い人気を獲得する。

その後、クラッシュは音楽性の幅を広げ、他のパンクバンドとは一線を画した作品をリリースすることになる。3rdアルバム『ロンドン・コーリング』ではアメリカでも広く知られるようになり、今までパンクをこき下ろしてきたイギリスの音楽批評誌にも絶賛されることとなる。

4thには3枚組の意欲作『サンディニスタ!』を発表。本国だけではなくアメリカでも次代を担うバンドの一つとしての評価を確立する。

しかし1982年、アルバム『コンバット・ロック』発売前に、バーニー・ローズの発案で、話題づくりのためストラマーが失踪。このことがきっかけとなりメンバー間に不協和が生まれ、『コンバット・ロック』発売直前にトッパー・ヒードンがヘロイン中毒により脱退、1983年3月28日カリフォルニア州サンバーナーディーノで開催されたUSフェスティバルを最後にジョーンズがグループをクビになってしまう。

ストラマーとシムノンは新メンバー3人を迎えた新体制で再出発を図るが、発表したアルバム『カット・ザ・クラップ』はメディア、ファン両者の支持を得られず、結局バンドは解散する。

ロックの殿堂入り[編集]

2002年11月に、ロックの殿堂入りが発表された。新たに殿堂入りしたミュージシャンは授賞式で数曲演奏するのが通例なので、クラッシュもストラマー、ジョーンズ、シムノン、ヒードンの4人で再結成することが検討されたが、シムノンが「チケットが2,500ドルもするような、普通のファンが来られない場所で再結成するのは嫌だ」と拒否。

シムノンには代理を立てる方向で[1]調整が進められていたがその矢先にストラマーが、2002年12月22日に、サマセット州ブルームフィールドの自宅で心臓発作により死去。結局、再結成は実現しなかった。

翌年3月の授賞式には、ジョーンズとシムノン、テリー・チャイムズが出席した[2]。プレゼンターは、U2ジ・エッジ

メンバー[編集]

1976年
1976年
  • ジョー・ストラマー – ボーカル、リズム・ギター
  • ミック・ジョーンズ – リード・ギター、ボーカル
  • ポール・シムノン – ベース
  • テリー・チャイムズ – ドラムス
1976年
  • ジョー・ストラマー – ボーカル、リズム・ギター
  • ミック・ジョーンズ – リード・ギター、ボーカル
  • ポール・シムノン – ベース
  • ロブ・ハーパー – ドラムス
1977年
  • ジョー・ストラマー – ボーカル、リズム・ギター
  • ミック・ジョーンズ – リード・ギター、ボーカル
  • ポール・シムノン – ベース
  • テリー・チャイムズ – ドラムス
1977年–1982年
  • ジョー・ストラマー – ボーカル、リズム・ギター
  • ミック・ジョーンズ – リード・ギター、ボーカル
  • ポール・シムノン – ベース
  • トッパー・ヒードン – ドラムス
1982年–1983年
  • ジョー・ストラマー – ボーカル、リズム・ギター
  • ミック・ジョーンズ – リード・ギター、ボーカル
  • ポール・シムノン – ベース
  • テリー・チャイムズ – ドラムス
1983年
  • ジョー・ストラマー – ボーカル、リズム・ギター
  • ミック・ジョーンズ – リード・ギター、ボーカル
  • ポール・シムノン – ベース
  • ピート・ハワード – ドラムス
1983–1986
  • ジョー・ストラマー – ボーカル、リズム・ギター
  • ニック・シェパード – ギター
  • ヴィンス・ホワイト – ギター
  • ポール・シムノン – ベース
  • ピート・ハワード – ドラムス

日本公演[編集]

  • 1982年
  • 1月24日 東京 渋谷公会堂
  • 1月25日 大阪 フェスティバルホール
  • 1月27日 東京 中野サンプラザ
  • 1月28日 東京 中野サンプラザ
  • 1月29日 東京 中野サンプラザ
  • 1月30日 東京 新宿厚生年金会館(昼)
  • 1月30日 東京 新宿厚生年金会館(夜)
  • 2月 1日 東京 中野サンプラザ
  • 2月 2日 大阪 フェスティバルホール

 

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオ盤[編集]

