ケレブリーアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケレブリーアン(Celebrían)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』の登場人物、父はケレボルン、母はガラドリエル。夫にエルロンド、息子にエルラダンとエルロヒア、娘にアルウェン

ケレブリーアンの生年は明確ではない。かの女は、第二紀1350年ごろかの女の母がエレギオンからロスローリエンへ行っていたとき(『終わらざりし物語』に)初めて現れた。かの女は第三紀109年にエルロンドと結婚した。

第三紀2509年ロスローリエンへの旅の途中、かの女は霧ふり山脈の赤角山道でオークに襲われ、捕らえられて拷問され、毒を持った傷を受けた。かの女の息子たちはかの女を救出し、かの女はエルロンドによって治療されたが、もはや中つ国にとどまることを願わず、灰色港へ行き、翌年海を越えて西方へ去った。

ケレブリーアンの系図[編集]

フィンウェ
 
インディス オルウェ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンゴルフィン フィナルフィン
 
エアルウェン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンロド アングロド アイグノール ガラドリエル
 
ケレボルン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オロドレス
 
 
 
 
 
ケレブリーアン
 
エルロンド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンドゥイラス
 
ギル=ガラド
 
エルラダン エルロヒア アルウェン
 
アラゴルン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルダリオン