ヴァンヤール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァンヤール (Vanyar) は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』、『中つ国の歴史』に登場する架空の種族。

ヴァラールの呼び出しに応え、イングウェに率いられて旅立った、金髪のエルフクウェンディ)の一族。 アマンへと渡った上のエルフのなかでも、もっとも上位にある。

第一のエルフ[編集]

ヴァンヤールの一党は、目覚めの湖で目覚めた最初のエルフ、イミンとその妻のイミンイェ、そしてイミンが仲間として選び、目覚めさせた6組の男女をその源とする。 イミンの一党はイルーヴァタールが創造し、中つ国へと置いた144人のエルフのうちの1割にも満たなかった。 ヴァンヤールノルドールテレリと比べてもっとも数が少なく、これはイミンの選んだ数が少なかったからである。

彼岸のエルフ[編集]

かれらはエルダールの第一陣として、その全員がすみやかにアマンへと渡り、怒りの戦いに出陣したものをのぞき、誰一人中つ国へは戻らなかった。しかし「怒りの戦い」に出陣したものもまた、アマンの地へと戻っていった。

ヴァリノールマンウェはかれらに詩と歌を授け、カラクウェンディのなかでもっとも愛した。 ヴァンヤールもマンウェを愛し、かれの膝下に住んだ。 かれらはメルコールの虚言に惑わされず、ノルドールの反乱に巻き込まれなかった。

ヴァンヤールとは、クウェンヤで「金髪」を意味する。 ヴァンヤールはよくかれら自身を、「第一」を意味するかれらの古の名前である、ミンヤール(Minyar)と呼ぶ。 かれらは標準的なクウェンヤからは失われた、エルフ祖語の特徴を含むクウェンヤの方言を話す。

ノルドールファルマリとともに、カラクウェンディに含まれる。また、ノルドール、テレリとともに、エルダールに含まれる。

特筆すべきヴァンヤールに以下のものがいる。

異伝[編集]

最初期のトールキンの原稿では、かれらはテレリと呼ばれていた。 一方『シルマリルの物語』で「テレリ」として知られている種族は、ソロシムピ(Solosimpi)と呼ばれていた。