グランド・ファンク・レイルロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランド・ファンク・レイルロード
Grand Funk Railroad
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル ハードロック
ロック
ブルース・ロック
活動期間 1968-1977、1980-1983、1996-現在
レーベル Capitol
MCA
Full Moon/Warner Bros.
共同作業者 トッド・ラングレン
フランク・ザッパ
公式サイト www.grandfunkrailroad.com
(注意: サウンド再生あり)
メンバー
Don Brewer (D)
Mel Schacher (B)
Craig Frost (K)
Bruce Kulick (G)
Tim Cashion (K)
Max Carl (V)
旧メンバー
Mark Farner (G)
Terry Knight (B)
Dennis Bellinger (B)
Howard Eddy, Jr. (K)

グランド・ファンク・レイルロードGrand Funk Railroad, GFR[1]アメリカハードロックバンド。1960年代末から70年代半ばにかけて商業的成功を収めた。二度の解散と再結成を経て、2012年現在も活動中である。

概要[編集]

「テリー・ナイト・アンド・ザ・パック(Terry Knight and the Pack)」というバンドで活動していたドン・ブリューワー (Don Brewer, ds)とマーク・ファーナー (Mark Farner, vo & g)、が、テリー・ナイト(Terry Knight)がバンドを去ったのを機に、メル・サッチャー (Mel Schacher, b) を誘い新バンドを結成。バンド名はアメリカの鉄道会社「Grand Trunk Western Railroad 」をもじって名付けられた。1968年頃より勃興していたニューロック、又はヘヴィロック(現在のハードロック)のスタイルをいち早く取り入れ、1969年にかつての同僚であるナイトをプロデューサーに迎えたアルバム『グランド・ファンク・レイルロード登場 (On Time) 』でデビューする。レッド・ツェッペリンのアメリカ公演の前座をやった際にその凄まじい歌と演奏力で聴衆を熱狂させたことにより、ロックファンにその名を轟かすようになる。アルバムからシングルカットされた「ハートブレイカー」はハードロックの古典となっており、ザ・タイガースがコンサートのレパートリーとして取り上げたり、後々フォークシンガーとしてデビューする井上陽水がこの曲のコード進行を模倣して「傘がない」を書いたように、日本では早くから人気があった。1971年の来日公演は激しい雷雨の中で行なわれた。当時のロック伝説のひとつに数えられる後楽園球場の演奏は、あまりの過激ぶりに主催者の内野二朗は怒りと心痛で疲労困憊。これがキョードー東京がハードロックを手掛けない理由の一つになった。

1972年の『不死鳥(Phoenix)]』からはナイトと決別し、クレイグ・フロスト (Craig Frost, kbd) を迎えて音楽性をポップな方向に広げ、バンド名をグランド・ファンク(Grand Funk)に変更した[2]。1973年、トッド・ラングレンにプロデュースを委ねたアルバム『 アメリカン・バンド (We're an American Band) 』を発表。同名シングル曲が全米1位を獲得する大ヒットを記録、このアルバム・タイトルはそのまま彼らの代名詞となり、ボン・ジョヴィなど後に登場するアメリカのロックバンドにライブなどで何度もカバーされている。

続くアルバム『輝くグランド・ファンク (Shinin' On) 』では、1962年に全米1位を獲得したジェリー・ゴーフィン & キャロル・キング作によるリトル・エヴァ (Little Eva) の大ヒット曲「ロコモーション (The Loco-Motion)」をハードロック風にアレンジしたカバーがシングルカットされ、こちらも見事全米1位を獲得、グランド・ファンク最大のヒットシングルとなった。(60年代のリトル・エヴァ、70年代のグランド・ファンクに続いて、80年代にはカイリー・ミノーグがカバー。3ディケイドに渡る全米1位獲得記録が期待されたが、カイリーバージョンは3位に終わった。)

1976年の『驚異の暴走列車(Born to Die)』を発表しCapitolとの契約は満了した。同年、MCAからフランク・ザッパプロデュースの『熱い激突(Good Singin', Good Playin')』を発表するがこの1枚で解散した。

解散後、ファーナーはソロでMark Farner(1977年)、No Frills(1978年)の2枚のアルバムを発表した。ブリューワー、サッチャー、フロストの3人はFlintを結成しFlint(1977年)を発表した。1980年、ファーナーとブリューワーの2人によってGFRは再結成された。『グランド・ファンク復活(Grand Funk Lives)』と『ホワッツ・ファンク?(What's Funk ?)』と2枚のアルバムを発表するがヒットを出すことはなく1983年に二度目の解散をした。

1997年に行なわれたボスニア救済コンサートをきっかけにオリジナルメンバーで再々結成(『ボスニア(Bosnia)』)。途中でファーナーはソロ活動のためにバンドを離れたが、2012年現在もグランド・ファンク・レイルロードはライヴなどの活動を行っている。

メンバー[編集]

Mel Schacher
January 12, 2002
Bruce Kulick
January 12, 2002
Mel & Bruce
January 12, 2002

現在のメンバー[編集]

メンバー名 原語表記 担当 在籍時期
ドン・ブリューワー Don Brewer Drums, Lead Vocals 1968~1977, 1980~1983, 1996~現在
メル・サッチャー Mel Schacher Bass Guitar 1968~1977, 1980~1981, 1996~現在
マックス・カール Max Carl Lead Vocals 2000~現在
ブルース・キューリック Bruce Kulick Guitars 2000~現在
ティム・カーション Timothy "Tim" Cashion Keyboards 2000~現在
クレイグ・フロスト Craig Frost Keyboards 1972~1977, 2005~現在