タイトル 発売年月日 USチャート UKチャート
白い暴動 (The Clash) 1977年4月8日 126 12
動乱(獣を野に放て) (Give 'Em Enough Rope) 1978年11月10日 128 2
ロンドン・コーリング (London Calling) 1979年12月14日 27 9
サンディニスタ! (Sandinista!) 1980年12月12日 24 19
コンバット・ロック (Combat Rock) 1982年5月14日 7 2
カット・ザ・クラップ (Cut the Crap) 1985年11月4日 88 16

ライブ、コンピレーション盤[編集]

タイトル 発売年月日 USチャート UKチャート
ブラック・マーケット・クラッシュ 1980年 - -
ザ・ストーリー・オブ・ザ・クラッシュ(The Story of the Clash) 1988年 142 7
クラッシュ・オン・ブロードウェイ(Clash on Broadway) 1991年11月19日 - -
ザ・シングルズ 1991年 - -
スーパー・ブラック・マーケット・クラッシュ 1994年 - 74
ライヴ・クラッシュ 1999年10月26日 193 13
エッセンシャル・クラッシュ 2003年3月11日 99 18
ロンドン・コーリング 25周年記念エディション 2004年9月21日 - 26
the CLASH SINGLES '77-'85 (Singles Box) 2006年10月30日 - -
ザ・シングルズ2007 2007年6月4日 - -

EP[編集]

タイトル 発売年月日 USチャート UKチャート
キャピタル・レディオEP 1977年4月1日 - -
コスト・オブ・リヴィングEP 1979年5月11日 - 22

UKシングル[編集]

タイトル 発売年月日 収録アルバム UKチャート
白い暴動 (White Riot) 1977年3月18日 白い暴動 38
リモート・コントロール (Remote Control) 1977年5月13日 白い暴動 -
コンプリート・コントロール (Complete Control) 1977年9月23日 白い暴動(米) 28
クラッシュ・シティ・ロッカーズ (Clash City Rockers) 1978年2月17日 白い暴動(米) 35
ハマースミス宮殿の白人
 ((White Man) In Hammersmith Palais)
1978年6月16日 白い暴動(米) 32
トミー・ガン (Tommy Gun) 1978年11月24日 動乱(獣を野に放て) 19
イングリッシュ・シヴィル・ウォー (English Civil War) 1979年2月23日 動乱(獣を野に放て) 25
ロンドン・コーリング (London Calling) 1979年12月7日 ロンドン・コーリング 11
バンクロバー (Bankrobber) 1980年8月8日 - 12
ザ・コール・アップ (The Call Up) 1980年11月28日 サンディニスタ! 40
ヒッツヴィルU.K. (Hitsville UK) 1981年1月16日 サンディニスタ! 56
7人の偉人 (The Magnificent Seven) 1981年4月10日 サンディニスタ! 34
ディス・イズ・レディオ・クラッシュ (This Is Radio Clash) 1981年11月20日 - 47
権利主張 (Know Your Rights) 1982年4月23日 コンバット・ロック 43
ロック・ザ・カスバ (Rock The Casbah) 1982年6月11日 コンバット・ロック 30
ステイ・オア・ゴー (Should I Stay or Should I Go)
/ ストレイト・トゥ・ヘル(Straight to Hell)
1982年9月17日 コンバット・ロック 17
ディス・イズ・イングランド (This Is England) 1985年9月30日 カット・ザ・クラップ 24
アイ・フォウト・ザ・ロウ (I Fought the Law) 1988年2月29日 コスト・オブ・リヴィングEP 29
ロンドン・コーリング(再発) 1988年4月25日 ロンドン・コーリング 46
ブリクストンの銃(リミックス) (The Guns of Brixton) 1990年7月9日 ロンドン・コーリング 57
ステイ・オア・ゴー(再発) 1991年2月18日 コンバット・ロック 1
ロック・ザ・カスバ(再発) 1991年4月1日 コンバット・ロック 15
ロンドン・コーリング(2度目の再発) 1991年5月27日 ロンドン・コーリング 64
トレイン・イン・ヴェイン(再発) 1991年10月14日 ロンドン・コーリング -

USシングル[編集]

