エルフ (トールキン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルフ (Elves, 単数形はElf) は、J・R・R・トールキンの、『ホビットの冒険』、『指輪物語』『シルマリルの物語』に登場する種族。中つ国に住む自由の民のひとつ。

クウェンディ、イルーヴァタールの長子、最初に生まれたものたち、エルダール、などと呼ばれる。

起源[編集]

クイヴィエーネン[編集]

かれらは、ヴァラールに手を加えられることなく、イルーヴァタール自身によって創造されたイルーヴァタールの子らのうち、クイヴィエーネンの湖のほとりで先に目覚めたものたちであった。中つ国にはまだかれらのほかに話す者はなく、自らをかれらの言葉でクウェンディ(話す者)と名付けた。かれらを偶然見いだしたオロメはかれらをエルダール(星の民)とよんだ。かれらは星の光の下に目覚めたからである。

ヴァラールの招き[編集]

オロメはヴァラールにエルフの目覚めを伝えた。ヴァラールの多くはエルフと親しみたいと願い、全てのエルフをアマンの地に招くことにした。しかしエルフははじめヴァラールを恐れ、招きに応じなかった。そこでオロメは、イングウェフィンウェエルウェの三人を使節として選び、ヴァリノールへと送った。かの地でヴァラールと二本の木の光を見たかれらは、クイヴィエーネンに戻ると、同胞たちに西方への移住を勧めた。

エルフの分裂[編集]

西方への旅の途中、エルフたちの間には多くの分裂が生じた。

アヴァリ[編集]

三人の使節の勧めをきいたあとも、まだ見ぬヴァリノールよりも中つ国の星の光と大地を好ましく思い、旅立たないものもいた。かれらは旅立つものたちから「気の向かないもの」アヴァリ (Avari) と呼ばれた。かれらの多くはテレリであり、一部はノルドールであったが、ただアヴァリと呼ばれた。

第一紀にヒルドーリエンで目覚めた最初の人類たちの友人となり、教師となった。エルダールに比べれば文化や能力で劣るかれらも、覚醒したばかりの人間よりはずっと優れていたからである。第四紀のはじめ、エルダールが海を渡ったあとも、多くのアヴァリが中つ国にいた。

なお『シルマリルの物語』や『指輪物語』にはアヴァリは登場しない。

エルダール[編集]

西方へと旅立ったエルフは「エルダール」として知られる。これはオロメがエルフ全体につけた呼び名だが、エルフたちはこれに「アヴァリ」を含まなかった。エルダールには三部族がある。イングウェに率いられたヴァンヤール、フィンウェに率いられたノルドール、エルウェとオルウェに率いられたテレリ(リンダール)である。

アマンにたどり着き、二本の木の光を見たものたち、ヴァンヤール、ノルドール、ファルマリは、しばしば「上のエルフ」(High Elves)とも呼ばれる。

ヴァンヤール[編集]

西方への旅の第一陣、全エルフの上級王であるイングウェに率いられた民はヴァンヤールと呼ばれた。金髪をもち、言葉と歌を愛するエルフで、マンウェヴァルダはかれらをもっとも愛した。西方への旅を終え、その全員がアマンの地に住んだ。怒りの戦いへの出陣をのぞけば、二度と中つ国に戻ることはなかった。

ノルドール[編集]

西方への旅の第二陣、フィンウェに率いられた民はノルドールと呼ばれた。黒髪をもち、手わざと知識を愛するエルフで、アウレと親しんだ。アヴァリとなったものを除けば、その全員がアマンの地にたどりついた。その知識への渇望のためメルコールに悪意を吹きこまれ、自ら作った宝への愛のためモルゴスの挑発にのせられた。多くがモルゴスを追って中つ国へと戻り、多くの勲しと悲しみを生んだ。

テレリ[編集]

西方への旅の第三陣、エルウェとその弟オルウェに率いられた民は、先行するエルダールによってテレリ(最後に来るもの)と呼ばれた。かれらは全員がヴァリノールに移る気持ちになっていたわけではなく、その歩みは遅かったからである。しかしかれらが自身につけた名前はリンダール(唄い手)であった。テレリの数は多く、二人の王をいただいた。銀髪をもち、水を愛するエルフで、そのためかれらの歩みは遅く、ついにアマンの地を踏まないものもいた。

