ベラ・ルゴシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベラ・ルゴシ
Béla Lugosi
Béla Lugosi
The Devil Bat』(1940年)より。
本名 Blaskó, Béla Ferenc Dezső
生年月日 1882年10月20日
没年月日 1956年8月16日(満73歳没)
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ルゴジュ
死没地 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
活動期間 1917年 – 1956年
配偶者 Ilona Szmik (1917 - 1920)
Ilona von Montagh (1921-1924)
Beatrice Weeks(1929-1929)
Lillian Arch (1933-1953)
Hope Lininger (1955-1956)
公式サイト http://www.lugosi.com/
主な作品
魔人ドラキュラ』(1931年

ベラ・ルゴシBéla Lugosiまたは ルゴシ・ベーラ Lugosi Béla1882年10月20日 - 1956年8月16日)は、主にアメリカ合衆国で活動したハンガリー人俳優。出身地はオーストリア=ハンガリー帝国(現在のルーマニアルゴジュで、本名はブラシュコー・ベーラ・フェレンツ・デジェー(Blaskó, Béla Ferenc Dezső)。身長185cm[1]

ユニバーサル映画魔人ドラキュラ』(1931年)におけるドラキュラ役が特に名高く、戦前のホラー映画界における、フランケンシュタイン・モンスター役で知られるボリス・カーロフと並ぶ大スター。また、薬物中毒を公表した初めての俳優ともいわれる。

生涯[編集]

ハンガリーで1901年より舞台に立つ。第一次世界大戦では志願して戦場に赴き、歩兵中隊の中尉まで栄転したが、3度の負傷を経験した。戦争中に映画デビューを果たす。戦後のドイツでは1919年俳優組合を組織し、政治的にはラジカルと思われていた。1920年アメリカに移民として渡り舞台や映画に出演した。英語が不得手で大役には恵まれなかったが、1927年ブロードウエイでの舞台『ドラキュラ』でタイトルロールの吸血鬼ドラキュラ伯爵を演じて当たり役となった。

1931年ユニバーサル映画が『ドラキュラ』をトッド・ブラウニング監督より映画化した『魔人ドラキュラ』(ユニバーサル映画)に舞台と同様ドラキュラ役で主演した。当初この役にはサイレント映画の伝説的な怪優ロン・チェイニーが予定されていたが、チェイニーの急死により舞台版に主演したルゴシに出演依頼が回ってきたものだった。この映画でルゴシは強烈なハンガリー訛りの英語と品格のある風貌、圧倒的な演技力により「黒いスーツに黒マント」という典型的ドラキュラ像と、トランシルヴァニア出身(正確にはバナート地方ルゴジュ出身)の「ドラキュラ俳優」ベラ・ルゴシという強いイメージを人々に強烈に植え付け、怪奇スターとして世界に知られることとなった。

続いてユニバーサルが制作した『フランケンシュタイン』(1931年)のモンスター役の依頼を受けたが、台詞のない怪物役を嫌い拒否した。(代わりに起用されたボリス・カーロフはこの映画の大ヒットによりルゴシを上回る名声を手にすることとなった)。1932年、『恐怖城(White Zombie)』に主演。マイナーな映画会社による低予算作であったが、ゾンビ映画の始祖としてホラー史上に名を残し、ゾンビ達を操る呪術師を演じたルゴシにとっても『魔人ドラキュラ』に次ぐ代表作となった。1934年のユニバーサル作品『黒猫』ではカーロフとの二大怪奇スター初共演が実現した。両主演ではあったが、序列はカーロフが上であった。その後も多くの怪奇映画への出演を続けるが、高齢とハンガリー訛りによる英語下手、生粋の舞台俳優特有のオーバーな演技が災いし、ユニバーサル作品では脇役に回る事が多くなりまたマイナー作への出演も増え、人気は衰えていった。

1939年にフランケンシュタインシリーズの第3作となる『フランケンシュタインの復活』に怪人イゴール役で出演、続く『フランケンシュタインの幽霊』(1942年)にも同じ役で出演した後、『フランケンシュタインと狼男』(1943年)で遂に12年前に拒否したモンスター役を演じた。既に61歳という老齢であり、迫力を出すことはできなかった。1948年の『凸凹フランケンシュタインの巻』において映画では二度目で、最後となるドラキュラ役を演じた。

ハリウッド大通りの栄誉章

私生活では4度の離婚を経験。戦争の古傷を癒すために始めた薬物の依存症に陥り、転落して悲惨な末路を辿った映画スターの典型として伝説的存在となった。もっともこの点は誇張して伝えられた面もあり、5番目の妻と共に比較的穏やかな晩年を過ごした、ともいわれる。1956年心臓発作で死去。葬儀の際はドラキュラ伯爵の衣装で埋葬された。

最晩年は「史上最低の映画監督」の異名で知られるエド・ウッド監督の作品に出演した。『グレンとグレンダ』(1953年)で狂言回しを務めた後、『怪物の花嫁』(1955年)にマッドサイエンティスト役で主演した。続いてウッド監督による新作の撮影に取り掛かるが、僅かなシーンのみを残して死去した。ウッドはこの生前撮影されたフィルムを利用し、『プラン9・フロム・アウタースペース』(1959年)を制作した。その為、この作品がルゴシにとって遺作となった。

魔人ドラキュラ』(1931年)にてドラキュラに扮するベラ・ルゴシ。

主な出演作品[編集]

その他[編集]

[編集]

  1. ^ Bela Lugosi - Biography” (英語). IMDb. 2011年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]