タイトル 発売年月日 収録アルバム USチャート
アイ・フォウト・ザ・ロウ
/ ハマースミス宮殿の白人
1979年7月26日 - -
トレイン・イン・ヴェイン
/ ロンドン・コーリング
1980年 ロンドン・コーリング 23
ヒッツヴィルU.K. (Hitsville UK) 1981年2月17日 サンディニスタ! -
7人の偉人 1981年3月27日 サンディニスタ! -
ディス・イズ・レディオ・クラッシュ (This Is Radio Clash) 1981年11月25日 - -
ステイ・オア・ゴー 1982年6月10日 コンバット・ロック 45
ロック・ザ・カスバ 1982年9月16日 コンバット・ロック 8

フィルモグラフィ[編集]

特徴[編集]

彼らはその活動当初から、音楽の才能と歌詞で他のパンク・ロックバンドとは一線を画す存在であった。また彼らはデビュー当時から早くもその発言、ファッションをセンセーショナルに受け止められたバンドであった。

結成初期のエピソード[編集]

初期は金銭面でのやりくりに苦労した[3]。初期の写真に多く見られる文字入りジャケットは、車用の塗装スプレーを使い自作したものである。ストラマーは労働階級出身者の多いパンクバンドのメンバー中では珍しく外交官の息子であり、中産階級出身であるが、父親と同じエリートの道を歩まず、音楽を志す傍らで墓掘り人夫をしたり、失業手当をもらうなど、苦しい生活を送っていた。

政治との関わり[編集]

クラッシュは音楽性が多岐に渡るバンドであり、同時に政治的姿勢を明確にしたイギリスで最初のバンドであった。ストラマーとジョーンズによって書かれた歌詞は、情熱的かつ左翼的政治主張を強く意識した非常に主張性、論旨性の強いもので、彼らの楽曲は社会腐敗、失業問題人種差別警察の横暴、政治的・社会的抑圧や軍国主義に対して強烈な批判を加え、時には性に対して言及することもあった。また、彼はアンチ・ナチ・リーグロック・アゲインスト・レーシズムといった活動へも積極的に参加しパンク・ロックを越えた社会運動を作り出した。

ロンドンでは、英連邦に所属した地域のマイノリティが貧困の中に生活していた。ジャマイカからの移民もマイノリティの一つとして、ロンドン市内にコミュニティを形成していた。不況、失業、社会の不平等を音楽を通じて表現していたクラッシュは、日曜ごとに集まるカリブ系移民のコミュニティに呼応し、しばしば活動を共にした。この活動が、レゲエに傾倒していくきっかけになった。労働組合活動、学生運動と共に民族的マイノリティの活動は警察権力からの弾圧を受けることがあり、クラッシュも弾圧の現場に弱者の立場としてかかわっており、このことがクラッシュの国家との対決姿勢を色濃くさせている。

影響[編集]

他のミュージシャンへの影響も非常に大きく、ジェネレーションXを始めとする同時代のパンク・ロックバンドのみならず、U2ニルヴァーナレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンレッド・ホット・チリ・ペッパーズグリーン・デイといったミュージシャンにも影響を与えている。また、ヒップホップミュージシャンのパブリック・エナミーも、大きな影響を受けたミュージシャンにクラッシュの名前を挙げている。更に、1980年代・90年代ガレージロックブームにも彼らの影響があると言える。

CM[編集]

彼らの代表曲のひとつ である「アイ・フォート・ザ・ロウ」[4]は、2003年まで日産・エクストレイルのCM曲として使われており、日本でも知名度が高い。

脚注[編集]

  1. ^ 彼はこのことは承諾していた。
  2. ^ Salewicz, Chris (2008). Redemption Song: The Ballad of Joe Strummer. New York: Faber and Faber, Inc.. pp. 629. ISBN 978-0-86547-982-1. 
  3. ^ ジャケットやシューズなどの衣装が買えず、自分達で自作していたほどだった、とストラマーは自伝で語っている。
  4. ^ オリジナルは、アメリカの伝説的なロックンローラーであるバディ・ホリーのバックバンドを務めたクリケッツに在籍していた、ソニー・カーティス。同曲は、クラッシュ以外にも様々なアーティストがカバーしている。アメリカのロック・バンド、ボビー・フラー・フォーが60年代にヒットさせたヴァージョンは特に有名である。

外部リンク[編集]