テレリには多くの分裂が生じた。以下にその種類を挙げる。

ファルマリ
多くの分裂を経ながら、オルウェに率いられ、ついにアマンにたどり着いたテレリはここでも海に魅入られた。そこでかれらはファルマリ(海のエルフ)と呼ばれた。
ウーマンヤール
光のエルフたちは、ついにアマンの地をふまず、二本の木の光をみなかったテレリを、ウーマンヤールと呼んだ。
ウーマンヤールの分類
ファラスリム
エルウェとオルウェに率いられたテレリの歩みは遅く、ヴァンヤールとノルドールが海を渡ったとき、まだ東ベレリアンドにいた。エルウェが姿を消したため、先に進む気になれなかったのである。しかしヴァンヤールとノルドールがアマンの地へさったことを知らされると、かれらはベレリアンドの西の岸辺へと急ぎ、オルウェを王にいただいた。その地でオルウェの民はオッセウイネンの寵愛を受け、海を深く愛するようになった。オルウェの民がついにアマンへと渡るとき、オッセに説得されてベレリアンドの岸辺、ファラスの地に留まったものたちがいた。かれらはキーアダンを領主とし、ファラスリム(ファラスに住むもの)と呼ばれた。
シンダール
テレリの一行が東ベレリアンドに留まっていたとき、エルウェはフィンウェの野営地を求めてひとりあるいた。かれはナン・エルモスの森でメリアンと出会い、長いあいだ見つめあい、かれの民のもとへは戻らなかった。そこでオルウェが王となり、かれの民を率いてアマンへと渡っていった。しかしエルウェの友人たちはベレリアンドに留まり、自らをエグラス(見捨てられたもの)と呼んだ。そしてエルウェが姿をあらわすと、かれを王にいただいた。かれらは中つ国に戻ったノルドールから、シンダール(灰色エルフ)と呼ばれた。かれらは自身の言葉ではエゼル(エルフ)と呼んだ。
ナンドール
オルウェに率いられたテレリのうち、レンウェに率いられた一行は、アンドゥインを渡って霧ふり山脈を越えることを望まなかった。かれらはアンドゥインを南下し、ついに河口までたっしたものもあった。他のエルフからは長いあいだ忘れ去られ、ナンドール(引き返すもの)になった。ナンドールは他のエルフよりも中つ国の生類にくわしくなった。あるものはまた北上し、霧降り山脈を越えたともいう。
かれらからはデネソールに率いられたライクウェンディと、シルヴァン・エルフが分かれた。
ライクウェンディ
オークや狼が出現したとき、ナンドールたちは大きな恐怖におそわれて散り散りになった。かれらは弓矢のほかに武器を持たなかったからである。レンウェの息子デネソールは、シンダールの繁栄を耳にして、集められるだけのナンドールを率いてベレリアンドにはいった。かれらはエルウェに歓迎され、オッシリアンドに住みついた。ここでかれらはライクウェンディ(緑のエルフ)と呼ばれた。
シルヴァン・エルフ
怒りの戦いのあと、荒廃したベレリアンドを捨てて、内陸へと向かうエルダールたちがいた。かれらはそこでシルヴァン・エルフ(森のエルフ)と出会い、ともに王国をつくった。シルヴァン・エルフの来歴は詳らかではないが、離散したナンドールと思われる。

光のエルフと暗闇のエルフ[編集]

二本の木の光を見たエルフたち、ヴァンヤール、ノルドール、ファルマリは、自らをカラクウェンディ(光のエルフ)と呼んだ。カラクウェンディは、ついにアマンの地を踏まなかったテレリたちをウーマンヤール(アマンに住まぬもの)と呼んだ。また二本の木の光を見なかったウーマンヤールとアヴァリを、モリクウェンディ(暗闇のエルフ)とよんだ。

カラクウェンディとモリクウェンディの間には、文化や力量において大きな差があった。しかしシンダールの中でエルウェだけは二本の木の光を直接仰いでいるので、かれ1人はカラクウェンディに属する。また、その他のシンダールの民もカラクウェンディに遜色ないまでに発展を遂げたという。

エルダールとアヴァリの分裂と、カラクウェンディとモリクウェンディ、ウーマンヤールの分裂を表すベンダイアグラム

特徴[編集]

エルフは人間と似ているが、人間ではない種族である。

寿命[編集]

エルフと人間との決定的な差は、その寿命にあらわれる。人間に寿命があるのに対し、エルフには寿命がない。かれらは成長したのち老いて死ぬことがないのである。かれらはいったん生まれると、世界の終末まで存在しつづける。

もっともすぐれた生物[編集]

エルフは人間と比して、多くの長所を持つ。イルーヴァタールによって、アルダにおける最善のものとしてつくられたからである。 かれらは病を得ることも老いることもせず、肉体をいちじるしく傷つけられなければ死なない。背は高く、肉体は強靭であり、疲れをしらない。しなやかに歩き、足あとも残さず、音もたてない。感覚は鋭く、遠くを見、多くを聞く。博識、聡明であり、善良である。その外面も美しく、また美しいものを多く見いだし、多く作り出した。

外見[編集]

エルフは男も女も美しい。また、髭が生えないことが多い。

エルフの死[編集]

エルフには寿命がないが、死ぬこともある。死の原因は二つ、肉体の損壊と、生きることへの倦怠である。 もはや生きることを望まないエルフの魂は、肉体を抜け出して、マンドスの館に憩うことができる。 肉体を傷つけられて死んだものの魂も、マンドスの館に憩う。

影響[編集]

本来エルフとは、ヨーロッパの伝承における妖精、小妖精を指す言葉であったが、トールキンは「寿命を持たず、神秘に通じ、心身ともに極めてすぐれた人間」として創造した種族に、この名を与えた(これは彼が研究した中期英文学作中で「エルフ」がトールキンの考えるところの「第二の世界」からやってきた、背格好は人間と同じだが何か魅力的で幻惑されそうな、異なる世界の「者」を差して用いられていた事も影響している)。このトールキン型のエルフのイメージは、以後のファンタジー作品において、さまざまな変種をともなって、大いに模倣されることになる。

模倣の対象はエルフに留まらない。エルフとともに、ドワーフホビットオークなどもファンタジー作品の典型的な異種族として、広く受け入れられている。