エオウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エオウィンÉowyn第三紀2995年 - 第四紀)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした小説、『指輪物語』の登場人物。

父はローハンの騎士エオムンド。母はローハン王セオデンの妹セオドウィン。兄にエオメル。夫はゴンドールの執政ファラミア。息子にエルボロン。

人物像[編集]

ローハン王の姪。金髪で背が高く、エルフに匹敵するほどの美しさと気品を持つ女性。「ローハンの白い姫君」と呼ばれた。

祖国が衰微していく様を長年にわたって目にしてきたため、篭の鳥のような環境から抜け出し、戦場で華々しい殊勲を上げて死ぬことを夢見ていた。そのためセオデン王が回復し、ローハンが誇りを取り戻した後になっても、留守役を申し付けられたことに不満を持っていた。さらにアングマールの魔王を倒すという並ぶ者のない功名を得た後でさえ、合戦から脱落し療病院で養生を余儀なくされたことを嘆いた。同じく療養中だったファラミアのやさしさに触れることで、かたくなだったかの女の心はようやく解け、戦いを棄てることを選んだ。

エオウィンはローハンに新風をもたらしたアラゴルンに想いを寄せたが、かれは理解し憐れみつつも彼女を受け入れることはなかった。エオウィンが討ち死しようとはやった一因はそこにあるが、兄エオメルがこの件でやんわりと苦言を呈したところ、アラゴルンは「姫が愛したのは自分の中の栄誉の影であって、自分よりも兄君に向ける愛情のほうが大きい」と述べている。

エオウィンの戦士としての力量は確かなものがあり、魔王の乗騎である翼ある獣の首を一刀のもとに切り落としている。魔王自身には盾を砕かれて劣勢に追い込まれたが、メリアドク・ブランディバック(メリー)の助勢でできた隙を見逃さず敵を刺し貫いた。

経歴[編集]

幼時に両親の死によって伯父のセオデン王に引き取られる。

サルマンの部下蛇の舌グリーマの虚言によって衰弱させられていたセオデン王を、深い悲しみと共に看護していた。ガンダルフの力により王が回復した後、戦場で名誉を得ることへの憧れから、ガンダルフに同行していたアラゴルンに強く惹かれた。

ゴンドールの救援に向かうローハン軍に同行することをセオデン王に拒まれると、密かに男装し、騎士デルンヘルムを名乗って同行した。この時、同じく同行を禁じられたメリーを連れていった。ペレンノール野の合戦では、このメリーと共に、指輪の幽鬼の首領、アングマールの魔王を打ち倒した。このとき魔王の攻撃により盾を持っていた左手が折れたことから、「ローハンの盾持つ乙女英語版」とも呼ばれた。上のエルフであるグロールフィンデルの予言では、“魔王は人間の男に倒されることはない”とされていたが、事実彼はホビットと人間の女によって倒された。

魔王を倒したことで彼女は傷つき、かの女同様ナズグールに傷つけられたゴンドールの執政ファラミアとメリーと共に、アラゴルンに癒された。指輪戦争後ファラミアと結婚し、イシリエンの太守となったかれと共にかの地へ移り、「イシリエンの奥方」「エミン・アルネンの奥方」と呼ばれた。その後の人生は明らかになっていない。

映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』のスペシャル・エクステンデッド・エディションでは、料理が下手という設定が加わった(その味は、中つ国の人間で最も艱難辛苦に耐えうるとされるアラゴルンが、こっそり捨てようとするものとして表現された)。第3部『王の帰還』ではやはり男装して戦陣に加わっているが、メリーにすぐに正体がわかるようになっており、デルンヘルムの偽名は用いられない。さらに魔王との対決の前に、巨大なオリファントに突撃して脚に斬りつけるという活躍の場面が追加されている。