パラノイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラノイド
ブラック・サバススタジオ・アルバム
リリース 1970年9月18日
ジャンル ヘヴィメタル
時間 42分06秒
レーベル イギリスの旗ヴァーティゴ(オリジナル)
キャッスル→サンクチュアリ(リイシュー)
アメリカ合衆国の旗ワーナー・ブラザーズ
プロデュース ロジャー・ベイン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]
  • 2位(ドイツ[2]
  • 12位(アメリカ[3]
ブラック・サバス 年表
黒い安息日
(1970年)
パラノイド
(1970年)
マスター・オブ・リアリティ
(1971年)
テンプレートを表示

パラノイド(Paranoid)は、イギリスロックバンドブラック・サバス1970年に発表したセカンドアルバムである。「アイアン・マン」「ウォー・ピッグズ」そしてタイトルトラックの「パラノイド」など、彼らの作品の中でももっとも有名な曲のいくつかが収録されている。

バンドのデビューからたった7ヵ月後である1970年9月18日にイギリス国内でリリースされると、『パラノイド』はサイモン&ガーファンクルの『明日に架ける橋』を追い落として[4]ブラック・サバス初の全英ナンバーワンアルバムとなった。アルバムは、1971年1月7日アメリカでもリリースされた。

『パラノイド』はビルボードのポップアルバムチャート(北アメリカ)で最高12位を記録した。シングル曲の「パラノイド」「アイアン・マン」はそれぞれ、ポップシングルチャートで最高61位と52位に達した。イギリス国内では、シングル曲の「パラノイド」はチャート4位にまで上り詰めた。

このアルバムのタイトルは当初「ウォー・ピッグズ」と名づけられていたが、ベトナム戦争への配慮からレコード会社によって「パラノイド」へ変更されたといわれている[1]。しかしながら、バンドの「ウォー・ピッグズ」への視覚解釈はアルバムジャケットに強く表れている。このアルバムのタイトルと、ジャケットに描かれた剣を持って木陰から飛び出してくる男の写真はよく調和しており、現在ではこのアルバムジャケットはクラシックなものとして認められるようになった(デザイナーはキーフ)。収録曲「アイアン・マン」は、テレビの音楽チャンネル「VH1」において「40 Greatest Metal Songs」のナンバーワンに選出された。またプロレスタッグチームザ・ロード・ウォリアーズの入場曲としても有名。

2006年、このアルバムはギターワールド誌の「the greatest 100 guitar albums of all time」で第6位にランクされた[5]

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、131位にランクイン[6]

収録曲[編集]

サイド1[編集]

  1. ウォー・ピッグス "War Pigs" – 7:58
  2. パラノイド "Paranoid" – 2:52
  3. プラネット・キャラヴァン "Planet Caravan" – 4:34
  4. アイアン・マン "Iron Man" – 5:58

サイド2[編集]

  1. エレクトリック・フューネラル "Electric Funeral" – 4:52
  2. ハンド・オブ・ドゥーム "Hand of Doom" – 7:09
  3. ラット・サラダ "Rat Salad" – 2:30
  4. フェアリーズ・ウェア・ブーツ "Fairies Wear Boots" – 6:13

クレジット[編集]

カバー[編集]

  • 「パラノイド」は、ブラック・サバスへのトリビュートアルバム『ネイティヴィティ・イン・ブラック』においてメガデスにカバーされている。メガデスは、ライブでもこのカバーをとりあげている。アメリカのパンクバンドディッキーズもカバーしている。なおブラック・サバスと同時期にアメリカで活躍していたグランド・ファンク・レイルロードにも同名の曲があるが、内容は全く別の曲である。
  • 「プラネット・キャラヴァン」は、パンテラのアルバム『脳殺』(1994年)の中でカバーされている。この曲は輸入CDシングルとしてもリリースされたほか、2枚組ベストアルバム『最強 - ベスト・オブ・パンテラ』(2003年)にも収録されている。
  • 「ウォー・ピッグス」は、フェイス・ノー・モアのアルバム『ザ・リアル・シング』(1989年)のなかでカバーされている。
  • 「アイアン・マン」は、カーディガンズのアルバム『ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン』(1996年)にカバーバージョンが収録されているほか、NOFXにもカバーされている。またSir Mix-a-Lotはアルバム『Swass』のなかで、「アイアン・マン」をメタル・チャーチとともにカバーしている。2006年に、ブラック・サバスがロックの殿堂入りを果たした際、プレゼンターのメタリカが授賞式で「ホール・イン・ザ・スカイ (Hole in the Sky)」と共に披露した。
  • 「ハンド・オブ・ドゥーム」は、HIMのアルバム『Uneasy Listening Vol. 2』(2007年)にライブでのカバーバージョンが収められている。

脚注[編集]