ガンダルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガンダルフGandalf)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『ホビットの冒険』、『指輪物語』の登場人物。かれは魔法使い(イスタリ)の一人で、白の会議の一員であった。灰色のガンダルフGandalf the Grey)、白のガンダルフGandalf the White)などと呼ばれた。シンダール語での別名はミスランディア (Mithrandir)。ドワーフの呼び名はサルクーン (Tharkûn)。

概要[編集]

白い顎髭に青いとんがり帽子、長い杖がトレードマークで、灰色のローブを身に纏っていた登場時点では灰色のガンダルフと呼ばれていた。かれは人間の老人のように見えるが、実際は人間ではなく、西の海の果ての神々の住む国アマンから、冥王サウロンに立ち向かう勢力を一つに束ね、かれらを助けるべく遣わされた5人の賢者イスタリの一人とされる。

その存在はマイアといわれており、アマンでの本名はオローリン (Olórin) で、マンウェヴァルダに仕え、ニエンナから深い憐憫の心を学んだともいわれる。かれが中つ国に到達したとき、灰色港の領主「船造り」キーアダンから三つの指輪の一つ、ナルヤを讓り受ける。

ホビットの冒険』ではビルボドワーフ達を会わせ、暫く旅路を同行している。かれは物語の途中で一旦姿を消し、その間に闇の森南部の死人占い師(モルドールに潜む以前のサウロン)を白の会議の一員として攻撃し、撃退した。この経緯は作中でも簡単に触れられていたが、『指輪物語』ではさらに詳しく語られることとなる。

指輪物語』ではフロド指輪の仲間とともに旅立ち、その途中で難敵バルログと対峙して一行とはぐれ危うく消滅しかけるも白のガンダルフとなって復活、サウロンの勢力に対抗する人々を助け、指輪を葬った後のフロドらとも再会を果たした。後にフロドやビルボらとともに西の海の彼方、アマンへと去る。

作品発表当時の60年代後半、ベトナム戦争で自国の支配層に失望したアメリカの学生やヒッピーたちに、「ガンダルフを大統領に!」をスローガンにしたムーブメントが盛り上がり、デモ行進なども行われた。

人物像[編集]

かれは火や光・煙を扱わせたら随一の花火使い……だと平和なホビット庄ではみなされており、かれの扱う花火の技は、ビルボ・バギンズが最後にホビット庄で行った111歳の誕生日(フロド・バギンズ33歳の誕生日でもある)のお祝いに大いに華を添えた。

またかれは火薬に拠らずとも光と炎を操る力を持ち、こちらはホビット庄では余り知られていないものの、かれの元々の仕事である危険な任務に際し、重要な局面で発揮されている。名剣グラムドリング(『ホビットの冒険』でトロルの強奪品より発見された)を持ち、この剣を使うことも辞さない。

その性格は、かれの操るにも関連付けられる。炎のように激しく・また熱く、火のように明るく・また暖かい人物である。激しやすくもあるが冷静でもあり、これと同時に広く古い伝承に光を当て、多くの危機に警鐘を鳴らす人でもある。だがしばしば、かれが先駆けて警告する様々な事象が極めて不吉な事件であるために、蛇の舌に至っては不吉の前触れと表現した。

かれは一つところに留まる代わりに、常に放浪の旅を続けており、人々を支配したり誰かに仕えたりするかわりにその友となって力を貸して歩いている。交友も広く、諸国の王侯・貴族に面識がある一方で、ビヨルントム・ボンバディルグワイヒアドゥーネダインのような中つ国でも強い力を持ちながら知る人も少ない特殊な存在とも交流があり、またブリー村バーリマン・バタバーのような一介の宿屋の主人とも親しい。この人脈の広さもかれの力となっている。

語源[編集]

古ノルド語で「魔法の心得のある妖精」を意味するガンダールヴル(Gandálfr)[1]の英語化であるGandalfを語源とする。元々この名前は『ホビットの冒険』に登場するドワーフの頭領につけられていたが、彼がトーリン・オーケンシールドに改名されたのに伴い、より魔法使いにふさわしとして、一行を助ける魔法使いの名前になった[2]

エルフの呼び名である「ミスランディア」は、シンダール語で「灰色の放浪者」という意味であり、「灰色」を意味するmithと「放浪者」randirで構成されている[3]

出典[編集]

  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』p.18。
  2. ^ H.カーペンター、p.210。
  3. ^ 伊藤、p.147。

参考文献[編集]

  • C.トールキン編『終わらざりし物語』、河出書房新社、2003年。
  • Edited by Christopher Tolkien, Unfinished Tales, George Allen & Unwin, 1980.
  • H.カーペンター『J.R.R.トールキン -或る伝記-』菅原啓州訳、評論社、2002年。
  • 伊藤盡『エルフ語を読む』、青春出版社、2004年。
  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年。