ボリス・カーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボリス・カーロフ
Boris Karloff
Boris Karloff
本名 William Henry Pratt
生年月日 1887年11月23日
没年月日 1969年2月2日(満81歳没)
出生地 ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス

ボリス・カーロフBoris Karloff, 1887年11月23日 - 1969年2月2日)は、イギリスロンドン出身で主にアメリカで活躍した俳優。世界中の誰もが「フランケンシュタイン」と聞いて思い浮かべる、面長で頭部が平たく、額が張り出した無表情なモンスター役をユニバーサル映画フランケンシュタイン』(1931年)で最初に演じた俳優として知られる。

ドラキュラ役で知られるベラ・ルゴシと並び、ユニバーサル作品を中心に1960年代末まで多くのホラー映画に主演した。ホラー映画の分野における伝説的な大スターである。

経歴・人物[編集]

1887年にイギリスのロンドンに生まれる。本名ウィリアム・ヘンリー・プラット(William Henry Pratt)。1909年カナダに移住。カナダ、アメリカでの演劇活動を経て、1919年に映画界入り。サイレント映画の時代を脇役として多くの映画に出演して過ごしたが、堅実な演技力を徐々に認められ、1930年頃には個性派俳優としての好評価を得るようになっていた。

1931年ユニバーサル映画製作の『フランケンシュタイン』のモンスター役に起用された。この役は『魔人ドラキュラ』(1931年)で怪奇スターとなったベラ・ルゴシに配役される予定であったが、ルゴシが台詞のない怪物役を拒否したため、カーロフが代役に指名されたものであった。同作は世界的にヒットし、ホラー映画史上不朽の名作となった。そして、重厚なメイクの奥から、怪物の恐怖と人造人間の哀感を表現したカーロフもまた、世界に知られる怪奇スターとなった。このモンスター役があまりに印象的で存在感が大きかったため、創造者である博士の名「フランケンシュタイン」が、モンスターの名前と混同されるようになってしまったほどであった。

『フランケンシュタイン』(1931年)でボリス・カーロフが演じた「フランケンシュタインの怪物」

1932年にはミイラ映画の元祖『ミイラ再生』に主演した。フランケンシュタイン・モンスターは言葉をしゃべらない怪物役であったが、この映画ではグロテスクなミイラ姿は冒頭のみで、全般では人間の姿に復活した古代の高僧イムホテップ役を貫禄豊かに演じた。素顔で台詞をしゃべっても演技力と存在感が充分であることを示して、怪奇のトップスターの地位を不動なものとし、更に多くの映画に主演した。1934年の『黒猫』でベラ・ルゴシと共演、両主演ではあったが、序列はカーロフが上だった。以後も両者は『大鴉』『透明光線』等数本で共演するが、この序列が変わることはなかった。

1935年に『フランケンシュタインの花嫁』で再び、1939年には『フランケンシュタインの復活』でみたびモンスターを演じた。ユニバーサルはその後もシリーズを継続するが、カーロフはこの3作をもってモンスター役を降板する。この役はロン・チェイニー・ジュニアを経て、第1作で拒否したルゴシも演じることになる。1940年代前半は一時映画を離れ、ブロードウェイの大ヒット舞台劇『毒薬と老嬢』で名声を博した。1944年の『フランケンシュタインの館』でシリーズ復帰するが、モンスターではなくマッドサイエンティスト・ニーマン博士としての主演であった。

『ミイラ再生』(1932年)での「イムホテップ」

第二次世界大戦後も怪奇映画の大御所格として、アメリカのみならずヨーロッパメキシコの映画にも出演、晩年まで安定した俳優活動を続けた。1950年代末以降の怪奇ブームでは既に老齢に達しており、さすがに大きな活躍はなかったが、戦後の怪奇スターであるヴィンセント・プライスクリストファー・リー、更には若手時代のジャック・ニコルソンらとも共演し、大いに存在感を示した。最晩年に近い1968年にも、ピーター・ボグダノヴィッチの監督デビュー作『殺人者はライフルを持っている!』において、自身を投影させたかのような往年の怪奇俳優役で出演した。1969年2月2日に英国のサセックス州ミッドハーストの病院で死去した。

ベラ・ルゴシとの関係[編集]

上記の通り、ベラ・ルゴシがフランケンシュタイン役を蹴った結果、ルゴシを上回る人気を得たカーロフであったが、そのことでルゴシとは怪物俳優としてライバルという立場へとなった。カーロフは謙虚な性格なため、『黒猫』や『透明光線』で共演した際は常にルゴシに謙っていた。しかしルゴシは晩年に、カーロフに人気の座を取られたことを終始悔しがっていたという。

備考[編集]

書籍やネット等でフランケンシュタイン・モンスター役に起用される以前のカーロフについて、無名俳優であったとの記述が散見されるが、カーロフは1930年当時のハリウッド映画で4-7番手位にクレジットされる重要な役を多く演じており、脇役俳優として一定の評価を得ていた。主演スターではないが「無名」との表現は適当ではない。

戦後の古典派ホラー映画を復興させたイギリスハマー・フィルム・プロダクション製作、ピーター・カッシング主演の『フランケンシュタインの逆襲』(1957年)では、企画当初に当時70歳のカーロフをモンスター役に起用する案があったが、モンスターの版権をユニバーサル映画が保有していたため、実現しなかったといわれている。

主な出演作品[編集]

  • 美人国二人行脚 Two Arabian Knights (1927年)
  • 熱砂果つるところ Behind That Curtain(1929年)
  • 今宵ひととき Tonight or Never(1931年)
  • フランケンシュタイン Frankenstein (1931年)
  • 暗黒街の顔役 Scarface (1932年)
  • ミイラ再生 The Mummy (1932年)
  • 黒猫 The Black Cat (1934年)
  • 大鴉 The Raven(1935年)
  • フランケンシュタインの花嫁 Bride of Frankenstein (1935年)
  • 歩く死骸 The Walking Dead(1936年)
  • フランケンシュタインの復活 Son of Frankenstein (1939年)
  • 恐怖のロンドン塔 Tower of London (1939年)
  • フランケンシュタインの館 House of Frankenstein (1944年)
  • 死体を売る男 The Body Snatcher (1945年)
  • 虹を掴む男 The Secret Life of Walter Mitty (1947年)
  • 忍者と悪女 The Raven (1963年)
  • 古城の亡霊 The Terror (1963年)
  • グリンチのクリスマス How the Grinch Stole Christmas! (1966年)
  • 殺人者はライフルを持っている! Targets (1968年)
  • 恐怖の密室 House of Evil (1968年) - メキシコ映画
  • SNAKE PEOPLE Isle of the Snake People (1968年)

外部リンク[編集]