黒い安息日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒い安息日
ブラック・サバススタジオ・アルバム
リリース 1970年2月13日
ジャンル ヘヴィメタル
時間 40分16秒
レーベル イギリスの旗ヴァーティゴ(オリジナル)
キャッスル→サンクチュアリ(リイシュー)
アメリカ合衆国の旗ワーナー・ブラザーズ
プロデュース ロジャー・ベイン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 8位(イギリス[2]、ドイツ[3]
  • 23位(アメリカ[4]
ブラック・サバス 年表
黒い安息日
(1970年)
パラノイド
(1970年)
テンプレートを表示

黒い安息日(Black Sabbath)は、イギリスヘヴィメタルバンド、ブラック・サバスのデビュー・アルバムである。1970年2月13日の金曜日に出され、しばしば初期のヘヴィメタルのアルバムの1つに数えられる[5]

レコーディング[編集]

1969年8月、それまでアースという名前で活動していたバンドは、1963年に公開されたマリオ・バーヴァ監督・ボリス・カーロフ主演のホラー映画『ブラック・サバス 恐怖!三つの顔』から名前をとって、「ブラック・サバス」と改名した[6]。同じ頃、初期の楽曲を集めたデモテープを制作し、配布した。

1969年12月、ブラック・サバスはデビューシングル"Evil Woman"(邦題:『魔女よ、誘惑するなかれ』)を発表。直後にこのアルバムの残り7曲の制作に取りかかる。ギタリストであるトニー・アイオミによれば、「俺たちに与えられた時間は2日だったので、レコーディングに1日を使って、もう1日はミキシングにあてることにした。レコーディングはすべてライヴ。オジーの歌も同時に録ったよ。彼がブースに入ったら録音開始。ほとんど録り直しはなかったね」[7]。また、「スタジオ入りしたらライヴのセットリストをそのまま演奏して終わり。1日っていうのは割りと長いものだと感じたよ。翌日には20ポンドのギャラでスイスでライヴをやることになってたんだ」とも語っている。

楽曲内容[編集]

音楽・歌詞の両面で見ても、このアルバムはダークなアルバムと考えられてきた。Black Sabbathという、アルバムのリードトラックは、「威圧感」や「恐怖感」をあおるための(中世において三全音は「邪悪なもの」を表現するものだと思われていた)エレキギターでゆっくりと奏でられる三全音が基になっている。歌詞における "figure in black"はサタンのことを示していると考えられている。

似たようなことに、N.I.B.という歌においても、歌詞がルシファーの視点から書かれている。一般に思われていることとは別に、この歌は"Nativity In Black"の略ではない。トニー・アイオミはいくつかのインタビューの中で、バンドのドラマーであるビル・ワードのペン先のようなヤギひげをネタにしただけだと話している[8]

アルバムにあるほかの2曲の歌詞は、超自然的なテーマを扱ったストーリーになっている。"Behind the Wall of Sleep"はH・P・ラヴクラフトの短編小説のタイトル"Behind the Wall of Sleep"からきており、"The Wizard"は指輪物語ガンダルフからきている[9] 。また、後者においてはバンドのヴォーカリストである、オジー・オズボーンがハーモニカを吹く場面がある。

"Warning"と"Evil Woman"は、いずれもブルースの楽曲をカバーしたものであり、歌詞に関連性がある。前者はAynsley Dunbar's Retaliationによって制作・演奏され、後者はクロウ(Crow)というアメリカのブルースバンドによって制作・演奏されたものである。ブラック・サバスがこれらの楽曲をカバーした際、より’ヘビー’で即興的なものに近くなった。

リリースと評価[編集]

アルバムはイギリスのチャートで8位を記録、アメリカでは1970年にワーナー・ブラザーズ・レコードからリリースされ、ビルボードで23位を記録し、1年間もチャートに残っては100万枚のセールスを記録した。

こういった商業的成功にも関わらず[5] 、Lester Bangsはローリング・ストーンで、「他の音楽の境界線を越えて加速するスピード狂の様にリールするギターとベースの不協和音のジャムで、同一性がまったく見当たらない。」とアルバムを酷評し[10]、ヴィレッジ・ボイス誌でもロバート・クリストゴウがCD史上最悪だと酷評した[11]

ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」と「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」に於いて、それぞれ243位[12]と44位[13]にランクイン。

収録状況[編集]

次の楽曲を除く全ての歌詞は、トニー・アイオミ、オジー・オズボーン、ギーザー・バトラー、ビル・ワードによって書かれた。

"Wasp"、 "Bassically"、 "A Bit Of Finger" という楽曲は北米版のみ収録。ボーナストラックというよりは、ある歌の一部に名前をつけただけのもので、たとえば"Bassically"は"N.I.B"のベースによるイントロ部分である。 もとのイギリス版と2004年のリマスター版を除く全ての版にはタイトルをつけた複数の曲同士がひとつにまとめられることもあった。 もとの北米版には著作権の関係で"Evil Woman"のかわりに"Wicked World"が収録されていた。 1996年の北米以外のリマスターCDには、"Wicked World"がボーナストラックとして収録されていた。

ヴァーティゴ・レコード版(1970年、イギリス)[編集]

