アマン (トールキン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アマン(Aman)は、J・R・R・トールキンの『指輪物語』、『シルマリルの物語』の世界において、西の果てにあるヴァラールの住まう地。「至福の地」ともよばれ、ヴァリノールが存在する。

至福の、悪の無いと言った意味を持つ。二つの灯火とアルマレンが破壊されてヴァラールがこの地に移り住んだ後、多くのエルフ達もこの地に移り住んだ。

ヌーメノールの没落時にエル・イルーヴァタールが世界を丸くしたと同時に、アマンに人間が来る事も出来なくなってしまったため、それ以降は直接行くことの出来ない場所となった。

ガンダルフガラドリエルや指輪所持者のフロド・バギンズが船に乗って去った地もここだと言われている。