アイヌア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイヌアAinur、単数形:アイヌAinu)は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』、『シルマリルの物語』の世界の中で、唯一神エル・イルーヴァタールが最初に創造した想像上の種族である。かれらはエル・イルーヴァタールが、エア(宇宙)を創造する前に現れた。

エアに下向したアイヌアの中で15の力ある者達をヴァラールと呼び、残りの者をマイアールと呼んだ。