イルマレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イルマレIlmarë)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説『シルマリルの物語』の登場人物。星々の女王ヴァルダの侍女。アルダの長上王マンウェの伝令エオンウェとともにマイアールの最上位にあるとされる。『ヴァラクウェンタ』で紹介され、以後は登場しない。

初期の案ではマンウェとヴァルダの娘であり、エオンウェの姉妹であると考えられていた。しかしのちに“ヴァラールの子供”という概念は却下され、ヴァルダの侍女となった。