過去に在籍したメンバー[編集]

メンバー名 原語表記 担当 在籍時期
マーク・ファーナー Mark Farner Guitars, Lead Vocals 1968~1977, 1980~1983, 1996~1999
テリー・ナイト Terry Knight Bass Guitar 1972
デニス・ベリンジャー Dennis Bellinger Bass Guitar 1980~1983
ハワード・エディ・ジュニア Howard Eddy, Jr. Keyboards 1996~1999

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

タイトル 原題 US 200 認定
グランド・ファンク・レイルロード登場 On Time 1969 # 27 Gold
グランド・ファンク Grand Funk 1969 # 11 Platinum
クローサー・トゥ・ホーム Closer to Home 1970 # 6 2x Multi-Platinum
サバイバル Survival 1971 # 6 Platinum
戦争をやめよう E Pluribus Funk 1971 # 5 Platinum
不死鳥 Phoenix 1972 # 7 Gold
アメリカン・バンド We're an American Band 1973 # 2 2x Multi-Platinum
輝くグランド・ファンク Shinin' On 1974 # 5 Gold
ハード・ロック野郎 (世界の女は御用心) All the Girls in the World Beware!!! 1974 # 10 Gold
驚異の暴走列車 Born to Die 1976 # 47
熱い激突 Good Singin', Good Playin' 1976 # 52
グランド・ファンク復活 Grand Funk Lives 1981 # 149
ホワッツ・ファンク? What's Funk? 1983

ライヴ・アルバム[編集]

タイトル 原題 US 200 認定
ライヴ・アルバム Live Album 1970 # 5 2x Multi-Platinum
グランド・ファンク・ツアー ’75 Caught in the Act 1975 # 21
ボスニア Bosnia 1997
1971 ライヴ Live: The 1971 Tour 2002

コンピレーション[編集]

タイトル 原題 US 200 認定
Mark, Don and Mel: 1969-71 Mark, Don and Mel: 1969-71 1972 # 17 Gold
Grand Funk Hits Grand Funk Hits 1976 # 126
Hits Hits 1977
The Best of Grand Funk The Best of Grand Funk 1990
Capitol Collectors Series Capitol Collectors Series 1991 Gold
Heavy Hitters Heavy Hitters! 1992
Thirty Years of Funk: 1969-1999 Thirty Years of Funk: 1969-1999 1999
Greatest Hits with DVD Greatest Hits with DVD 2006

シングル(米国)[編集]

タイトル US HOT 100
1969 Time Machine / High On A Horse # 47
Mr. Limousine Driver / High Falootin' Woman # 97
1970 Heartbreaker / Please Don't Worry # 72
Nothing Is The Same / She's A Good Man's Brother
I'm Your Captain (Closer to Home) / Aimless Lady # 22
Mean Mistreater / Mark Says Alright # 47
1971 Inside Looking Out # 40
Feelin' Alright / I Want Freedom # 54
Gimme Shelter / I Can Feel Him In The Morning # 61
People, Let's Stop The War / Save The Land
1972 Footstopin' Music / I Come Tumblin' # 29
Upsetter / No Lies # 73
Rock'n'Roll Soul / Flight Of The Phoenix # 29
1973 We're An American Band / Creepin' # 1
Walk Like A Man / Railroad # 19
1974 The Loco-Motion / Destitude & Losin' # 1
Shinin' On / Mr. Pretty Boy # 11
Some Kind of Wonderful / Wild # 3
1975 Bad Time / Good And Devil # 4
Take Me / Genevieve # 53
1976 Sally / Love Is Dyin' # 69
Can You Do It / 1976 # 45
1977 Just Couldn't Wait / Out To Get You
1981 Y.O.U. / Testify
1982 Stuck In The Middle / No Reason Why

メンバー構成推移[編集]

第1期
1968
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
1968~1972
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
1972
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
  • Craig Frost (Keyboards)
1972
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
1972
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
  • Craig Frost (Keyboards)
1972
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Craig Frost (Keyboards)
1972
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Craig Frost (Keyboards)
  • Terry Knight (Bass)
1972
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Craig Frost (Keyboards)
1972~1977
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
  • Craig Frost (Keyboards)
第2期
1977~1980

活動停止期間

1980
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
1980~1981
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
1981
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
1980~1983
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Dennis Bellinger (Bass)
1983
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
第3期〜現在
1983~1996

活動停止期間

1996
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
1996
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
1996~1999
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Howard Eddy, Jr. (Keyboards)
  • Mel Schacher (Bass)
1999
  • Mark Farner (Guitars, Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
1999~2000
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Mel Schacher (Bass)
2000~2005
  • Max Carl (Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Bruce Kulick (Guitars)
  • Tim Cashion (Keyboards)
  • Mel Schacher (Bass)
2005~現在
  • Max Carl (Vocals)
  • Don Brewer (Drums, Vocals)
  • Bruce Kulick (Guitars)
  • Tim Cashion (Keyboards)
  • Mel Schacher (Bass)
  • Craig Frost (Keyboards)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 不死鳥(Phoenix)』から『ハード・ロック野郎 (世界の女は御用心)(All the Girls in the World Beware!!!)』までは バンド名をグランド・ファンクGrand Funk)としていた
  2. ^ この頃バンドはテリー・ナイトに対してバンド名と印税に関する訴訟を起こした。バンド名使用は認められたが印税についての請求は認められなかった

外部リンク[編集]