マイアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マイアールMaiar、単数形はマイアMaia)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』、『シルマリルの物語』に登場する種族。 エル・イルーヴァタールによって作られたアイヌアの中でヴァラールより力が劣る者達を差す架空の神格である。トールキンの世界観から言えば精霊・亜神に相当するものと思われる。

『指輪物語』の中で出てくるイスタリガンダルフサルマン中つ国に遣わされたマイアールであったともいわれ、冥王サウロンも元々はヴァラのアウレに仕えるマイアであったという。ほかにマイアのうちよく知られるものにはシンゴルの妃メリアンがいる。

なお、マイアという語はギリシア神話またはローマ神話にも見られる。