グランド・ファンク (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランド・ファンク
Grand Funk
グランド・ファンクスタジオ・アルバム
リリース 1969年12月29日
ジャンル ロック
ハードロック
時間 48:25
レーベル キャピトル・レコード
アルバム・ジャケット
プロデュース Terry Knight
グランド・ファンク 年表
グランド・ファンク・レイルロード登場
On Time
1st Album
(1969)
グランド・ファンク
Grand Funk
2nd Album
(1969)
クローサー・トゥ・ホーム
Closer to Home
3rd Album
(1970)
テンプレートを表示

グランド・ファンク (原題: Grand Funk) 』は1969年12月にキャピトル・レコードからリリースされた グランド・ファンクの2nd アルバム。プロデューサーはテリー・ナイトが担当。

通称『 レッド・アルバム 』と呼ばれ、赤のみですられたジャケットが印象的なアルバム。バンドにとって初めて RIAA Gold Record Awards に認定されたアルバムでもある。このアルバムの成功から、1st アルバムの『 グランド・ファンク・レイルロード登場 』も売れたため1970年に入り、このアルバム同様に RIAA Gold Record Awards に認定されている。アニマルズのカバー曲となる「 Inside Looking Out 」が収録され、その後バンドのライブでは中心的存在の曲となった。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「Got This Thing on the Move」   Mark Farner 4:38
2. 「Please Don't Worry」   Don Brewer / Mark Farner 4:19
3. 「High Falootin' Woman」   Mark Farner 3:00
4. 「Mr. Limousine Driver」   Mark Farner 4:26
5. 「In Need」   Mark Farner 7:52
6. 「Winter and My Soul」   Mark Farner 6:38
7. 「Paranoid」   Mark Farner 7:50
8. Inside Looking Out」   John Lomax, Alan Lomax, Eric Burdon, Bryan "Chas" Chandler 9:31


Bonus Tracks - CD releases
# タイトル 時間
9. 「Nothing is the Same」 (Demo)  
10. 「Mr. Limousine Driver」 (Remix)  


レコーディング・メンバー[編集]

  • ドン・ブリューワー / Don Brewer (Drums, Lead Vocals)
  • マーク・ファーナー / Mark Farner (Guitars, Lead Vocals)
  • メル・サッチャー / Mel Schacher (Bass Guitar)

スタッフ[編集]

関連項目[編集]