フィナルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィナルフィン(Finarfin)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『シルマリルの物語』の登場人物。 ノルドール中つ国への帰還のさい、兄フィンゴルフィンとともに異腹兄フェアノールに従ったが、ヴァラールによる忠告を聞き入れて、かれに従う民とともにヴァリノールへと引き返した。 かれはアマンにおけるノルドールの上級王となった。

ヴァリノールにおけるかれのクウェンヤ名は、「高貴なフェンウェ」を意味するフィンウェ・アラトフィンウェFinwë Arato finwë)であった。 フィナルフィンはこのクウェンヤ名をシンダール語式に縮めたものである。

父はノルドールの上級王フィンウェ。 母はヴァンヤールの上級王イングウェの親類インディス。 異腹兄にフェアノール。 姉にフィンディスイリメ。 兄にフィンゴルフィン。

妻はアマンにおけるテレリの上級王オルウェの娘エアルウェン。 息子にフィンロド・フェラグンドアングロドアイグノール。 娘にガラドリエル


フィナルフィンは、早期の原稿では「フィンロド」と呼ばれており、そのため初版の『指輪物語』では「フィンロド」として登場したが、これはのちの版では訂正された。[1] またかれの息子フィンロドも、早期の原稿では「イングロール」と呼ばれていた。「イングロール」から「フィンロド」への変更は、完全には訂正されなかった。[2] このため、『指輪物語』に登場する、「フィンロド王家のギルドール・イングロリオン」の存在は、トールキンの残した大きな謎となった。

フィナルフィンの系図[編集]

フィンウェ
 
インディス オルウェ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンゴルフィン フィナルフィン
 
エアルウェン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンロド アングロド アイグノール ガラドリエル
 
ケレボルン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オロドレス
 
 
 
 
 
ケレブリーアン
 
エルロンド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンドゥイラス
 
ギル=ガラド
 
エルラダン エルロヒア アルウェン
 
アラゴルン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルダリオン

トールキンの文書中のオロドレスは、明らかにアングロドの息子であるが、刊行された『シルマリルの物語』ではフィナルフィンの息子の一人となっている。これは『シルマリルの物語』の出版時に編者クリストファ・トールキンが変更したためであるが、この変更は間違いであったと、のちにクリストファは認めている。[3]中つ国の正典を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ J. R. R. Tolkien, "From Hobbiton to the Woodyend" In The Return of the Shadow ed. Christopher Tolkien, (Harper Collins), P. 72.
  2. ^ Wayne G. Hammond, Christina Scall (2005), The Lord of the Rings A Reader's Companion, Harper Collins, 103-104,
  3. ^ J. R. R. Tolkien, "The Shibboleth of Fëanor." In The Peoples of Middle-earth ed. Christopher Tolkien (Boston: Houghton Mifflin, 1996), pp. 349-351, ISBN 0-395-82760-4.