Aサイド[編集]

  1. 黒い安息日 "Black Sabbath" – 6:16
  2. 魔法使い "The Wizard" – 4:24
  3. 眠りのとばりの後に "Behind the Wall of Sleep" – 3:38
  4. N.I.B. "N.I.B." – 6:06

Bサイド[編集]

  1. 魔女よ、誘惑するなかれ "Evil Woman (Don't Play Your Game With Me)" (デイヴ・ワンガー, ディック・ウィンガード, ラリー・ウィンガード – Crow) – 3:25
  2. 眠れる村 "Sleeping Village" – 3:46
  3. 警告 "Warning" (エインズレー・ダンバー、ジョン・ムースヘッド、アレックス・ドモチョウスキー、ビクター・ヒックリング) – 10:32

ワーナー・ブラザース版(1970年、北米)[編集]

Aサイド[編集]

  1. 黒い安息日"Black Sabbath" – 6:20
  2. 魔法使い "The Wizard" – 4:22
  3. ワスプ/眠りのとばりの後に/N.I.B. "Wasp/Behind the Wall of Sleep/Bassically/N.I.B." – 9:44

Bサイド[編集]

  1. 悪魔の世界 "Wicked World" – 4:30
  2. A Bit of Finger/眠れる村/警告 "A Bit of Finger/Sleeping Village/Warning" – 14:32

ワーナー・ブラザース版(CD)[編集]

  1. 黒い安息日 "Black Sabbath" – 6:16
  2. 魔法使い "The Wizard" – 4:18
  3. ワスプ/眠りのとばりの後に/N.I.B. "Wasp/Behind the Wall of Sleep/Bassically/N.I.B." – 10:40
  4. 悪魔の世界 " Wicked World" – 4:42
  5. A Bit of Finger/眠れる村/警告 "A Bit of Finger/Sleeping Village/Warning" ("Warning" はAynsley Dunbarが作詞) – 14:20

サンクチュアリ・レコード版(2004、リマスター)[編集]

  1. 黒い安息日 "Black Sabbath" – 6:21
  2. 魔法使い "The Wizard" – 4:24
  3. 眠りのとばりの後に "Behind the Wall of Sleep" – 3:37
  4. N.I.B. "N.I.B." – 6:07
  5. 魔女よ、誘惑するなかれ "Evil Woman" (Crow) – 3:25
  6. "Sleeping Village" – 3:46
  7. "警告 Warning" (Aynsley Dunbaret作詞) – 10:32
  8. 悪魔の世界 "Wicked World" – 4:43

ブラック・ボックスからのリリース(2004年、リマスター)[編集]

  1. 黒い安息日 "Black Sabbath" – 6:19
  2. 魔法使い "The Wizard" – 4:23
  3. ワスプ/眠りのとばりの後に/N.I.B. "Wasp/Behind the Wall of Sleep/Bassically/N.I.B." – 9:44
  4. 悪魔の世界 "Wicked World" – 4:47
  5. A Bit of Finger/眠れる村/警告 "A Bit of Finger/Sleeping Village/Warning" ("Warning" はAynsley Dunbarが作詞)– 14:16
  6. "Evil Woman" (Crow) – 3:23

演奏者・スタッフ[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Huey, Steve, Album review Black Sabbath, Allmusic, http://www.allmusic.com/album/black-sabbath-mw0000652046 2012年7月13日閲覧。 
  2. ^ BLACK SABBATH | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
  3. ^ charts.de - 2014年7月28日閲覧
  4. ^ Black Sabbath - Black Sabbath | Awards | AllMusic
  5. ^ a b Black Sabbath Biography, The Rock and Roll Hall of Fame and Museum, Inc. 2007, (2007), http://rockhall.com/inductees/black-sabbath/bio/ 2013年11月10日閲覧。 
  6. ^ Rock Band Name Origins at WHAT'S IN A NAME”. Library.thinkquest.org. 2011年8月14日閲覧。
  7. ^ Rosen 1996, p. 38
  8. ^ Osbourne, Ozzy; Chris Ayres (2009). I Am Ozzy. United Kingdom: Sphere. p. 86. ISBN 987-1-84744-346-5. 
  9. ^ Neeley, Sir Wendell (April 2005), 20 Questions with Geezer Butler, Metal Sludge 26 April 2005, http://www.metalsludge.tv/home/index.php?option=com_content&task=view&id=256&Itemid=52 2008年4月29日閲覧。 
  10. ^ Bangs, Lester (17 September 1970), “Album reviews Black Sabbath, Rolling Stone (Wenner Media), http://www.rollingstone.com/music/reviews/album/2747/21207 2009年9月6日閲覧。 
  11. ^ Christgau, Robert, Review Black Sabbath, Robert Christgau, http://www.robertchristgau.com/get_album.php?id=6408 2009年9月6日閲覧。 
  12. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Black Sabbath, 'Black Sabbath' | Rolling Stone
  13. ^ The 100 Best Debut Albums of All Time: 'Black Sabbath' | Rolling Stone
  14. ^ Black Sabbath (album) review”. Rolling Stones Magazine. 2011年10月21日閲覧。