熱い激突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熱い激突
Good Singin', Good Playin'
グランド・ファンクスタジオ・アルバム
リリース 1976年8月9日
録音 1976年
ジャンル ロック
ハードロック
レーベル MCA レコード
プロデュース フランク・ザッパ
グランド・ファンク 年表
驚異の暴走列車
Born to Die
10th Album
(1976)
熱い激突
Good Singin', Good Playin'
11th Album
(1976)
グランド・ファンク復活
Grand Funk Lives
12th Album
(1981)
テンプレートを表示

熱い激突 (原題: Good Singin', Good Playin') 』は1976年8月9日にMCA レコードからリリースされた グランド・ファンクの11th アルバム。プロデュースはフランク・ザッパが担当。バンドがほぼ解散状態にある中、フランク・ザッパが興味を示し、ポップ・ミュージックとしてチャートにくい込む事を意図して制作されたアルバムでもあり、ザッパ自身もギターやコーラスなどで関わっている。しかしこのアルバムは一般的には成功せず、ビルボード・トップ 200で最高位52位を記録するに留まり、バンドはアルバム・リリース直後に解散してしまったため、第1期 グランド・ファンクのファイナル・アルバムとなっている。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞・作曲 時間
1. 「Just Couldn't Wait」   Mark Farner 3:28
2. 「Can You Do It」   Richard Street, T. Gordy 3:17
3. 「Pass It Around」   Mark Farner, Don Brewer 4:59
4. 「Don't Let 'Em Take Your Gun」   Mark Farner 3:40
5. 「Miss My Baby」   Mark Farner 7:20
6. 「Big Buns」   Mark Farner 0:30
7. 「Out To Get You」   Don Brewer, Craig Frost 4:44
8. 「Crossfire」   Mark Farner 4:19
9. 「1976」   Mark Farner 4:20
10. 「Release Your Love」   Mark Farner 3:52
11. 「Goin' For The Pastor」   Mark Farner 5:24


CD bonus track
# タイトル 作詞・作曲 時間
12. 「Rubberneck」   Don Brewer 5:15


レコーディング・メンバー[編集]

  • ドン・ブリューワー / Don Brewer (Drums, Percussion, Vocals)
  • マーク・ファーナー / Mark Farner (Guitars, Piano, Vocals)
  • メル・サッチャー / Mel Schacher (Bass Guitar, Backing Vocals)
  • クレイグ・フロスト / Craig Frost (Keyboards, Percussion, Backing Vocals)

ゲスト・ミュージシャン[編集]

  • フランク・ザッパ / Frank Zappa (Guitar on "Out To Get You", Backing Vocals on "Rubberneck")

スタッフ[編集]

関連項目[編集]